トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-79(G)〕陸戦型ガンダム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

陸戦型ガンダム

  • [MS]

データ

機体データ
型式番号RX-79(G)
兵器区分陸戦対応試作型モビルスーツ
所属地球連邦軍
パイロットシロー・アマダ
テリー・サンダースJr.
カレン・ジョシュワ ほか
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品機動戦士ガンダム〜第08MS小隊
参考文献ガンダム占い0079〜0080
GUNDAM WAR
1/144 HG 陸戦型ガンダム vs ザク インストラクション
GジェネレーションF
Gジェネレーションポータブル
U.C.HARD GRAPH No.4 ほか



 スペック

項目内容
全高18.2m
頭頂高18.0m
本体重量52.8t
全備重量73.0t
ジェネレータ出力1350kw
スラスタ推力52000kg
センサ有効半径5900m
装甲材質ルナチタニウム合金
黒歴史コード03-8867676

頭部

 RX-79(G)の頭部は,頭頂部のメインカメラ部と一対のデュアルカメラを基本構成とするガンダム系MSの特徴を持つ。実際,流用されたバーツも多いが,内装デバイスの多くは新規に設計されている。
 決定的な違いとして,教育型コンピュータの扱いがある。RX-78では,そのデータ蓄積のためにメインとなるコンピュータフレームは,コア・ファイターに搭載され,頭部はコ・プロセッサと位置づけられていた。対してRX-79(G)は,頭部ユニットにメインフレームが搭載されており,胴体部に搭載されたユニットと分散駆動していたのである。
 これは,教育型コンピュータそのものの量産が困難であったことも理由のひとつだが,陸戦に限定した運用を前提とした機体には,そこまで高度な機能が求められていなかったことが大きな理由となっている。むしろ,こうした限定的運用のため,機能的には安定し,条件によっては78系を上回るスペックであった部分も存在するのである。
 一方で,スーズ社製無段方位アンテナや,マツム・ソニック社製の通信,音響システムなど,78系の純正品も採用されていて,前線の要請に応える形で通信能力や近接戦闘能力の強化なども実施されていることから,頭部形状自体に標準型,アンテナ装備型,バルカン装備型などのバリエーシヨンが存在している。ただし,こうした純正部品の交換や更新は補給などの問題から思うに任せず,戦闘による損耗などには,RGM系のものの流用で対処する場合もあった。

ボディユニット・コクピット

 RX-79(G)に特徴的なのは,コクピットをはじめとする制御系と主動力炉の構造や配置である。これは運用される戦術の根本的な差異によるもので,それはバックパックの機能や構造などにも現れている。
 基本構造こそRX-78のものを踏襲しているものの,実質的には全く別物と言っていいほどの違いが存在するのがこの胴体部で,コクピットユニットを胸部へと移設したことで,ジェネレータなどの配置,武装の追加など,様々な変更が加えられている。
 これは,重力下という限られた環境での運用のため,空間戦闘に関する装備や構造を考慮していないことによるシミュレーションの結果といわれている。

腕部

 MSの腕部は,武装の選択肢を大きく拡大する汎用マニピュレーター兼広義のハードポイントでもある。RX-79(G)の腕部は,地球環境下における稼働を確実なものとするため,徹底的なシーリングが施されている。
 これは,MSの駆動部を一つのユニットとして考慮し,必要に応じて交換するという連邦軍のMS開発の考え方が反映されたものである。ただし,実際の戦線において,ましてや,実戦投入が始まったばかりの新兵器の整備部品が潤沢に用意できるわけも無く,予備パーツなどが不足するであろうことは,陸戦部隊にとっては予測可能なことであった。結果として,79(G)が配備された多くの部隊では,共食い整備やRGM系ユニットの流用などで乗り切ることとなっている。

