トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔UGY-R41〕ランドマン・ロディの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔UGY-R41〕マン・ロディ]]
!!!ランドマン・ロディ
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,UGY-R41
,兵器区分,陸戦用モビルスーツ
,所属,鉄華団
,パイロット,アストン・アルトランド{{br}}タカキ・ウノ{{br}}ほか 鉄華団構成員
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,形部一平
,初出作品,機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
,参考文献,
!!スペック
,項目,内容
,全高,Unknown
,全高,17.0m
,頭頂高,Unknown
,本体重量,Unknown
,本体重量,40.2t
,全備重量,Unknown
,ジェネレータ出力,Unknown
,スラスタ推力,Unknown
!ロディ・フレーム
!!武装
!90mmサブマシンガン
!ハンマーチョッパー
!!概要
 ブルワーズの主力であったUGY-R41《マン・ロディ》を鉄華団が鹵獲後に改修した機体が《ランドマン・ロディ》である。
 UGY-R41《マン・ロディ》は,厄災戦当時に大量生産された汎用型フレームである「ロディ・フレーム」を搭載したモビルスーツである。
 ロディ・フレームは,厄災戦当時に最も多く生産されたフレームで,戦後も数多くが生き残っており,それらは作業用モビルスーツなどに転用されている。
 胴体中央にコクピットブロックを持ち,エイハブ・リアクターを背部に設置するという構造のため,外観はずんぐりとした形状に見えるが,フレームそのものの汎用性は高く,各地に様々なバリエーションを生み出している。

 マン・ロディは,厄災戦後に民間に数多く流出したロディ・フレーム機で,厄災戦後は,宇宙海賊や圏外圏組織が運用しているのが確認されている。
 他のロディ・フレーム搭載機とは異なり,空間戦闘に特化した仕様となっており,足首部が省略され,スラスターとなっている。これは,コストダウンのためとも言われており,重力下でのこのままの運用は不可能である。
 UGY-R41《マン・ロディ》ブルワーズの主力であったマン・ロディを鉄華団が鹵獲後に改修した機体である。
 その名が示すように,陸戦に対応した形で改修が行われており,特に脚部は地球上での運用に向くように大幅な改良が行われている。
 阿頼耶識システムは残されており,その恩恵によって重力下でも充分な機動性を発揮することができる。
!!引用
!公式サイト
 宇宙海賊ブルワーズが使用していたマン・ロディを鹵獲後,地球仕様に改修。
 その後,鉄華団地球支部に配備された。阿頼耶識システムが搭載されているため,地球重力環境においても十分な機動性を発揮する。
!!備考

!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・U}}
{{category モビルスーツ・鉄血のオルフェンズ}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。