トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-78GP03〕ガンダム試作3号機デンドロビウム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガンダム試作3号機デンドロビウム

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RX-78GP03 / RX-78GP03D[1]
兵器区分拠点防御用モビルアーマーシステム
宇宙用攻撃型試作機動兵器[2]
所属地球連邦軍
パイロットコウ・ウラキ
製作データ
デザイナーカトキハジメ
初出作品機動戦士ガンダム0083〜StardustMemory
参考文献GUNDAM WAR
FRIDAY DYNAMITE オレたちのガンプラ伝説
Gジェネレーションポータブル ほか

 スペック

項目内容
全高38.5m
全長140.0m(砲身含)
本体長73.0m
全幅62.0m
頭頂高Unknown
本体重量226.4t
全備重量453.1t
ジェネレータ出力38900kw
スラスタ推力377500kg x6
スラスタ総推力2265000kg
装甲材質ガンダリウム合金(ルナ・チタニウム[3]
黒歴史コード10-1208186

フォールディング・アーム

 コアユニットとして接合されているGP03Sの腕部は,フォールディング・アームを展開することで,およそ3倍以上のリーチを持つ。
 これはアームドベース・オーキスとの連動のためのもので,これなくして「システムとしてのGP03デンドロビウム」は完成しない。

ドッキングシステム

 ステイメンとのドッキングのための設備。
 ステイメンが腰部に装備するテールバインダーをガイドとして物理的な結合と機体管制及び制御系の統合を行う。
 各ガントリー(guntry=ロケットや船,航宙艇などを固定する可動式の支持アームや架台のこと。発射整備塔そのものを指すこともある)やリンク端子などの保護のため,それらは構造的に奥まった位置に設置されている。

スラスター

 1基あたり377.5tの推力を持ち,圧倒的な加速性をデンドロビウムにもたらす直径およそ6mのスラスター。
 デンドロビウムはこの6基のほか,機体各所に機動用のサブスラスターを持つ[4]

Iフィールド・ジェネレーター

 敵ビームの威力を減免,拡散させる効果を持つIフィールドを展開する装置。
 稼働のためには非常に大きなエネルギーが必要であるため,小型化が困難な装備。

 武装

 ガンダム試作3号機は,拠点防衛用モビルアーマーとして開発された機体であり,その攻撃能力は極めて高い。

メガビーム砲

 全長およそ90mに及び巨大なビーム砲。
 デンドロビウムに装備されることにより,当時の標準的な戦艦の主砲を超える威力とMSに匹敵する機動力を合わせ持つこととなる。
 当時最強の兵装のひとつであることは言うまでもない。

大型ビームサーベル x 2

 MSの脚部ほどもある巨大なビーム・サーベルで,戦艦や巡洋艦を撫で斬りにできるほどの長大なビーム刃を形成する。
 通常は大型クローの基部に収納されている。

大型クローアーム

 デンドロビウムの下面に装備された大型のマニピュレーター。
 オーキスの下部構造が移動,変形して,MSの全長に匹敵する巨大なクローを形成する。
 大型ビーム・サーベルの運用や敵機との近接戦闘,捕縛などを目的として装備された。

武器コンテナ

 デンドロビウム及びステイメン用の武装を収納し,必要に応じて射出,あるいは装備させることができる。
 コンテナは規格化されており,必要に応じた武装構成が可能。

武器コンテナ内武装

 以下は武器コンテナ内に収納される装備品である。
 いずれも規格化されたコンテナ内に収まるように設計されており,作戦内容に応じて選択することも可能。
 デラーズ・フリートとの戦闘に際しては,これらをバランス良く収納し,長期戦に対応していた。

大型集束ミサイル

 大型のミサイルが3基内蔵されたコンテナ。
 コンテナハッチを吹き飛ばし,基部部分から射出する。
 コンテナ自体がミサイルのブースターとして機能するため,通常タイプのものより高速で標的に到達する。

