トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔YMS-06K〕ザク・キャノンテストタイプ(MSD版)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ザク・キャノンテストタイプ

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号YMS-06K
兵器区分対空砲撃戦仕様モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロット公国軍兵
製作データ
デザイナーカトキハジメ
初出作品機動戦士ガンダム THE ORIGN -MSD-
参考文献

 スペック

項目内容
全高18.4m
全高17.6m[1]
頭頂高17.7m
本体重量59.1t
全備重量83.2t
重量80.0t[2]
ジェネレータ出力976kW
スラスタ推力41000kg
陸上走行速度73km/h
装甲材質超綱スチール合金

※スペックは,MSVにおけるザクキャノンのものである。

 武装

180mmキャノン砲 x1

スモークディスチャージャー x1

2連ロケット砲 x2

 概要

 MS-06K《ザクキャノン》は,地上部隊の作戦行動時により機動性の高い対空防御の手段を,という要請に基づいて考案されたタイプである。
 当初の計画では,単にJタイプに対空砲をオプションで装備するというものであったが,重量バランス等の問題を解決できず,実質的に廃案であった。しかし,その後,開発を担当していたキャリフォルニア・ベースへ地球連邦軍のキャノンタイプモビルスーツ(RX-77説とRGC-80説有り)の情報が入り,順延されていた計画が再検討される事となった。この際,対空防御を主目的とせず,対モビルスーツ戦における中距離支援用にその用途を変更されたのだった。

 この計画変更後ほどなくして,1号機はJタイプをベースにキャリフォルニアベースでロールアウトし,最終的に合計9機が製作された。(仮の型式としてMS-06J-12が与えられた。)右肩にはランドセルと一体化した上下90度角の180ミリキャノン砲,ランドセル左側にはスモークディスチャージャーを装備,またモニターアイは全周式に改められ,頭頂部にはサブカメラと後方監視カメラが追加された。
 また当初,実戦用装備として通常のザク用兵装以外に右肩のキャノン砲しか持たなかったためモビルスーツ同士の物量戦を想定したビッグガンが用意された。

 この9機は,実用評価のため北米で実戦参加している。
 編成された部隊は都合3ヶ所を順に移動し,最後は北米西南部のジオン軍と連邦軍の地上部隊が近接し合う激戦区への投入で,主としてMS-06J部隊の支援部隊として使用された。一応特殊編成のため,この部隊は独立した形で指揮権が与えられ,その際隊長機に搭乗したのがイアン・グレーデン中尉である。
 その後北西部の旧カナダ付近へ移動し2つの戦闘区域で参戦し,終戦直前には連邦軍のモビルスーツ部隊とも交戦も記録されている。

 また特殊テストとして,Jタイプ用ランドセルに換装したノーマルオペレーションテストも行われている。脚部に07タイプのノウハウを活かした補助推進機を装備していた事もあり,標準兵装装備状態での機動性テストの結果は好成績を残している。(結果的にこれが,YMS-08へのデータ収集を兼ねていたとの説もある。)

 本機は連邦軍のモビルスーツの量産化に対して急ピッチで開発されたが,結局,搭載火器重量の問題など,基本設計の枠内での改修に限界があったため,完全な完成を前に量産化もされぬまま終戦を迎えた。また,同機にはジェネレーターを改良してビーム砲を装備する事も検討されていた。しかし様々な問題があり,結果的にK型のコンセプトはMS-14Cにおいて結実する事になる。
 なお,近年では一定数(相当数との表記も見られる)生産されたとの説もあり,後年,連邦軍に接収された機体の数をみても,試作された9機以外の機体が,存在していたことは間違いないと考えられる。

 引用


 備考

区分について

 これまでオリジン版に関しては,基本的にアニメ版・漫画版問わずにカテゴライズしていたが,MSDの展開とともに同一の機体でありながら従来の開発系譜と異なったモビルスーツが登場することとなった。また,旧来のMSVと同一の機体でありながらも,細部が異なる機体がほとんどであるため,2018年6月をもって,区分の再編を行っている。
 カテゴリについては,漫画版を「オリジン」,アニメ版を「オリジン/A」,MSD版を「MSD」として区分を行い,アニメ版とMSD版は展開上,双方のカテゴリに所属する場合もある,という形にした。

解説について

 基本的に,MSVのものを用いている。最終的には,MSD版に差し替えを行うが,この注釈が残っている場合には,既存の作品に登場した機体の解説が残っている。
 なお,MSVでは本タイプがザクキャノンとして完成した姿(試作タイプをJ-12と解釈すべきである)であるが,MSDでは,ハーフキャノンタイプが完成体と見なされているようである。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・Y]
[モビルスーツ・MSD]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2018年06月18日 21時42分29秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]ガシャポン戦士実写シール
  • [2]ガシャポン戦士実写シール