トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-78NT-1〕ガンダムNT-1アレックス

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガンダムNT1 / アレックス / ガンダムアレックス

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RX-78NT-1
兵器区分ニュータイプ対応試作モビルスーツ
汎用多目的型試作モビルスーツ(NT専用機)
所属地球連邦軍
パイロットクリスチーナ・マッケンジー
アムロ・レイ(予定)
製作データ
デザイナー出渕裕
初出作品機動戦士ガンダム0080〜ポケットの中の戦争
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル ほか

 スペック

項目内容
全高18.5m
頭頂高18.0m
本体重量40.0t
全備重量72.5t
ジェネレータ出力1420kw
スラスタ推力35000kg x2,8000kg x6,7000kg x2[1]
スラスタ総推力132000kg
センサ有効半径5900 m
180度旋回時間0.8 sec
陸上走行速度192 km/h
アポジモーター数19
装甲材質ルナチタニウム
装甲材質不明[2]
黒歴史コード04-2584061

頭部ユニット(HU-0078A2 Serial0007)

 RX-78NT-1の頭部は,部品調達の問題のほか,制御系統のコンセプトの刷新などの理由によって,シルエットこそ従来の「ガンダム」を模しているものの,ほぼ別系統のユニットになっている。
 基本的に,その各種装備レイアウトは,RX-78-1〜3系統機のものを踏襲しており,いわゆるツインアイ部分の構成も同様である。しかし,新たに搭載されたコクピットシステムに対応した新規デバイスが追加実装されており,これらは既存の機体とは異なった装備品となっている。
 従来用いられていた各種デバイスは,新技術の投入によって機能を維持したまま小型化されており,これに様々なデータ収集機能や稼働検証用の装備が加えられている。(この点で言えば,小型化したことで,機能整理も行われており,新たな量産型モビルスーツへのフィードバックが前提にあったと考えられる。)
 これらで導入された各種装備は,武装や各種機構を含め,後にオーガスタ系と呼ばれる一連の機体に採用されていくこととなる。

コクピット

 RX-78NT-1のコクピットは,MSの構造そのものを刷新する新たなコンセプトのものであった。既存のコクピットユニットではなく,周囲をモニターで覆うことで,搭乗者の死角をなくすことを目的として開発された「全周モニター」は,結果としてパイロットが「モビルスーツそのもの」であるかのような視点をえることが可能となり,ニュータイプパイロットに適合したものではないかと考えられたのである。
 このシステムは,その後改良の後,標準化され,グリプス戦役時には一般的な量産型モビルスーツにも搭載されるようになっていく。
 なお,球形のコクピットブロックは従来型に比べ強度が高まった上,コアそのものには脱出,あるいは機密された生存用のブロックとしての機能も搭載されている。

腕部

 RX-78NT-1には,先行して実戦投入されたガンダムなどの試作機によって得られた運用データが反映されており,いわゆる固定武装の強化も懸案となっていた。その解答のひとつが,腕部に装備された90mmガトリング砲である。
 NT-1の腕部は,試作機であるガンダム以降,様々な改良によって駆動ユニットの小型化などによる容積の縮小が行われている。初期に建造されたガンダムは,様々な改良が行われており,一説には前腕部にサブスラスターを装備した状況もあったとされており,かなり容積に余裕があったのである。(なお,前腕部のサブスラスターについては,以降の機体で見られないことから,効果があまりみられなかったものと思われる。)NT-1では,このあいた容積に武装を収納する形での運用が行われており,後にオーガスタで改良が行われたガンダム4号機,5号機においても同様の構造が採用されている。

脚部

 RX-78NT-1の脚部は,既存の連邦系の機体とは異なるシルエットを持っている。それは,公国製MSに顕著となっていた“脚部自体を巨大なバーニアユニットとする”というコンセプトを試験的に採用しているためである。
 NT-1は,当初からフルアーマーシステムの装着を前提とした機体であり,増加装甲を装着した際にもその機動性を損なわないための各種スラスターの増設が行われていた。特に脚部は,サブスラスターの設置と共に巨大なプロペラントタンクを設置するという方向性で,設計が行われており,ガンダムの人型に近い形状とはかけ離れたものとなっている。こうした設計が可能となったのも,ガンダムによる各種データの蓄積があったが故である。