マイクロミサイルポッド

 コンテナそのものをミサイルポッドとしたもの。
 1基のコンテナで1面に36基,全部で108基のマイクロ・ミサイルを射出する。

爆導索

 コンテナに内蔵された特殊装備のひとつ。
 ワイヤーに一定間隔で爆薬を設置したもので,これをコンテナごと射出し,想定した方向へと伸ばし,爆破するもの。

ハイパーバズーカ

 連邦軍で一般的に用いられるモビルスーツ用バズーカ。
 コンテナ内に内蔵することも可能だが,通常はフォールディングバズーカを用いる場合が多い。

フォールディングバズーカ

 コンテナ用に開発された専用のバズーカ。
 従来型のバズーカと比較し,5割ほど長い砲身を持っているが,折りたたむことが可能でコンテナ内に収納可能となっている。
 弾体は,マガジンに,薬室に1発装填されている。

ビーム・ライフル

 RX-78GP01Fbと同型のビーム・ライフル。

フォールディングシールド

 コアユニットであるステイメン用に開発された専用シールド。
 コンテナスロットに収まるよう折り畳むことが可能。
 展開時には左右対象の形状となり,どのようなポジションでも扱いやすく配慮されている。
 また,裏面にはビーム・ライフル用のエネルギーパックを計4個装備している。

 概要

 一年戦争後に地球連邦軍が開発した事実上初のモビルアーマーが,本機RX-78GP03《ガンダム試作3号機デンドロビウム》である。

 名目上は,拠点防衛用の機体ではあるが,突出しての単独戦闘にも十分耐えられる機体となった本機は,デラーズ動乱において,コロニー落としを行うデラーズ・フリートに追いつける数少ない機体であったことから,単独で先行し,アナベル・ガトー大尉搭乗のAMX-2《ノイエ・ジール》と交戦,その後も合流したアルビオンと共に阻止活動を実施するものの,コロニー落としそのものの阻止には失敗している。
 また,AGX-04《ガーベラ・テトラ》を退けた後,再びデラーズ・フリートを追撃しようとするものの,味方であるはずのソーラ・システム兇両伴佑亡き込まれ,オーキス部分を損傷,コアユニットであるステイメンは離脱している。

 なお,デラーズ動乱の後,本機の所在は明らかになっていない。
 コアユニットであるステイメンは,少なくとも無傷であったし,オーキスの本体部分(武器コンテナは戦闘中に遺棄されている。)も稼働できたかどうかはわからないが,健在ではあった。
 U.C.0100年代まで,デラーズ動乱そのものが記録上抹消されていたこともあり,ティターンズの成立に際して,何らかの手が打たれたものと思われる。

機体コンセプト

 デンドロビウムは,連邦軍再建計画に伴い,U.C.0082年にその基幹部分がスタートした「ガンダム開発計画」に伴うプランニングのひとつで,モビルスーツの汎用性とモビルアーマーの攻撃力を併せ持つという,ある種の矛盾したコンセプトによって開発された機体である。
 このため,本機の開発においては,いくつかの試案とも呼ばれる機体がプランニングされていたとも言われており,後にアナハイム・エレクトロニクスが社内報に掲載した試作プランもその一つであったと考えられている。

 デンドロビウムに通じるコンセプトは,既に一年戦争当時,地球連邦軍において提示されている。U.C.0081年にようやく完成し,公国軍の残党狩りに投入されたとも言われるHFA-78-3(一説にはFHA-78-3ともされる)《重装フルアーマーガンダム》がそれである。
 この機体は,RX-78タイプのセカンドロットシリーズとしてプランニングされたRX-78-7《ガンダム7号機》のオプションプランのひとつでFSWSプランに準じたフルアーマー装備に更に追加装備する武装及び増加装甲によるパッケージを装着した形態である。
 この状態では,モビルスーツというよりもモビルスーツをコアにした大型機でしかなく,その戦闘プランもモビルアーマー的なものになってしまうものであった。

 デンドロビウムは,アナハイム・エレクトロニクスによる開発機ではあるが,いわゆる「ガンダムタイプ」モビルスーツのデータが投入されており,特に1号機及び3号機は,連邦軍系の技術陣によるプランニングであったことから,いわばHFA-78-3の完成形というイメージが存在した可能性は否定できないのである。
 いずれにせよ,連邦軍のガンダム信仰が如実に現れた機体であるということは言えるだろう。