脚部

 地上においてMSの脚部は,特に重要なユニットであると同時に,最も酷使される部位でもある。特に陸戦型ガンダムは,既存の軍用車両などに替わる兵器としての運用も想定されていたのである。
 脚部は,MSにとって最重要なユニットであり,特にRX-79(G)の脚部には,地上用に特化された特徴が集約されている。腰部装甲には格闘戦に対応したスパイクが追加され,原器となったRX-78ではコ・ジェネレーターやプロペラントタンク,バーニアユニットなどが収められていた下腿部には,大容量コンデンサーやビーム・サーベルラックなどが収められ,構造そのものが高密度にまとめられている。加えて,塵埃の混入しにくい構造が採用され,メンテナンスも少人数で可能なように配慮されている。実際,最も衝撃を受けやすく,金属疲労を起こしやすい足部接地面などのオーバーホールは,搭乗者単独でもある程度可能であったとされている。

ニーアーマー

 膝間接部の保護を目的としたアーマー。
 陸戦,白兵戦時の戦闘力強化のためスパイクが装備されている。

コンテナ

 補給線の伸び切った前線での作戦行動を想定した予備兵装。
 武装のみならず,各種の物資をガンダム本体が携行することができる。

サーベル・ラック

 脚部のもともとコ・ジェネレーターやバーニアユニットが納められていた部位に大容量コンデンサーとエネルギーチャージシステムを内装。塵埃の混入しにくい構造を採用している。

マガジン・ラック

 左右のサイドアーマーに携行する100mmマシンガン用のマガジンを装着可能。これも,ガンダム本体が補給線の伸びきった前線での作戦行動中に兵装切れを起こすことを想定した装備。なお,マガジンの装弾数は48発。

 武装

 RX-79(G)が装備可能な武装は多岐にわたる。それは,MSそのものが,運用上の利便性や戦闘能力の向上を模索する途上にあったため,その実効性を検証するために試験的に投入された兵装もあったようだ。

胸部バルカン砲

 口径12.7mmの対歩兵用旋回式バルカン砲。
 既存の銃器の機関部を採用している。

胸部マルチランチャー

X.B.Sa-G-03 ビームサーベル

 RX-78や通常型のGMとは異なり,脚部に装備されている。
 連邦製MSの一般的な兵装だが,各種のデバイスはカスタマイズされている。

NF・GMG-Type.37 100mmマシンガン

 連邦軍のMSの標準的な装備。
 威力の割りに小型であるため扱いやすく,特に地上に配備された部隊に多く支給されている。

ロケットランチャー

ミサイルランチャー

NFHI・GMCa-type.09 180mmキャノン砲

 カートリッジ装填式の実体弾を使用する大型火器。
 基本的には対MS戦闘用の成形炸薬弾を使用するが,徹甲弾やナパーム弾なども射出可能。

レール・キャノン

 リニア・レールを用いて金属の弾丸を撃ち出すため,反動が通常の火薬式のものに比べて少ない。

ネット・ガン

P.B.R-0079/A12 S-000011 ビームライフル

 実体弾を凌駕する威力をもつが,実用化直後であるため実戦部隊への配備は遅れており,定数を満たせず貴重な装備となっている。

バズーカ

RGM・S-Sh-WF/S-00109 シールド

 腕部のラッチに装着される防御用装備だが,可動ジョイントでポジションを変えて近接戦闘用にも使用できる他,砲架としても使える。
 安定性を向上させるためバイポッド(二脚架)を増設したものもある。

 概要

 RX-79(G)《陸戦型ガンダム》は,人類史上初の大規模宇宙戦争となった「一年戦争」において,その戦況を覆したとまで言われるほど有名となった地球連邦軍のモビルスーツRX-78-2《ガンダム》の派生機として開発が進められた機体である。
 一般的に「RX-78 ガンダム」として知られる機体は,一年戦争当時,地球連邦軍最強といわれたニュータイプパイロット,アムロ・レイが搭乗した「ガンダム2号機」のことであるが,実際には,初期に8機が建造され,これらが様々な派生機を誕生させているため,一年戦争を通じて誕生した「ガンダム」は意外にもその数は多い。(なお,ガンダムの開発経緯等については,RX-78-2の項目を参照のこと。)

