トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-93〕νガンダム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

νガンダム

  • [MS]

データ

機体データ
型式番号RX-93
兵器区分NT専用試作MS
汎用攻撃型試作モビルスーツ(NT専用機)
所属地球連邦軍
パイロットアムロ・レイ
製作データ
デザイナーベースデザイン:永野護(Hi-Sガンダム)
各種原案(出渕裕,庵野秀明,他)
ベースラフ:出渕裕
・フィンファンネル(原案:庵野秀明,クリンナップ:田中清美)
・頭部原案(ベースラフ:大畑晃一)
・コクピット,マニピュレータ,他細部(田中清美)
・細部デザイン提案(ビシャールデザイン)
デザイン統合(ファーストクリンナップ):鈴木雅久

最終クリンナップ:出渕裕(本体)
・佐山善則(本体,他細部)
・大畑晃一(頭部アップ稿,他細部)
初出作品機動戦士ガンダム〜逆襲のシャア
参考文献GUNDAM WAR
MS大全集
FRIDAY DYNAMITE オレたちのガンプラ伝説



 スペック

項目内容
全高24.2m
全高23.0m (フィンファンネル含まず)
頭頂高22.0m
本体重量27.9
全備重量63.0t
ジェネレータ出力2980kw
スラスタ推力18300kg x4,12300kg x2
スラスタ総推力97800kg
アポジモーター数26基
センサ有効半径21300m
推力重量比1.55
装甲材質ガンダリウム合金
乗員1名(サブシート取り付け可能)
設計アムロ・レイ
開発メーカーアナハイム・エレクトロニクス
開発工廠フォン・ブラウン工廠
黒歴史コード09-1445906
GCガシャポンウォーズパスワードGテンイムホウ(G天衣無縫)

 各部解説

頭部

 νガンダムの頭部デザインは,いわゆる「ガンダムタイプ」と呼ばれるものであり,最大の特徴ともいえるものである。
 採用されている人間の顔を思わせるメインカメラのデザインレイアウトは,RX-78から継承されているが,その機能は異なっており,ツインアイが機体のメインカメラとなっており,頭頂部のカメラは,射撃用のレーザーカメラである。(RX-78は,頭頂部のカメラがメインカメラである。)
 また,両頬には複合センサーがある。

コクピット・シート

 コクピットはU.C.0087ごろから採用されていた全周モニターであるが,リニアシートの操作系は,操縦性を高めるアームレイカーに変更されている。また,コクピット周囲にはサイコフレームが配されている。
 νガンダム専用のリニアシート後部にサイコミュ用のレシーバーがあり,ヘルメット内のレシーバーと無線でつながれている。シートには,対衝撃用のエアマットが装備されている。

バックパック

 バックパック部に装備されているサーベルは1本になった。これは,反対側のジョイント部がファンネル用基部になったためである。
 また,ビーム・サーベル型のジョイントも換装可能となっている。

脚部

 すね部に装備されているロケットモーターは,高出力のものであり,単なる姿勢制御のみならず,推進用スラスターとしての利用も可能である。

 武装

 νガンダムの武装は,シンプル且つ標準的なものであるが,独自の調整が施されたものとなっている。
 また,最大の特徴となるのは,サイコミュ兵装として用意されたフィン・ファンネルであろう。

ビーム・ライフル

 νガンダムの主兵装となる装備。出力は3.8MWで,当時のビーム・ライフルの中でとりわけ高出力というほどのものではない。
 しかし,バーストセレクターにより単射,連射の切り替えが可能となっており,連射時には,ビームを圧縮して間欠的に射出することによってマシンガン的な仕様も可能である。最大出力では,同時期の戦艦クラスの主砲に匹敵する威力とになる。

背部ビーム・サーベル

 白兵戦用兵器。出力7.8MW。両端からビームが発生する。
 増幅装置やエミッターに独自の設計が施され,ビームの形状や形成にバイアスやアレンジをかけることができる。

頭部バルカン砲

 近接防御用のバルカン砲は,作動の確実性を考えてケースタイプが搭載されている。

ビーム・キャノン

 シールド裏に装備された小型のビーム砲。
 出力は一年戦争時のビーム・ライフルに相当するもので,耐ビーム処置を施していない機体にとっては脅威となる。

小型ミサイル

 シールド裏に4発装備された小型ミサイル。

ニュー・ハイパー・バズーカ x1

 連邦軍の標準的なMS用兵装の同等品をνガンダムに合わせて仕様変更したもの。
 口径は280mm。砲身上部にバックパックとのジョイントがある。
 射程や弾頭の破壊力なども改善されている。
 バズーカ弾の弾数は5発。グレネード弾より威力,射撃度は高い。