バックパック

 RX-78NT-1のバックパックは,従来のランドセルタイプの比較的小型のものではなく,大型の独立したユニットとなっている。この結果,出力向上が図られ,機動性の向上にも寄与している。
 また,ビーム・サーベルのアイドリング用エンジンも改良が加えられ,従来2基必要であったものが1基で対応可能となっている。

 武装

 製造拠点の問題などもあって,RX-78NT-1には,専用の武装が調達される予定であった。ただし,ビームの集束装置やユニットなどに独自のデバイスが用いられているため,性能や形状が独特のものとなっている。このため,実際の運用時には用いられなかった装備も多い。

60mmバルカン砲

 頭部に設置された内蔵火器。
 連邦軍のモビルスーツとしては標準的な装備のひとつで,RX-78ガンダムから継承されている。
 威力はそれほど大きくないが,速射性が高く,牽制などには有効な装備となっている。

90mmガトリング砲

 NT-1を特徴付ける装備の一つ。前腕部に確保することのできた空間に納められた90mmのガトリング砲で,公国軍製モビルスーツの装甲を容易く打ち抜くことができる。

Blash・XB-B-09 ビーム・サーベル

 形状や性能そのものは,従来のビーム・サーベルとほとんど同様のものである。
 しかし,機器を構成するユニットには改良が施されている。特にバックパックに装着したアイドリング状態での維持については,ガンダムから大幅に機構が改善されている。

Bauva・Norfolk XBR-L Type-3 ビーム・ライフル

 NT-1に用意された専用ビーム・ライフル。
 型式が示すとおり,長距離射撃用に開発されたもので,ビームの出力と収束率を向上させた結果,貫通力が増大している。
 ビーム発振器はボウワ社製だが,集束装置とハウジングはノーフォーク産業が担当した。

XBR-M-79-07G ビーム・ライフル[3]

 ボウワ社製MS用中距離ビームライフル。
 エナジーCAP技術により,当時艦艇にしか搭載できないとされていたメガ粒子砲をMSの携行武装として実現したもので,ガンダムが最強足り得たのは,このビームライフルによるところが大きい。当時の戦艦級の破壊力を持つ。

RX・C-Sh-05 UBC/S-0003 シールド

 オーガスタにおいて改良されたシールド。チョバム・アーマーの構造を流用したものに,独自の組成による耐ビームコーティングを施したもので,この基本レシピは後のGPシリーズ等の一部の連邦の機体でも流用されている。

ハイパーバズーカ

 概要

 RX-78NT-1型,通称「アレックス」は,オーガスタ研究所において開発されたモビルスーツである。RX-78-2《ガンダム》のパイロットであるアムロ・レイ少尉の反応速度に機体が付いていけなくなったことから「ニュータイプ専用ガンダム」として開発された機体が本機である。

 RX-75に始まる俗に「RXモビルスーツ」と呼ばれる3種の機体の開発に成功した連邦軍は,戦局の打破のために直ちにモビルスーツの量産に取りかかる。この量産作業によって誕生したのが,RGM-79《ジム》である。その一方で,モビルスーツへの適正が極めて良好なパイロット向けの機体や次世代の新造機の開発プランも同時にスタートしているのである。

 アレックスは,前者のプランを想定したもので,公国軍では早くから検証が進められていた「ニュータイプ」と呼ばれる適性の高いパイロットに適合した機体を開発するという目的で検証が進められたものである。
 だが,早くから検証の進められていた公国軍とは異なり,パイロットサンプルの乏しい連邦軍においては,ニュータイプパイロットとしてほぼ唯一のサンプルとなったアムロ・レイ曹長(当時)のもたらしたデータと,機体の追従性に関する要望などを基準としてニュータイプ対応型モビルスーツの模索が始まったのである。

 無論,アレックスの開発は,アムロがパイロットとしてその頭角を現し始めることよりも前にスタートしている。開発に従事した技術者たちは,なんの情報もない状況から「ニュータイプ対応機」の開発を行わなければならない状況であったが,彼らなりの情報収集によって必要な要素の検証を進めており,その中に機体の追従性の向上という要素は既に含まれていたとされる。つまり,アムロの要望は技術者の予想の範疇であったともいえるのである。
 元々,連邦軍のMS開発には,機体のレスポンスを向上させるという課題が設定されており,その研究が,アムロの報告やガンダムの実働データを基に「マグネット・コーティング」処理として反映されており,これをより先鋭化した形で,その予想値を目標として,耐弾性と追従性の高い新設計の機体を開発することが当面の課題となったのである。
 この結果,アレックスは極めて追従性が高い機体として完成し,その結果として一般のパイロットが運用するには過敏すぎる機体となってしまったのである。

