トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔XBR-M-79S〕ビーム・ライフル

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ビーム・ライフル

  • [武器]

 データ

製作データ
デザイナー藤田一己[1]
出淵裕
初出作品B-CLUB 041[2]
U.C.ARMS GALLERY[3]
参考文献B-CLUB 041[4] ほか

 スペック

項目内容
制式番号XBR-M-79S
兵器区分ビーム・ライフル
所属エゥーゴ
運用MSRGM-79SP ジムスナイパー ほか
推奨ジェネレータ出力Unknown
口径Unknown
総弾数Unknown
出力Unknown

 概要

 XBR-M-79S ビーム・ライフルは,一年戦争当時,RGM-79SP《ジムスナイパー供媽賤僂乏発されたと言われているビーム・ライフルである。しかしながら,このビーム・ライフルに関しては,実際に運用されていたかどうかについては,未だ確証の持てない状況であり,一部資料で,開発が進められていたことが明らかにされているのみである。
 このタイプのビーム・ライフルの開発は,ボウワ社と言われているが,それ以外の情報も明らかではなく,様々な憶測が乱れ飛ぶものとなっている。

 型番こそミドルレンジ用を示す,「M」が付与されているものの,運用する機体が狙撃任務にも対応した(RGM-79SC《ジム・スナイパーカスタム》は,スナイパーと名は付くものの,強化カスタム機に該当する機体であるが,79SPは,当初から狙撃任務も視野に入った形で設計されている)ものとなっている。
 このタイプのビーム・ライフルは,一年戦争後姿を消したが,エゥーゴ/カラバのモビルスーツ用として,グリプス戦役期に再び姿を現している。これが,BR-M-87 ビーム・ライフルである。BR-M-87は,XBR-M-79Sの構造はそのままに,Eパックシステムを導入するなどの近代化を行ったもので,バリエーションとも言えるタイプのビーム・ライフルがいくつか誕生している。
 これは,本機XBR-M-79Sの完成度が高かった,ということなのであろう。

 引用


 備考

 GUNDAM PERFECT FILE 005などに掲載された型式。
 元々ジム・スナイパー兇離咫璽燹Ε薀ぅ侫襪砲弔い得瀋蠅任鰐棲硫修靴討い覆い,B-CLUBでの特集で「百式と同型」という設定が登場している。
 このXBR-M-79Sという型式はその点で非常に巧い落としどころということができる。

 関連項目


 編集者


[武器]
[武器・UC]


最終更新時間:2015年07月12日 17時56分31秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]原型
  • [2]解説のみ
  • [3]型番提示
  • [4]P24-25