フィン・ファンネル

 フィンファンネルは機体に較べるとかなり大きめで一見,放熱板的なシルエットを持っている。ガンダムタイプ初のオールレンジ兵器であり,MSが単体で携行できる武装としても屈指の威力を持つ。
 開放型のメガ粒子加速帯と小型のジェネレータを内蔵し,いわばそれ自体がMSのサイズに匹敵する様なメガ粒子砲そのものである。
 ビーム発生フィールドが広く,ネオ・ジオンのファンネルに較べ,かなり強力なビームの発射が可能である。
 また,3基以上のファンネルを配備し,お互いにフィールドを展開することで,ビーム・バリアとなる。

腕部ビーム・サーベル

 左腕に格納されている予備のビームサーベルは,左腕部のシールド取付け用ラック内に収納されている。メインのサーベルに較べると,やや出力は低い。
 背部ビームサーベルと異なり,標準的な規格品である。エネルギー消費を抑えるオートパワーオン機構(切りかかる瞬間にビームが発生する)を備えている。

シールド

 防御用装備だが,裏側に出力7.8MWのビームキャノン1門,小型ミサイル4基を搭載している。本体への装備は左腕のサーベル格納部にジョイントを用いて固定する。
 ビームキャノン用の小型ジェネレータを内蔵している。

 概要

 RX-93《νガンダム》は,アナハイム・エレクトロニクスが,一年戦争の英雄アムロ・レイが自ら設計した設計プランを元に開発したニュータイプ専用ガンダムである。
 第1次ネオ・ジオン戦争の後,再びその活動を開始したシャア・アズナブルに対抗するために必要とされた機体であり,シャアとの決戦のためにアムロが臨む機体性能を盛り込んだ機体となっている。

開発経緯

 U.C.0088年に終結したグリプス戦役は,エゥーゴとティターンズにとって事実上の痛み分けであり,エゥーゴは指導者ともいえる人材を多く失ってしまっている。クワトロ・バジーナことシャア・アズナブルもグリプス2を巡る戦闘で行方不明となっており,結果として,ハマーン・カーンによるネオ・ジオン勃興が続く戦乱を引き起こしたのであった。(なお,蛇足であるが,この最終決戦においてシャアが搭乗していたMSN-00100《百式》は回収されたと言われており,この際にシャアの遺体は確認されていないことから,既にエゥーゴの一部メンバーにとっては,シャアの生存は既定路線であったことは間違いないわけである。すなわち,彼らはシャアによる正統なネオ・ジオンの再興に協力したメンバーであると思われる。)
 シャアが再び活動を始めたのは,U.C.0090年と言われており,既に協力者が多数存在している状況であった。

 この段階で,地球連邦軍上層部は,事実上放置状態であり,対応することとなったのは,閑職ともいえる状況の外郭機動艦隊「ロンド・ベル」のみであった。
 ロンド・ベルは,いわば連邦にとっての厄介者の集まりであったが,アムロをはじめとする人材としては恵まれた部隊であった。それ故に,部隊が大きな戦力を持つことをよしとしない連邦は,その装備に関しては極めて抑圧的であった。(これは,部隊が高い戦果を挙げることで,結果的に連邦内部での発言力が増すことを忌避したいという思惑であった。)
 これに対して,シャア率いる勢力に対抗可能な人材が事実上ロンド・ベルしか無かったこともまた事実であり,これを理解する人々の協力によって,最新鋭の量産型モビルスーツであるRGM-89《ジェガン》や,量産には至らなかったものの,高性能な量産機として開発が進められていたRGZ-91《リ・ガズィ》の配備がなされたのである。
 とはいえ,シャアに対抗するためにアムロが臨んでいた「ガンダムタイプ」は,上層部による配備拒否が続く状況であった。

 状況が一変したのは,ブライト・ノアのロンド・ベル赴任が決定したことにある。
 ブライトは,ロンド・ベルの状況を認識すると,そのコネクションを活用し,新型モビルスーツの開発許可を取り付けたのである[1]
 こうして,アムロの基礎設計による新型モビルスーツの開発がスタートしたのである。

設計の特徴

 νガンダムの基本コンセプトは,RX-78《ガンダム》の直系の後継機という極めてシンプルなものである。
 これは,グリプス戦役から第1次ネオ・ジオン戦争期にかけて様々なコンセプトのモビルスーツが開発されたものの,いずれも過剰なまでの尖鋭化によって機体バランスを壊しているといっても過言ではない状況であったことから,シンプルで幅広い汎用性を持った機体を必要とするアムロの考え方がストレートに反映されているためである。
 この結果,νガンダムの基本設計そのものは,グリプス戦役期初期に登場した第2世代モビルスーツそのものであり,これをU.C.0093年ならではのブラッシュアップが図られた機体となっている。

