トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-79(G)Ez-8〕ガンダムEz-8

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガンダムEz-8

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RX-79(G)Ez-8
兵器区分陸戦試作型モビルスーツ・カスタマイズタイプ
所属地球連邦軍
パイロットシロー・アマダ
製作データ
デザイナー山根公利
初出作品機動戦士ガンダム〜第08MS小隊
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高18.0m
本体重量51.5t
全備重量71.7t
ジェネレータ出力1380kw
スラスタ推力53000kg
センサ有効半径5900m
装甲材質ルナチタニウム合金
黒歴史コード03-5100212

頭部

 Ez8の頭部は,後頭部のコンピューターブロック以外のほとんどが仮設とも言える状態で再構成されており,アンテナなどは他の兵器や装備の流用品となっている。この時期,78系の部品調達は非常に困難で,それは79(G)用の部品も例外ではなかった。正規の79(G)の頭部には,陸戦に特化された機能が盛り込まれていたが,Ez8は逆に,陸戦用に特化された装備であるシュノーケルカメラなどを排除し,79(G)ではオミットされていた頭部バルカンなどを増設している。また,ルナチタニム製の装甲材なども不足していたため,前頭部や顎周りの装甲などは,必要な強度を得るため独自の構成で最終装甲が装備されている。

コクピット

 Ez8は,79(G)の特徴でもあった胸部の武装のほとんどを取り除いている。これは,胸部バルカンやマルチランチャーなどが俯角では使用しにくかったり,対地,対人,または威嚇兵器としては威力がありすぎるなど,戦術的な使い勝手の悪さなどを改善するための処置でもあったと言われている。特に,この改装で正面に増設された旋回式のバルカン砲は,威嚇や牽制などにも非常に有効であった。無論,実際には部品調達ができなかったという事情もあるが,搭乗者のシロー・アマダ少尉の希望を取り入れる形での改装であったことには変わりないようだ。

腕部

 いわゆる先行試作/量産型であるRX-79(G)陸戦型ガンダムおよびRGM-79(G)陸戦型ジムは,可能な限り各部のユニットを細分化し,損耗の激しいことが予想される部位は,現地での修繕が可能なように設計変更されている。これは,地球環境においてMSを運用する際に試みられたシミュレーションに基づいて提案された仕様のひとつであった。実戦投入が始まったばかりの新兵器の整備部品が潤沢に用意できるわけも無く,予備パーツなどが不足するであろうことは,陸戦部隊にとっては予測可能なことであった。この程度のことは,砂塵や動植物の繁茂する熱帯,亜熱帯気候の戦線に投入される機械化部隊には常識であったのだ。

脚部

 Ez8は,主に足部の関節を保護する装甲が取り除かれ,脚部前面の最終装甲がオリジナルの79(G)とは大きく異なっている。これは,部品調達の都合というよりは,構造を単純にすることで"くるぶし"部分にかかる負担を軽減し,かつ,軽量化を達成している。特に,膝部分のスパイクアーマーの有効性は当初より疑問視されていたこともあり,窮余の策というよりは,むしろ積極的な改造であったと言われている。

 武装

35mmマシンガン

12.7mm胸部機銃

X.B.Sa-G-03 ビームサーベル

 RX-78や通常型のGMとは異なり,脚部に装備されている。連邦製MSの一般的な兵装。

P.B.R-0079/A12 S-0000204 ビームライフル

NF・GMG-Type.37 100mmマシンガン

 連邦軍のMSの標準的な装備。威力の割りに小型であるため扱いやすく,特に地上に配備された部隊に多く支給されている。

NFHI・HPHB-type.Doc-04 380mmハイパーバズーカ

 RX-78用に開発されたハイパー・バズーカを地上用に仕様変更した大型火器。大気中での直進性を向上させるため,有翼式の砲弾を使用する。

RGM・S-Sh-WF/S-00116・Ap-A シールド

 腕部のハードポイントに装備される防御用装備だが,稼働ジョイントでポジションを変えて近接戦闘用に使用できる他,銃架としても使える。

 概要

 RX-79(G)《陸戦型ガンダム》は,一年戦争中期に開発が進められた地球連邦軍のモビルスーツである。モビルスーツの量産計画最初期に先行試作された陸戦型ガンダムは,同時期に開発されたRGM-79(G)《陸戦型ジム》同様に,モビルスーツの本格的量産のためのデータ収集が開発における要件のひとつであった。
 陸戦型ガンダムでは,先行して開発が進められていたRX-78《ガンダム》の予備パーツや規格外品パーツから流用・複製されているものが多く,ほぼ同じ構造の陸戦型ジムを上回る性能を確保していたものの,その反面,純正品のストックが枯渇しやすい状況にあったということができる。
 特に,これら先行試作されたモビルスーツの配備は,公国軍による地球降下作戦によって侵食された地域の周辺領域が多く,特に各種資源鉱床や工業設備,または支配地域の拡大が懸念される戦線などへ優先的に投入されていたため,実際に戦闘を行うことが多く(各種データの収集には都合がよかったが)予備部品の消耗頻度が極めて高いものとなっていた。
 こうしたことから,配備された各基地では,他の機体や他の装備などの部品を使い,応急処置的な修理が行われることが多く,結果としてカスタムタイプのガンダムやジムが各地で誕生することとなったのである。

 本機,RX-79(G)Ez-8《ガンダムEz-8》も同様の経緯によって誕生したカスタムタイプの陸戦型ガンダムである。
 第1機械化混成大隊(通称コジマ大隊)所属第08MS小隊に所属するシロー・アマダ少尉の陸戦型ガンダムは,対アプサラス鏡錣砲いて大破しており,機体回収後に修復をかねて大規模な改装が行われている。この際,それまでの戦闘で得られたデータを元に地上戦における戦闘力向上を図るべく,武装の差し換えが行われた部分がも存在している。
 本機の改装においては,不足する部材を他の陸戦型ガンダムの陸戦型ジムのパーツによって補うだけでは無く,一部には回収した敵モビルスーツの部材も用いられている。このため,部位によっては事実上仮設の装備でしかなかったものも存在している。
 誕生した機体は,その所属から「Extra - Zero - Eight(08小隊の番外仕様を意味する)」と命名され,短縮した「イージーエイト(Ez-8)」が呼称となった。
 無論,これらは現地改修によるカスタマイズ仕様に過ぎず,型式番号も正式に認可されたものとは異なり,部隊内番号に近い物である。機体そのものに細かい改装は続けられたようであるが,この仕様が本格的に採用されることはなく,結果的にシロー・アマダ機以外は制作されなかったようである。

 引用

GUNDAM WAR ベースドブースター3 地球連邦軍U-97

 シロー・アマダ少尉の搭乗機を,修理をかねて改装した機体。胸部装甲にザク兇離掘璽襯匹鮖藩僂垢襪覆瀕彁仕様の機体であるが,耐弾性の向上や機体の軽量化などが図られている。

 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・08小隊]


最終更新時間:2017年07月25日 16時38分17秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注