トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔X-04〕ビーム・マシンガン

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーデータ

ビーム・マシンガン

  • [武器]

 データ

製作データ
デザイナー明貴美加
初出作品機動戦士ガンダム0083〜StardustMemory
参考文献電撃HobbyMagzine 06/07

 スペック

項目内容
制式番号X-04
兵器区分ビーム・マシンガン
所属デラーズ・フリート
運用MSAGX-04 ガーベラ・テトラ
推奨ジェネレータ出力Unknown
口径Unknown
総弾数Unknown
出力Unknown

 概要

 AGX-04ガーベラ・テトラが運用したビーム兵器。
 通常のビーム・ライフルとは異なり,細かく弾丸化したビームを連続で発射するマシンガンタイプであるのが最大の特徴である。しかしながら,Eパックを採用した極めて初期の装備であり,その機構面でこなれているとは言いがたく,多数の弾丸をばらまけるというメリットに対して,その弾丸単体の威力が非常に小さくなっているというデメリットも抱えている。(とはいえ,本機の実用化された時代では,まだビーム兵器の本格普及期であったこともあり,威力が多少低くても,ビーム兵器そのものの位置づけとしては強力な兵器であったことに異論を挟む向きは少ない。)

 なお,本機の型式であるX-04に関しては,正式なものではない。
 無論,AGX-04そのものが,アナハイム・エレクトロニクス社とデラーズ・フリート(厳密に言えば,シーマ艦隊)との裏取引によって運用された機体であり,その装備品に関しても,汎用兵装であればともかく,事実上の専用兵装であった本機の開発元,製造元が明らかになるような登録は行われていないためである。
 一説によれば,本機の開発は旧MIP社で,その社内コードがX-04あるとも言われている。この点から考えれば,一年戦争後にアナハイム系に吸収合併されたMIP社の名を利用しただけの型式であるとも考えられる。しかしながら,運用機であるAGX-04との兼ね合いからこの型式を考えると,単純に偽装ナンバーである可能性のほうが高いようにも見受けられる。
 ただし,本装備は従来実体弾を用いていたマシンガンやガトリングガンといった「弾をばらまく」タイプの銃として初期のものであったこともあり,後に登場する同タイプの装備品の型式が「X」ナンバーと統一されるきっかけとなったとも考えられる。

 いずれにせよ,デラーズ・フリート側との裏取引を行ったアナハイム側の人物が自ら命を絶っていることから,その詳細は闇の中である。

 引用

U.C.ARMS GALLERY(抜粋)

 X-04 ビーム・マシンガンは,AGX-04 ガーベラ・テトラ専用のビーム兵器である。その名が示すように多弾数の連射による広範囲破壊をおこなう掃射・突撃性に優れたマシンガンとして開発された。

 備考


 関連項目

 編集者


[武器]
[武器・UC]


最終更新時間:2016年10月15日 08時05分56秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注