 また,νガンダムには従来のガンダムタイプモビルスーツの持っていた長所をνガンダムの必要とするコンセプトに合わせて導入しているため,いわば一年戦争後のフラッグシップ機たる「全てのガンダムの後継機」ともいえる機体となっている。例えば,(可変機構は採用されていないものの)MSZ-006《Ζガンダム》の操作系[2]など,様々なデータがνガンダムに合わせてブラッシュアップされ,組み込まれているのである。

 一方,従来のガンダム系モビルスーツになかったコンセプトも導入されている。
 旧ジオン公国軍によって開発されたサイコミュに類する技術がそれである。

 νガンダムは,連邦軍ガンダムタイプモビルスーツとしては,初のフルスペック型サイコミュ搭載機[3]なのである。
 搭載されたサイコミュ技術は,機体の追従性,反応性,運動性,機動性といった,機体の挙動に関する部分にフィードバックされたものと,フィン・ファンネルと呼ばれるサイコミュ兵装の操作系に応用されており,前者は,アムロが長年機体に対する問題としていた,モビルスーツの追従性の問題を劇的に改善している。
 一方,後者は,ハマーン・カーンのAMX-004《キュベレイ》が搭載して以降,ニュータイプ専用機の標準兵装的に扱われるようになっていった「ファンネル」に類する装備で,ミノフスキー粒子散布下での遠隔攻撃を可能としたものである。

 これらサイコミュによる機能を実現する上で導入された新技術が,「サイコフレーム」である。サイコフレームは,開発に関する出自が不明(実際にはネオ・ジオン側からの提供であったことが後に明らかとなっている)という謎の技術であったが,金属フレーム内に原子レベルに匹敵するサイズで直接コンピュータチップを鋳込むというもので,フレームそのものがサイコミュ関連機器として構成可能な極めて優れた部材であった。
 サイコフレームは,ニュータイプの精神感応波がダイレクトにモビルスーツに伝わるため,高い反応性と追従性が実現したのである。(その反面,機体が過敏になるという問題を抱えることとなった。)

 なお,一説によるとνガンダムは,この段階でも未完成だったとも言われる。
 後述するが,機体そのものは緊急措置的に実戦投入されており,この際,未調整の部分が残ったまま機体が組み上げられているのである。
 実際の完成体については,諸説有るが,設計者であるアムロが第2次ネオ・ジオン戦争においてMIAとなっていることもあり,本来の仕様は不明のままである。

運用

 νガンダムは,設計から完成までわずか3ヶ月という短期間であった。それでありながらも当時最強ともいえる機体として完成したのは,基礎設計を行ったアムロの優秀さと,開発におけるアナハイム・エレクトロニクスの技術陣の不眠不休の努力があったことによる。
 また,いわゆる第2世代モビルスーツに関する技術は,既に熟成の域に達しており,これを流用することが可能であったためである。(実際,一説にはνガンダムの基本フレームは,ジェガンのものが流用されているとも言われており,それだけジェガンという機体が完成度の高い機体であったことを示している。)

 機体はネオ・ジオンによるフィフス・ルナのラサ落着を経て緊急投入されることとなった。サイコフレームの検証作業が中途であったが,この時点で完成していた機体を投入することで,ネオ・ジオンによる圧倒的状況を覆そうとしたのである。
 なお,ネオ・ジオンの装備は連邦軍本体と比較すれば極めて小規模なものであったが,連邦軍の事なかれ主義によって,ロンド・ベル以外の部隊は,ネオ・ジオンとの戦いに参加していなかった。このため,様々な偽装工作はあったものの,ネオ・ジオンによるルナツー強襲はあっさりと成功したのである。

 投入されたνガンダムは,アクシズ攻防戦においてシャアの駆るMSN-04《サザビー》と激闘を繰り広げた後,これを打ち破っている。しかし,その後のアクシズの地球落着に対して,これを阻止するためにアクシズへ取り付いた後,未帰還となっている。

 引用

GUNDAM WAR DSガンダム・ザ・ガンダム編 連邦 U-288

 一年戦争の英雄アムロ・レイが,宿敵シャア・アズナブルとの決戦で搭乗した機体。その卓越した技量が見せる戦闘能力は,ギュネイやクェスを相手にしてなお,子供扱いする程であった。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・CCA]


最終更新時間:2015年06月13日 11時51分23秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]おそらくだが,ブライトが許可をとったのは,対ネオ・ジオン用の新型機という範疇であり,ガンダムの開発という名目ではなかったと考えられる。
  • [2]これはバイオセンサーによる機体反応効果なども含む。
  • [3]実は,広義のガンダムタイプとして考えると,サイコガンダムMk-兇覆瓢例がないわけではないが,正統なガンダムタイプとしては初である。