トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-79(G)Ez-8/HMC〕ガンダムEz-8 ハイモビリティカスタム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガンダムEz-8 ハイモビリティカスタム

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RX-79(G)Ez-8/HMC
兵器区分カスタマイズモビルスーツ
所属地球連邦軍
パイロットシロー・アマダ
製作データ
デザイナー片桐圭一郎
初出作品GジェネレーションGATHER BEAT 2
参考文献GジェネレーションGATHER BEAT 2
GUNDAM WARほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
黒歴史コード03-4658181

 武装

ビームスプレーガン x1

ビームサーベル x1

頭部バルカン x2

 概要

 RX-79(G)Ez-8《ガンダムEz-8》は,第1機械化混成大隊(通称コジマ大隊)所属第08MS小隊に所属するシロー・アマダ少尉が一年戦争当時使用した機体で,戦闘で損壊したRX-79(G)《陸戦型ガンダム》をコジマ大隊所属のメカニックが現場の資材によって修復したものである。
 本機「ハイモビリティカスタム」は,戦線の宇宙への拡大に伴い,配属先が宇宙へと変更になったアマダ少尉のために乗り慣れていたEz-8を空間戦闘対応型として再改修した機体である。

 この際の改修ポイントとして,まず,陸戦型ガンダム特有の地上戦装備を取り外し,ジェネレータの冷却装置を空間運用に適したものに変更している。また,地上戦用に想定されていた装甲厚により,低下していた機動性の確保のため,装甲の一部省略等の軽量化が行われている。
 また,機動性・運動性の確保のため背部に可動式の大型スラスターを採用しているが,ジェネレータそのものの換装は行えなかったため,出力の多くをスラスターに奪われており,武装は比較的おとなしめのものになってしまっている。

 引用

GUNDAM WAR 烈火の咆哮 地球連邦軍U-224 / タクティカルスターター 疾風の砲火 連邦 U-224

 Ez8の機動力向上に重点を置いて改修された機体。機体の軽量化に伴って装甲の一部を排除し,背部に可動式のバーニアユニットを増設している。「HMC」とは「High Mobility Custom」の略。

 備考

 概要部分はGジェネレーションギャザービートにおける設定をもとに独自解釈が加わっている。
 ゲーム本編中では,ホワイトベース隊と共に宇宙にあがったシローのためにカスタマイズされ,HMC / HACの選択式となる。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・Gジェネレーション]


最終更新時間:2014年10月14日 22時57分11秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注