トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔XM-X1〕クロスボーン・ガンダムX1改・改

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

クロスボーン・ガンダムX1改・改(スカルハート)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号XM-X1(XM-X1改・改)
兵器区分高重力圏仕様近接格闘戦型モビルスーツ
所属クロスボーン・バンガード
パイロットトビア・アナクロス
製作データ
デザイナーベースデザイン・追加装備:長谷川裕一
クリンナップ:カトキハジメ
ピーコックスマッシャーデザイン:長谷川裕一 / クリンナップ:カトキハジメ
初出作品機動戦士クロスボーン・ガンダム外伝
参考文献GUNDAM WAR ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
製造サナリィ
装甲材質ガンダリウム合金ハイセラミック複合材

アンチ・ビーム・コーティングマント

 本機(厳密には新生クロスボーンのモビルスーツ)の特徴としてアンチ・ビーム・コーティングマントの装備があげられる。
 これは,RX-78NT1FAで,用いられたチョバムアーマーのようにコーティングされたマントが蒸発することによりビームを無効化する装備である。

 武装

60mmバルカン

マシンキャノン

ビームザンバー

ヒートダガー

ブランマーカー/ビームシールド

ザンバスター(バスターガン+ビームザンバー)

スクリューウイップ

 スカートに装備されていたシザーアンカーを廃止し,新たに追加された装備。

シザーアンカー

 かつてX1に装備されていた装備。X1改への改造の際に取り外されたが,復活した。
 腰部右アーマーに装備される。

ピーコックスマッシャー

 概要

 XM-X1《クロスボーン・ガンダム》は,宇宙海賊クロスボーン・バンガードが運用したモビルスーツである。
 この機体は,高重力下での近接格闘戦に重点を置いて開発された機体であるが,運用する装備によっては,他の用途にも十分対応できる高性能な機体となっている。
 この機体は,クロスボーン・バンガードが木星帝国との戦いを繰り広げるにあたり,象徴的な機体となった。

F97

 クロスボーン・ガンダムの型式番号である「XM-X1」は,クロスボーン・バンガード(コスモ・バビロニア)が運用したいわゆるバビロニア系モビルスーツと同様の「XM」ナンバーを採用している。しかし,バビロニア系のモビルスーツとしては明らかに異質なデザインであることから,この機体が,本来のバビロニア系モビルスーツではないことは,容易に想像することができる。
 実際,この機体の雛形となったのは,サナリィが開発した,F97と呼ばれる機体なのである。

 サナリィの開発したモビルスーツは,F(フォーミュラ)シリーズと呼ばれ,一桁目のナンバリングでその系統を表している。F97は,新世代技術の開発に関わる実験機として開発される機体群で,そのベースとなったF90は,装備変換による万能機とその運用形態をベースにした量産機(あるいは次世代機)の開発に重点が置かれていた。
 かつてRX-78が,地球連邦軍の高性能機の雛形と(結果的に)なったことと同様に,U.C.0100年代の新世代機の雛形をF90は目指したのである。
 実際,F97もその例に漏れず,ベースとなったF90のY装備と,素体としてのF91を機体の基本設計に用いており,木星圏などの高重力下での運用を想定した再設計が行われたのである。
 最大の特徴は,コア・ファイターのメインスラスターとして機能するフレキシブル・スラスターであろう。
 元々モビルスーツの姿勢制御には,AMBACが用いられていたが,グリプス戦役以降,高機動戦が中心となっていったことから,モビルスーツ同士のドッグファイトとなるとどうしても姿勢制御バーニアに頼ることとなってしまっていた。これは,推進剤という重量のある消費物を搭載する必要性に迫られたということであり,機体の大型化のきっかけになったともいえる状況であった。(無論,技量のあるパイロットは,これら姿勢制御バーニアのみに頼らざるとも高機動を実現可能であったし,推進剤の消費量を抑えるためにAMBAC作動肢を増やすといった様々な方策も採られている。)
 しかしながら,高重力下では姿勢制御のみならず,機動に用いる推進剤も重要であるため,推進剤に頼った高機動は,即稼動時間の限界を意味していた。そこでサナリィスタッフが考案したのが,AMBAC作動肢とスラスターの一体化による効率化だったのである。メインスラスターごと方向を変えるという発想によって誕生したフレキシブル・スラスターは,木星圏でのF97の機動性の確保に大きな効果をもたらしたのである。(ベクタードノズルの発想に近いが,こちらはスラスターの噴射位置すら変更してしまう斬新なものである。)

機体の仕様変更

 F97は,開発コンセプトからして木星圏で活動を行うことを想定していたクロスボーン・バンガードにとって大きな福音となった。政治的駆け引きによって,ロールアウトした2機を入手(この際にXM-Xという偽装ナンバーを用いるようになった)したクロスボーン・バンガードでは,パイロットの要請によって機体の細かい仕様変更が行われた。
 1号機のパイロットであるキンケドゥ・ナウは,ビーム・シールドの発達によって決定打を欠くこととなった遠距離戦を棄て,敵機とふれあうほどの近距離での格闘戦に適した装備を要請した。元々近距離戦に対応した機体であったF97にF90で開発が進められていた格闘戦装備(F装備だと考えられる)のデータを追加することで,異質なほど格闘戦に特化した機体となったのである。
 一方,2号機のパイロットであるザビーネ・シャルは,自らが運用していたベルガ系モビルスーツのコンセプトを導入,さらに遠距離からの牽制能力を高めるための装備も要請した。このため,2号機にはF90のL装備で用意された大型ビームランチャーが配備されることとなった。
 両機とも,高い格闘戦能力をベースにパイロットに合わせた改装が加えられたのである。
 なお,後に配備される3号機は,この機体にさらに究極の防御力を追加するという方策が執られている。

スカルハート

 本機は,木星戦役の後に旅立つトビアに対してキンケドゥから送られたX1に戦闘での損傷の修復に加え,小改造を施した機体である。
 基本的には,X1改と同等の機体だが,胸部にあったクロスボーン・バンガードのマーキングが消され,代わりにX3に付けられていたようなドクロのレリーフが付けられている。スカルハートの通称は,この胸部レリーフを見た民間人の間に広まった通称である。

 通常は,ブロックロー運送の作業用MSとして偽装されており,必要に応じてその姿を現す。
 この機体は,復活した木星帝国との戦いのため,F99を求めて月面のサナリィ支社を訪れた際に,コルニグスとの戦闘で中破してしまい,X3の予備パーツ(厳密に言えば,X3仕様のF97の予備パーツ)を使用して修復され,パッチワークと暫定的に呼称された。

 引用

GUNDAMWAR 戦慄の兵威 クロスボーン・バンガード U-C87

 木星戦役後にX1改を再改修した機体。胸部にドクロの紋章から「スカルハート」と呼ばれる。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・X]
[モビルスーツ・クロスボーンG]


最終更新時間:2015年10月08日 21時47分51秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注