トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔YMS-03〕ヴァッフ

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ヴァッフ

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号YMS-03
兵器区分試作モビルスーツ
所属ジオン自治共和国国防軍
パイロット
製作データ
デザイナーカトキハジメ
初出作品機動戦士ガンダム THE ORIGIN(アニメ版)
参考文献公式サイト ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
全幅8.8m
頭頂高17.34m
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装


 概要

 YMS-03《ヴァッフ》は,ジオン自治共和国国防軍において開発されたモビルスーツの試作機に相当する機体である。
 既に,人型機動兵器としての道筋が付けられたモビルワーカー01式であったが,動力用核融合炉の小型化という大きな問題を抱えていた。このため,モビルスーツの開発計画そのものに大きな影を落とすこととなっていた。
 すなわち,兵器開発の権限を持つギレン・ザビによって,計画そのものに疑問が呈されたのである。

 しかし,トレノフ・Y・ミノフスキー博士が提案した本機,ヴァッフの存在が状況を一変させる。
 ヴァッフは,ミノフスキー粒子を用いた技術を採用することで,動力用融合炉の小型化と流体パルスシステムを応用した駆動性能の向上を実現したのである。
 その結果,宇宙空間での自在な機動性を獲得し,宇宙戦闘用の艦船や誘導兵器を凌駕する機動兵器としての可能性を提示したのである。

 これにより,モビルスーツ計画そのものは中止を回避したのみならず,主力兵器としての位置を勝ち取ることとなったのである。
 ヴァッフは若干の試作機が生産されただけで開発が終了しているが,これは時を置かずして後継となる機体の開発がスタートしたためで,こちらは実践的な仕様を盛り込んだことで,軍に制式採用されるに至っている。
 それ故に,ヴァッフはモビルスーツの祖とも言うべき機体として,歴史に名を刻むこととなった。

 引用


 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・Y]
[モビルスーツ・オリジン]


最終更新時間:2016年02月28日 18時26分21秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注