 RX-78は,著名な2号機を除けば,一般的な資料では,1号機はサイド7で喪失,3号機はペガサス級ブランリヴァルで運用[1],4号機,5号機はペガサス級サラブレッドで運用,6号機はジャブロー攻防戦などに投入されたと記録されており,7号機は未完成であったとされる。(ただし,7号機は後年実戦配備されている。)その一方で,8号機に関する資料については現在まで明らかとなっておらず,まだまだ謎が残っていると言えるだろう。

 一方,このRX計画から派生したプランとして,著名なものがいわゆる「陸戦型ガンダム」と呼ばれるRX-79(G)を中心とした派生型である。これは,RX計画を直接経由せず,その副産物から実働したモビルスーツ開発計画で,初期の技術検証には大きな貢献があったとされるものである。

 RX-79(G)《陸戦型ガンダム》,あるいは単に《ガンダム》と呼称される機体であるが,(資料によって散見される)量産型ガンダムという呼称は,厳密に言えば誤りである。
 というのも,陸戦型ガンダムの建造において用いられたものは,RX-78の建造時にその高い要求精度から規格外ではじかれたパーツを再利用していることと,同時に必要に応じて新規設定した部分が混在した機体であり,あえていうならば,78型の量産型というよりも78型そのものといった機体なのである。
 ただし,陸戦運用という限定された状況であることから空間戦闘用などの必要のないパーツ群や,教育型コンピュータなどの一部高コストかつ生産困難なパーツなどは,RX-79用にオリジナルに開発された物を利用している。
 特にコア・ブロックの撤去に伴い,コクピットブロックの移設を行った結果,同隊内部のレイアウトに余裕ができたことから,腹部に大型ジェネレータと冷却設備を装備し,武装を追加するなどの変更が行われている。
 また,背部ランドセルは長期戦・ゲリラ戦にも対応できるようなマルチラックが装備され兵装コンテナやパラシュートパックがとりつけられるようになっている。このマルチラックはキャパシティが大きく,時には破損した僚機をかつぐこともあった。

 79型は,規格外のパーツを利用しているとはいえ,78型と同じパーツを利用しているためその基本性能は抜群に高い。しかしながら,そのパーツの精度が統一されていないために通常はリミッターをかけて運用している。(オーバードライブ,つまりリミッターを解除して運用する事も可能であるが,稼働時間などに制限が生じてしまう。)また,RGM-79(G)型は,79型を量産したような物であるため,こちらからのパーツの流用を行うことも可能である。逆に言えば規格品の流用を行うこともあるため,パーツの個体差を吸収するためのリミッターともいうことができる。

 なお,79型は,比較的大量に(20数機)生産され総合性能も高かったため,いくつかの派生型を生み出している。これらには,通信機能を強化した指揮官機,頭部バルカン砲の弾数を増加した物などのマイナーチェンジから形状まで大きく異なる物などいくつかのタイプが確認されているが,明確にバリエーション機として登録されたものは少なく,その多くは現場による改修型である。

 引用

GUNDAM WAR 撃墜王出撃! 地球連邦軍 U-21

 RX-78ガンダムの予備パーツで組み上げたMS。背面に予備兵装などを納めた大型コンテナを装備することによって,長時間の作戦行動を可能とする。10数機が実戦投入された。

 備考

 本項目は,作品上の設定を拡大解釈した部分が存在する。特に,RX-79というMSが存在したことを前提とした部分は,MSVの当時,RGM-79の試作機はRX-79だとされていた部分を大幅に解釈を拡充したもので,陸戦用のRX-79と空間戦用のRX-79が存在した,という前提になっている。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・08小隊]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年06月03日 23時55分39秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]ガンダム・ザ・ライド,EVOLVE../11など