トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔YMS-05〕ザク

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ザク

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号YMS-05
兵器区分試作型モビルスーツ
所属ジオン公国軍
パイロット不明
製作データ
デザイナー不明
初出作品MS-IGLOO
参考文献

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

 詳細不明

 概要

 MS-05《ザク機佞蓮ぅ献ン公国軍が量産した史上初のモビルスーツである。ミノフスキー博士の理論を採用した小型融合炉を搭載することで,人型汎用兵器として完成したMS-04《プロトタイプザク》をベースに,生産性や整備性を重視して再設計した機体であり,「人型機動兵器としての完成度」を求めた結果,先に開発されていたMS-04は量産化するにはコストオーバーな機体となってしまったことから,量産化と実戦配備に向けて実用レベルにまとめるために再設計された機体である。

 この機体は,公国軍の次期主力機の選択コンペティションにおいて,EMS-04《ヅダ》と採用を争ったものである。

 引用

ModelGraphix 2006/08(EMS-10ヅダの解説より抜粋)

 宇宙世紀0075年初頭,ジオン軍での制式採用に向けてZIMMAD社が開発したモビルスーツ,EMS-04ヅダ。ライバル企業であるZEONIC社が開発したYMS-05ザクを凌駕する性能を見せたが,飛行試験で空中分解事故を起こし,コンペティションに敗れてしまった。しかしその後も軍からの開発中止命令は下らず……。

 備考

 映像本編では,競作という形で触れられたのみである。
 漫画版で,存在が明確化され,ModelGraphix誌では,ヅダの解説で登場した。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・Y]
[モビルスーツ・MS-IGLOO]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年08月11日 02時20分17秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注