アレックスを巡る数奇な運命

 アレックスは北米のオーガスタ基地で開発が進められている。オーガスタ基地は,公国軍の制圧下にあった北米大陸において,施設の規模が小さく,また,地理的にも軍事的利点の少ない場所であったため,公国軍における制圧を免れている。(おそらくだが,オーガスタ基地も定期的な公国軍の巡回には対応していても,積極的に打って出ることは無かったのであろう。結果論だが,北米にあったことで様々な公国軍機を確認することができたというメリットも存在したと思われる。)この結果,独自の開発が可能となったオーガスタでは,連邦軍内部で進行中の様々なモビルスーツ開発計画を貧欲に取り込んでいくこととなる。(その中には,ジャブローで進行中のFSWSのデータもあった。)

 U.C.0079年8月に機体開発がスタートしたアレックスは,こうした様々な新技術を投入された先進性に富んだ機体となった。さらに,同年11月中旬にベルファスト基地にて入手した各種データを反映させることで,いわば「アムロ・レイ専用機」としての色彩を濃くしていくこととなる。
 一応の完成を見た機体は,既に宇宙へと戦場の中心が移行していたこともあり,北極基地からサイド6に極秘裏に設置されたラボへと移送されることとなる。この際に,ジオン公国軍の特務部隊「サイクロプス隊」の襲撃を受けている。
 実のところ,この襲撃に関しては,様々な憶測が存在する。サイクロプス隊がニュータイプ専用機の存在を知っていたのはなぜか? 同様に,ニュータイプ研究では先行しているはずの公国軍が執拗にアレックスを追った理由についても詳細は明らかになっていないのである。
 少なくとも,前者に関しては,連邦軍側からのリークの可能性も否定されていない。すなわち,ホワイトベース隊を連邦軍がおとりに使ったように,アレックスそのものも同様の理由でリークされたのではないか,という説である。結果的にホワイトベース隊にアレックスが届けば,それはそれでよしとする,という方針であったのではないか,ということなのである。(実際問題として,この一連の戦いについて,当時のレビル将軍は「所詮はポケットの中の戦争(=取るに足らないレベルの戦い)でしかない」と発言したと伝えられており,これが真実であれば,はじめからアレックスは予備的な扱いでしかなかったという事になるのである。
 最終的に,サイド6での戦闘でアレックスは損傷し,ホワイトベース隊に届けられることはなく,終戦を迎えている。
 また,終戦後,連邦軍はアレックスを解体しており,以後,ニュータイプ研究は一部の研究所が継続するのみで,強化人間開発にシフトし,自然発生的なニュータイプは隔離する方向へと政策をシフトしている。すなわち,ニュータイプを切り捨てたのである。

 このため,アレックスの存在意義そのもにについては,様々な形で議論されるところではあるが,「オーガスタ系」という観点で見た場合,以後に残した功績は非常に大きなものがあるということができるだろう。

 引用

GUNDAM WAR 永久の絆 地球連邦軍 U-74

 連邦のNT用試作型MS。WB隊のアムロ曹長の為に開発されていた。しかし,サイクロプス隊に執拗に狙われ,北極基地での奇襲は逃れたものの,サイド6での交戦により大破した。

 備考

設定の錯綜について

 NT-1は,「ポケットの中の戦争」という作品の設定自体が大きく変更された経緯もあり,かなり設定が迷走している。

 元々,1988年に公開された「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」が,当初「最後のガンダム」という触れ込みであったのだが,この制作中に新ジャンルであるOVAでのオリジナルシリーズが決定し,上映終了後に発表されている。これが「ポケ戦」が初めて日の目を見た初めての記事であり,特にニュータイプ誌ではオリジナルの書き下ろしイラストとして,RX-79 G-IIIのナンバリングが施されたイラストが掲載されていた。
 この直後の各誌で,あらためて「ガンダムNT-1」という名称が発表されており,これらの記事は,現在では無かった事になっている。(ただし,考察家には利用されることも多い。)

