トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔SVMS-01〕フラッグ(ALIVE版)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

フラッグ(ALIVE版)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号SVMS-01
兵器区分空戦型可変モビルスーツ
所属コロニー政府軍
パイロットコロニー政府軍兵士
製作データ
デザイナー福地仁
高山瑞穂(劇中用アレンジ)
初出作品機動戦士ガンダムALIVE
参考文献コミックボンボンほか
登場話数Ep.15〜

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高17.9m
本体重量67.1t
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
推進機関プラズマジェットエンジン
燃料水素
装甲材質不明(Eカーボン?)
乗員1名(腰部サブコクピット1名の2名運用も可能)

※スペックは,通常型のもの

頭部

 顔と頭部装甲の間に光学カメラが設置されている。
 顔はセンサー素子で埋まり,威嚇用発光を表示可能。

手首

 細かい動きも可能な手首。
 掌の中央部分は,リニアライフルのコネクタになっている。

 武装

リニアライフル

 フラッグのメイン武装。
 電磁加速した実弾を撃ち出す銃。口径は120mm。
 発射のためにはある程度のチャージが必要となる。しかし,近接戦闘時の低出力モードならば連射が可能。この場合,機関部内部で弾種が切りかえられる。
 銃の後部には弾倉とバッテリーが一つになったパックが装着されており,瞬時に交換できる。

ソニックブレード(プラズマソード)

 超硬質カーボン製の剣。
 刃の部分は高周波振動しており,高い切断能力を持つ。また,刃の周囲からプラズマ流を伸展させることにより,プラズマソードとして使用することも可能。
 このプラズマの刃は,出力により長さが変化する。
 ビームサーベルの開発途上に生み出された兵器である。

ディフェンスロッド

 敵からの攻撃に対し,その着弾の角度を調整して跳弾により防ぐ盾。
 使用時には腕の軸を中心に可動する。
 しかし,正面からの攻撃には弱く,ロッドが折れてしまう場合もある。
 人型での使用を前提としており,空中戦のみの作戦では装備されることはない。

20mm機銃

 胴体部分,コクピットドラムの左側に装備された機銃。
 飛行時に敵ミサイルの迎撃に使用されたり,人型時に,対人,対車両など大きな火力を必要としない場合に使用される。
 威力がないが,連射が可能であり,利用価値は高い。
 その反面,対MS時には牽制目的での使用がほとんどとなる。

ミサイル

 両脚のすね部分に収納されている。
 作戦目的に合わせて各種弾頭を装備可能。
 飛行時に使用することが多い武装だが,陸戦でも地対空として用いることも可能。(無論,弾体の選択は必要だが。)
 なお,本体内には限られた数しか収納できないが,主翼のパイロンに装着することも可能である。

 概要

 ユニオンが開発した可変モビルスーツ。
 前世代機であるVMS-15《リアルド》の発展型の機体として開発された機体で,リアルドが変形のために運用設備を必要とするのに対して,単体での変形が可能な機体となっている。(ただし,原則として戦闘中の変形は想定していない。)
 非常に完成度の高い機体となっており,後にAEUが開発するAEU-09《イナクト》のモデルとなっているとも言われる。

 武装は実弾を電磁加速して打ち出す「リニアライフル」。格闘戦用には,超振動する刃の「ソニックブレイド」。一部の機体にはエネルギーで刃を包む「プラズマソード」も装備している。脚部に内蔵のミサイルは,主に飛行形態時に使用される。

 また,運用からある程度経過しているため,作戦や用途に応じたさまざまなバリエーション機が生産されている。

 引用


 備考

 磐梯山から出現したコロニー政府軍の機体として登場。
 モブとして描かれている。が,実に小さく判別は困難。
 なお,細かい解説は存在しないため,本文中の解説は「ガンダムOO」における解説をそのまま掲載している。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・S]
[モビルスーツ・ALIVE]


最終更新時間:2014年11月15日 16時05分00秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注