トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔XM-05〕ベルガ・ギロス(シュテイン・バニィール専用機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ベルガ・ギロス(シュテイン・バニィール専用機)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号XM-05
兵器区分指揮官用戦闘型モビルスーツ
所属クロスボーン・バンガード
パイロットシュテイン・バニィール
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品機動戦士ガンダム クライマックスU.C. -紡がれし血統-
参考文献

 スペック

項目内容
頭頂高15.7m
本体重量9.1t
全備重量22.7t
ジェネレータ出力4790kw
スラスタ推力21820kg x2,8950kg x3,3460kg x8
アポジモーター数73
推力重量比4.32
装甲材質チタン合金/ハイセラミック複合材

※スペックは,標準的なベルガ・ギロスのもの。

 武装

ショットランサー

 クロスボーン・バンガードのMSは,コロニー内戦闘を想定している。
 住民保護の見地から,敵MSでも爆発させないためにこのような武器を携帯している。

ヘビーマシンガン x 4

ビーム・サーベル

ビーム・シールド

 ビームによって形成されるシールド。
 ビーム・シールドは基本的にビーム・サーベルと同じ原理で稼働するため,武器としても転用できる。
 なお,フィードバックによるビーム展開の間欠制御が可能なため,自機を破損することはない。

 概要

 XM-05《ベルガ・ギロス》は,U.C.0123年に勃発したコスモバビロニア建国戦争において,コスモバビロニア軍として機能した組織「クロスボーン・バンガード」の指揮官用格闘型モビルスーツである。

 一般兵士向けに開発が進められていたXM-01《デナン・ゾン》,XM-02《デナン・ゲー》の指揮官向け高性能機として開発が進められた「ベルガ系」モビルスーツの初号機であるXM-04《ベルガ・ダラス》をさらにブラッシュアップした機体としてクロスボーン・バンガードの指揮官用モビルスーツとして多数が配備されている。
 設計そのものは近接格闘戦タイプであるデナン・ゾンの系譜上に位置するもので,コロニー内での対モビルスーツ戦闘に主眼が置かれた設計となっている。
 U.C.0123年に勃発したコスモバビロニア建国戦争において,デナン系を上回る性能を有する極めて高性能なモビルスーツである。

 背部に設置されたシェルフ・ノズルは,各スラスターの向きをある程度変更可能であり,その可動肢を利用したAMBAC作動肢としての機能も有している。
 クロスボーン・バンガードにおけるモビルスーツ開発は,従来のいわゆる地球連邦系,ジオン公国系のモビルスーツとは異なった,完全に独自開発の機体である。
 第2次ネオ・ジオン戦争当時の様な,巨大化したモビルスーツに対する反省から,地球連邦軍もモビルスーツの小型化に取り組んでいたが,ほぼ同時期に開発が進められた機体としては,群を抜いて完成度の高い機体である。
 ベルガ・ダラスは,こうした地球連邦軍配備機などを上回る性能を有したクロスボーン系モビルスーツのなかでも高い性能を持った機体であったが,更なる性能向上を目指して新たなベルガ系の開発は継続されることとなった。
 こうして誕生したのが,XM-05《ベルガ・ギロス》であり,その派生機であるXM-05B《ベルガ・バルス》なのである。

 本機は,クロスボーン・バンガードのエースのひとり,シュテイン・バニィールの戦用機である。その黄金のカラーリングは,極めて特異なものとして,戦場で大きなインパクトを残すこととなった。

 引用

ガンダムエース 2009/10付録 ガンダムエースコミックス MS COLLECTION

 クロスボーン・バンガードの指揮官専用MS。シュテインの機体はパーソナルカラーである金色に塗装されている。シュテインは自分の過去を断ち切るために,この機体でフロンティア気砲△觴分の実家を攻撃した。

 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・X]
[モビルスーツ・ジオンの幻陽]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年04月03日 22時36分23秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注