トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔TSX-MA717/ZD〕ペルグランデ

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ペルグランデ

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号TSX-MA717/ZD
兵器区分大型試作モビルアーマー
所属地球連合軍
パイロット地球連合兵
製作データ
デザイナー町田能彦
初出作品機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
参考文献

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

ドラグーン

 概要

 TSX-MA717/ZD《ペルグランデ》は,地球連合の軍事企業が研究開発した試作型のモビルアーマである。
 ラテン語で「巨大な」という意味の名が付けられたことからも分かるように,極めて巨大な機体となっており,センターのコアユニットを除くと,ほぼ同型の巨大な6基のユニットから構成されている。
 最大の特徴は,一般パイロットによるドラグーン・システム運用を実現した点にある。
 本来,ドラグーン・システム(あるいはガンバレル)は,高い空間認識能力を持った一部のパイロットのみが運用可能なものであったが,この機体では,3人のパイロットが搭乗することによって一般のパイロットでもドラグーン・システムの運用を可能としたのである。
 この点のみ採り上げれば,極めて斬新な機体であるかのように思われるかも知れないが,その実態は極めておぞましいものである。
 本機のパイロットは,外科手術によってその脳を電気的に直接接続されており,それぞれがX軸・Y軸・Z軸を担当することで,空間認識能力をシステム運用が可能なレベルにまで高めたものなのである。
 このため,機体の6つの同型ユニットの内,パイロットが搭乗している3基が分離するとドラグーン・システムの運用が不可能となるため,基本的には上部の攻撃端末3基のみで戦闘を行うこととなる。

 こうしたおぞましシステムを開発した軍事企業は,ブルーコスモスの盟主であるムルタ・アズラエルの擁するアズラエル財団の傘下であり,この機体もブルーコスモスの息が掛かったものだといえるだろう。(実際には,当時の連合上層部は,事実上,ブルーコスモスの命によって動いていたことが後に明らかとなっている。)

 こうしたパイロットのシステムを除けば,本機で採用された技術は,極めて先進的なものであり,ドラグーン・システムは,ザフトで実用化された量子通信のシステムを使用し,同時にニュートロン・ジャマー・キャンセラーと核エンジンを搭載しており,膨大なパワーを使用可能となっている。

 なお,わずか2年後にはザフトによってコンピュータによる補助を用いた一般パイロット向けのドラグーン・システムが完成しており,本機のようなシステムは結果として本格実用に至ること無く終わっている。

 引用


 備考

 本編劇中での生体CPU同様,コーディネイターに対抗するために人命を軽視したシステムを搭載するというブルーコスモス系のいびつさを表した機体と言えるものとなっている。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・T]
[モビルスーツ・ASTRAY]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年10月20日 18時29分12秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注