トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-78-3〕ガンダム(G-3)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガンダム(G-3)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RX-78-3
兵器区分汎用試作型モビルスーツ
所属地球連邦軍
パイロット不明
製作データ
デザイナー模型作例(製作:岡田雅之)
初出作品MSメカニクス機V作戦〜
参考文献電撃HobbyMagazine 2000/05

 スペック

項目内容
全高18.5m
頭頂高18.0m
本体重量Unknown
乾燥重量42.2t
全備重量58.8t
ジェネレータ出力1380kw
スラスタ総推力55500kg
センサー有効半径5700m
180度転回時間1.1s
装甲材質ルナ・チタニウム合金(ガンダリウム合金)
開発地球連邦軍ジャブロー工廠

※数値データは,実機を想定したもの。

開発経緯

開発経緯
0078.03試作MS開発を目的とした「RX計画」,極秘裏に発動
0078.03RTX-44完成
0079.01.03一年戦争勃発
0079.04.01MS開発による総合的な戦力増強計画「V作戦」発動,MS開発が最優先事項となる
0079.07エネルギーCAP技術によりMSが携行可能な小型ビーム兵器の開発に成功
0079.07RX-78-1完成。2週間後にRX-78-2ロールアウト
0079.08RXシリーズ,サイド7において最終テスト開始
0079.09.18サイド7の1バンチをジオン軍が強襲,ガンダム3号機小破
0079.09.20ガンダム3号機,ルナ兇飽き渡される
その後,マグネット・コーティングの実験機として使用される

 武装

60mmバルカン砲

ビーム・ライフル

ビーム・サーベル

 概要

 「RX-78-3」は,通称「G-3」と呼ばれるガンダム3号機である。宇宙空間での機動力を重視したアビオニクス(機体管制装置)のテスト機として製作されたこの機体では,さまざまな宇宙用装備の評価テストが行われた。機体色は他のガンダムタイプとは異なり視認性の低いグレーに塗装され,宇宙空間における隠密性を高めている。U.C.0079年9月18日,ジオン軍のサイド7強襲により機体は小破,ホワイトベース隊に回収され,宇宙における連邦軍最大拠点であるルナ兇悗髪燭个譴拭その後,修復された機体はモスク・ハン博士によってマグネット・コーティングの実験機として使用されている。

 引用


 備考

 電撃HobbyMagazine 2000年5月号の特集ページ「MSメカニクス機V作戦〜」の作例。
 特集自体が,戦争博物館での立体展示(レプリカ)を紹介するという体裁で行われているものの,解説そのものは,実機について行われている。
 この特集は,同一機であっても各シリーズラインナップごとのディテールなどの違いを,実機仕様の違いと解釈して解釈したもので,それぞれ独自の解釈が行われており,機体解説などにも特徴が見られる。
 本機は,当時の最新の1/144スケールキットであった1/144FGシリーズのキットを利用した作例である。(ちなみに,カラーリングを始め,解説文中の記述は全て電撃オリジナルである。G-3がグレーにリペイントされたのは,少なくとも改装後である。)

 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・DHM誌]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年06月18日 15時11分14秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注