トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔XBR-87-C〕ビーム・ライフルの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーデータ|USER/ビーム・ライフル]]
!!!ビーム・ライフル(ガンダムMk-桐僉
*[武器]
!!データ
,製作データ{COLS:2}
,デザイナー,藤田一己
,初出作品,機動戦士Zガンダム
,参考文献,1/60PG ガンダムMk- インストラクションほか

!!スペック
,項目,内容
,制式番号,XBR-87-C
,兵器区分,ビーム・ライフル
,所属,エゥーゴ
,運用MS,RX-178 ガンダムMk-
,推奨ジェネレータ出力,不明
,口径,不明
,推奨ジェネレータ出力,Unknown
,口径,Unknown
,総弾数,モードセレクトにより変化{{br}}(最大出力時3発)
,出力,2.9MW

!!概要
 RX-178ガンダムMk-兇蓮ぅ謄ターンズが開発した機体であるが,U.C.0087年3月のグリーン・ノアにおけるガンダムMk-橋奪事件によってエゥーゴ側が奪取し,自軍の戦力としたものである。その後,ガンダムMk-兇蓮ぅ┘ァ璽瓦寮鑪呂箸靴胴發だ鏖未魑鵑欧襪海箸箸覆辰拭

 エゥーゴ(アナハイム・エレクトロニクス)は,入手したガンダムMk-兇鯏按貪に解析し,その武装を含めた各種装備品を複製し,補充物資として用いている。
 本装備「XBR-87-D」もそうした複製によって誕生した装備品のひとつである。

 ガンダムMk-兇運用するビーム・ライフルは,一年戦争後に普及し始めたEパック式のもので,U.C.0083年頃運用された「XBR-M82A」タイプ(ボウワ社製)の発展型と言うことができる。Eパックを利用するビーム・ライフルは,それ自体が完結した兵器となっており,一年戦争当時のビーム・ライフルの様に,機体によって運用不可能な状況が発生しづらく,第2世代に準ずるMSであれば,ほぼ全ての機体が運用が可能となっているのが特徴である。

 本機の直接のベースとなったのは,ティターンズによってテストが繰り返されていた「XBR-M84a」(ブラッシュ社製)であり,これを標準化した「XBR-M86b」(ブラッシュ社製)が,ティターンズによってガンダムMk-兇料備品として開発された。
 本機,「XBR-87-C」は,「XBR-M86b」をアナハイム・エレクトロニクスが複製・生産したものである。アーガマ部隊のアンマン入港の際に,データバンクに納められていた装備が解析され,その際に得られたデータによって複製し,補充用としたものが,「XBR-87-C」なのである。その後も,アナハイム・エレクトロニクス技術陣の手による改良が続けられており,改良されたモデルが登場している。

!!引用
!1/100MG ガンダムMk-
エネルギーパックを使用しているため,本体からのエネルギー供給は行われていない。"武器"として独した機能を持つ装備であり,モード変更などもMSのマニピュレーターによって操作する。1パックあたりのエネルギー消費は,射撃の回数やビームの威力によって変動する。

 エネルギーパックを使用しているため,本体からのエネルギー供給は行われていない。"武器"として独した機能を持つ装備であり,モード変更などもMSのマニピュレーターによって操作する。1パックあたりのエネルギー消費は,射撃の回数やビームの威力によって変動する。
!!備考
 本仕様については,表記型式以外に,次の様な表記揺れが確認されている。
*A・E-Br・XBR-87-C

!!関連項目
*[[〔XBR-87-D〕ビーム・ライフル]]
*[[〔XBR-M86b〕ビーム・ライフル]]

!!編集者
*あさぎり
----
{{category 武器}}
{{category 武器・UC}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。