トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔XM-01〕デナン・ゾン(黒の部隊仕様)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

デナン・ゾン(黒の部隊仕様)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号XM-01
兵器区分汎用量産型モビルスーツ
所属クロスボーン・バンガード
(コスモバビロニア)
パイロットクロスボーン兵
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品機動戦士ガンダムF91
参考文献GUNDAM WAR
GジェネレーションF
Gジェネレーションポータブル ほか

 スペック

項目内容
全高14.0m[1]
頭頂高14.0m
本体重量7.9t
全備重量17.4t
ジェネレータ出力3880kw
スラスタ推力17310kg x2,8520kg x2,4460kg x4
スラスタ総推力52190kg
アポジモーター数84
推力重量比3.99
センサー有効半径Unknown
装甲材質チタン合金ハイセラミック複合材
黒歴史コード04-8354266

 武装

ショットランサー x1

ヘビーマシンガン x2

デュアルビームガン x1

ビームサーベル x1

ビームシールド x1

 概要

 XM-01《デナン・ゾン》は,U.C.0123年に勃発したコスモバビロニア建国戦争において,コスモバビロニア軍として機能した組織「クロスボーン・バンガード」の主力モビルスーツである。
 XM-02《デナン・ゲー》とともに「デナン系」と呼ばれる機体で,U.C.0100年台以降の小型化が進められたモビルスーツの中でも汎用性に富んだ完成度の高いモビルスーツとして代表的な機体のひとつとなったものである。
 また,同時に,クロスボーン・バンガードの主力機としてもっとも多く使用された機体であり,従来のモビルスーツの系譜とは異なった「クロスボーン系モビルスーツ」を象徴する機体ともなった。

 クロスボーン・バンガードにおけるモビルスーツ開発は,従来のいわゆる地球連邦系,ジオン公国系のモビルスーツとは異なった,完全に独自開発の機体である。
 第2次ネオ・ジオン戦争当時の様な,巨大化したモビルスーツに対する反省から,地球連邦軍もモビルスーツの小型化に取り組んでいたが,ほぼ同時期に開発が進められた機体としては,群を抜いて完成度の高い機体である。
 早くからモビルスーツの小型化に注力していたクロスボーンは,民生用モビルスーツとの触れ込みで小型モビルスーツの開発を進め,試験機として各所で運用し,そのフィードバックによって完成度が高められていた。
 元々,コスモバビロニア建国に際して,ロナ家は長い年月をかけた計画を実施しており,フロンティア・サイドの建造すらその計画の一環だったとも言われている。
 実際,スペースコロニー内での対モビルスーツ戦(特に近接格闘戦)に特化した機体は,コロニーに大きな影響を与えずに敵を制圧するためには有効であり,この説の信憑性を高めるものとなっている。(主武装であるショットランサーもそうした目的に沿って開発されたものである。)

 なお,コスモバビロニア建国戦争そのものが,コスモバビロニアの内部崩壊から終結しており,いわゆるクロスボーン系を継ぐ機体は,これ以降登場していない。

 本機は,クロスボーン・バンガードの精鋭部隊である黒の部隊(ブラック・バンガード)の機体である。
 黒系統のカラーリングが施されている以外一般機との違いはない。
 初陣を迎えるベラ・ロナのXM-07《ビギナ・ギナ》の護衛に付いた。

 引用

GUNDAM WAR 革新の波濤 クロスボーン・バンガード U-C13

 ザビーネが率いる精鋭部隊「ブラック・バンガード」の機体。黒に統一されたカラーリングが施されている。フロンティア宜極廟錣砲いて,初陣であるベラ・ロナを護衛した。

 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・X]
[モビルスーツ・F91]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年04月03日 19時43分14秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]MS大全集2015