 また,他の機体がそうであるように,本来NT-1も既存のRX-78-2ガンダムのリファインとしてデザインされた経緯があり,これが肩の4というナンバリングにも影響している。
 つまり,リファインされたRX-78ガンダムの4機目(1〜3号機に関しては,既に既存作品での登場が触れられており,特に小説版の機体を3号機とするコンセンサスはほぼできあがっていた)という意味合いであったとされているのである。
 この初期段階でのMSデザインの傾向は,ほぼ同時期にリリースされたSDガンダムMk-玄録の「夢のマロン社 宇宙の旅」に登場する機体が,本作デザイン版であることでも判るのである。(VHS版には,さらにモビルスーツカタログとして,解説が行われており,一年戦争時の機体が,このポケ戦版デザインであったかのような解説が行われている。このフィルムは,DVD版では削除されており,おそらくは混乱防止の意味合いもあったと考えられる。)

 ところが,OVAの刊行と同時に展開が始まったプラモデルの発売方針がこれら機体を「すべてバリエーション」としてしまったため,本編設定に関しても,バリエーションとしての位置づけが明確化しており,様々な設定が変更されている。(これは,OVA第1巻のライナーノーツなどが現在の設定と異なっている点などでも明らかである。)

 また,同じ1989年5月から模型情報誌上で連載が始まったMSジェネレーションでは,後に登場するガンダムGT-FOURが,「G-4計画機」というカテゴリであることに触れられており,NT-1が宇宙軍開発,GT-FOURが空軍開発,さらに陸軍の格闘戦型,重火器型,海軍の水中戦型が存在するとなっている。
 当時,既に存在していたのは,スーパーファミコンで発売された「死に行く者達への祈り」に登場するRX-78XXピクシーであり,これは陸軍の格闘戦型に相当するものとして解釈されていた。
 このG-4計画機では,現在陸軍の重火器型にマドロック(RX-78-6),海軍の水中戦型に水中型ガンダム(RAG-79G1)またはガンダムサブマリーン(RX-79M/近藤和久氏の漫画に登場)を当てる動きが考察としては一般的であるが,現在非公式作品の設定を取り込む方向性にあることから,近藤氏のガンダムサブマリーンはともかくとして,マドロックは,4〜8号機仕様というRX-78の主たる開発系統が,これに該当するかどうか,という点で疑問点がある。そのため,新たなガンダムタイプMSの登場の可能性も否定できない。

 他にも,NT-1の設定変遷の影響をうけたものは多く,例えば,機体の愛称である「アレックス」やマーキングなどもそうである。
 アレックスは,当初存在しない用語だったが,脚本でNT-1や新型ガンダムと開発者側に言わせるのも不自然であることから,愛称として登場したものだが,当初は「RX」のもじりでアレックスだったものが,装甲積層試験(Armor L'ayered EXamination)の略称であるという設定が追加されており,現在ではどちらとも考えられるという方向性になっている。
 また,マーキングの「U.N.T.SPACY」も,当初は単なる宇宙軍を示すもの(もっと言ってしまえばマクロス系のパクリ)であった「United Nation Troops.SPACY」が,現在では「Under Normal Tactics(非通常戦術)SPecial Assortment Construction Yard(特別分類建造場)」に変更されている。(この無理矢理感からも,かなり後付けに苦労したであろう事がわかるだろう。)

その他

 ゲームブックとして刊行された「消えたNT-1」に登場する機体は,コア・ブロック・タイプの機体で,コアファイターやRX-78-2のパーツを装着する事が可能となっていたが,これはあくまでもアナザーストーリーと解釈するしか無い。
 ただし,当初は(模型誌のオリジナルバリエーションを除いて,)「ワン・アンド・オンリー」という解釈が強かったNT-1型だが,その後,設定が固まるにつれて,連邦軍の次世代型MSの雛型であったという方向性に集約されており,その系譜としてジムカスタムやジムクゥエルなどが設定されている。

 また,RX-78NT型の系譜としてもRX-78NT-Xネティクスという機体が「SDガンダムGジェネレーションスピリッツ」で設定されており,(同様に,ガンダム4〜6号機もオーガスタ系の技術投入が行われた機体となっている)かなり設定的な広がりを見せている。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・0080]


最終更新時間:2018年12月24日 09時29分11秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]1/144 インストラクション
  • [2]MS大全集
  • [3]RX-78タイプ。福地氏イラストで1/144インストに掲載。ここでは,XBR-M79-07Gとみなしている。