 なお,デンドロビウムはあくまでも試作機であり,これの運用に関しては,あくまでも試作機なりの未整理な部分が存在することもまた事実である。
 そのパワーと攻撃力など当時としては破格であったが,機体性能を優先した結果,パイロットに多大なる負担を与えることがわかっていた。
 あまりの管制作業の繁雑さにより,通常のパイロットではこれを操作しきれなかったのである。このため,実戦運用時には興奮剤とも思われる薬剤が投与されており,(戦時中ならば問題にならなかったかもしれないが)非人道的な行為が行われていたようである。
 こうした諸問題から,結果的に以後,本機のコンセプトを受け継ぐ機体は現れていない。

オーキスとステイメン

 デンドロビウムは,拠点防衛用モビルアーマーという名目こそシンプルであったが,その機体コンセプトは矛盾を孕んだものであった。
 これを解決するために,極めて強力なスラスターを搭載した「ブースター兼武器庫」を「コアとなるモビルスーツによってコントロールする」という方策で設計がなされている。

 中核をなす機体は,いわゆるガンダムタイプのモビルスーツが用意され,RX-78GP03S《ガンダム試作3号機ステイメン》と名付けられた。
 ステイメンは,空間戦闘用に特化したことで,当時のモビルスーツとしては破格の機動性を獲得しており,同じガンダム開発計画における空間戦闘用モビルスーツ,RX-78GP01Fb《ガンダム試作1号機フルバーニアン》にも引けを取らない機体になったとも言われている[5]

 また,大型のブースターと砲台を兼ねた「アームドベース・オーキス」は,大型のブースターに格闘戦用の大型クローと,ビーム砲,防御用バリア(Iフィールド)を搭載したもので,これに更に武装コンテナユニットを装着したものである。
 オーキスは,いわば武器庫であると同時に砲台と盾であり,さらにステイメンというモビルスーツの専用ブースターユニットでもあったわけである。
 本来,拠点防衛用モビルアーマーとしての位置づけであるデンドロビウムであるが,オーキスの強力な機動性は,そうした名目を覆すに充分で,本機の本来の運用目的は,単体による攻撃(それも長距離)を主眼としているのではないかと思われる。

 基本的武装は,アームドベース・オーキスのクローアームとそれに付随する超巨大ビームサーベル,戦艦並み出力のビームランチャー,武器コンテナの各種ミサイル,そして,コアユニットが使用する各種武装と多彩であり,単機で全領域の戦闘が可能と言われる所以である。
 また,防御についても,非常に出力の高いIフィールドジェネレータが装着されており,未確認情報であるが,ザンジバル級の主砲を弾いたとの記録もある。

 引用

GUNDAM WAR プロモカード 「2002年上半期」大会等配布 SP-17

 アナハイムで開発された拠点防御用MA。核となるステイメンと,オーキスから構成される。この巨大な機体を託されたウラキは,放たれたコロニーを阻止すべく,混迷の宇宙を激走した。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・0083]


最終更新時間:2015年01月31日 16時55分34秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]Gジェネレーションシリーズなどの一部ゲームで確認できるデンドロビウムの型式番号。識別のために付けられた物であり,Gジェネレーションシリーズ,及び関連するBB戦士などで見られる型式番号となっている。
  • [2]EB52 機動戦士ガンダムMS大図鑑PART.8 SPECIALガンダム大鑑
  • [3]公式サイト
  • [4]ちなみに史上最大のペイロードを誇ったサターン昂燭梁1段ロケットの推力が1基あたり680tx5。
  • [5]ここで言うフルバーニアンとは,厳密に言えば,フルバーニアンの初期プランの機体ということになる。これは,フルバーニアンが想定外の改装によって誕生しているためである。実は,この点もガンダム開発計画の問題点のひとつである。事実上1号機は重力下仕様単独,4号機に至ってはその存在意義すらなくなってしまったのである。