トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-77D〕量産型ガンキャノン(カイ・シデン機)の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔RX-77D〕量産型ガンキャノン]]
!!!量産型ガンキャノン
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,RX-77D
,兵器区分,中距離支援モビルスーツ
,所属,地球連邦軍
,パイロット,カイ・シデン
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,出渕裕{{br}}アレンジ:不明
,初出作品,夢のマロン社宇宙の旅
,参考文献,GUNDAM WAR{{br}}Gジェネレーションポータブル{{br}}GジェネレーションF ほか
!!スペック
,項目,内容
,全高,18.1m
,頭頂高,17.5m
,本体重量,51.0t
//,本体重量,45.0t{{fn MS大全集98?}}
,全備重量,70.2t{{br}}70.0t{{fn HGUC}}
//,全備重量,61.0t{{fn MS大全集98?}}
,ジェネレータ出力,1410kw
//,ジェネレータ出力,1390kw{{fn MS大全集98?}}
,スラスタ推力,26500kg x3,7000kg x2 
//,スラスタ推力,21000kg x2,15000kg x4{{fn MS大全集98?}}
,スラスタ総推力,93500kg
//,アポジモーター数,5
//,アポジモーター数,8{{fn MS大全集98?}}
,姿勢制御バーニア,8{{fn HGUC}}
,センサ有効半径,7300m
//,センサ有効半径,8700m{{fn MS大全集98?}}
,180度旋回時間,2.1 sec
,陸上走行速度,78 km/h
,装甲材質,チタン合金セラミック複合材
※スペックは,標準的な量産型ガンキャノンのもの。
!ヘッドギア
 頭部ユニットと胸部にかけてのネックラインなどを保護するために設けられている。
!スタビライズド・ギア
 射出時に接地させることで機体の安定性を向上させ,より精密な射撃を可能とするための装備。アウトリガー・ジャッキなどと同じ機能である。
!ランドセル
 RX-77-2のものと比べ,キャノン砲への給弾機構が簡略化された上で移設されている。そのため大型化しているが,生産性や整備性は改善されている。
!!武装
!60mm頭部バルカン砲
 60mm口径の実体弾を射出する近接戦闘用の固定武装。
!240mmキャノン砲
 炸薬によって実体弾を射出する半格納式の低反動砲。
 使用時には砲身が伸び,より精密な砲撃が可能。
!90mmマシンガン
 一年戦争末期に一部の量産機に配備された武装。
 当時の標準的な戦闘車両などに採用されていた機銃などと同規格の90mm実体弾を射出する。
 ブルパップ・マシンガンとも呼ばれる。
!ビームライフル
!!概要
 RX-77D《量産型ガンキャノン》は,一年戦争末期に地球連邦軍が開発した中距離支援用モビルスーツである。
 ジオン公国軍のモビルスーツとミノフスキー粒子によって従来の戦術が採れなくなった連邦軍は,自軍のモビルスーツの開発を進め試作タイプとしてRXモビルスーツをロールアウトした。
 RXモビルスーツは,評価試験後の実戦テスト直前の段階で,公国軍特務部隊による強襲のため当初予定が狂い,民間人を中心に運用された強襲揚陸艦ホワイトベースで運用され,高い評価をうけることとなった。
 このRXモビルスーツの内,中距離支援用として開発された機体が,RX-77《ガンキャノン》である。ガンキャノンは,ホワイトベースでの運用で高い評価を受けた上,残存する一部機体を運用した結果も良好であり,量産タイプの設計が進められることとなった。
 この量産タイプが,RGC-80《ジムキャノン》である。

 ところが,ジムキャノンは,開発にトラブルがつきまとった結果,遅延気味であり,予定数の配備には大きく不足する状況であった。(このため,RGM-79《ジム》には,ジムキャノンの代替装備としてハイパーバズーカを標準装備する仕様が急遽追加されている。)
 こうした状況から,新規開発によってトラブルが発生しているため,ガンキャノンの基本設計を踏襲した上で,生産性の向上を図る方向性で開発が行われた{{fn この解釈は,本項独自のものだが,複数の資料をつきあわせた場合,大きく異なっていることはないと考えられる。}}のが,本機,量産型ガンキャノンなのである。
 基本設計をガンキャノンから流用したため,重量バランス等,ジムキャノンで問題となった部分の解消は比較的簡単であり,各部パーツ群も既に量産がスタートしていたRGM-79G《ジムコマンド》系列のものを利用することで,生産性とコスト面にも配慮することが可能となった。
 結果として,比較的高い性能を比較的低コストを実現したものの,終戦間際の開発であったため,やはり生産数はそれほど多くなかったとされている。
 しかしながら,本機の開発によって結果として砲撃戦仕様機のノウハウは急速に蓄積されており,後にRGC-83《ジムキャノン供佞箸いΨ舛如ぐ貭蠅寮果を挙げることとなったのである。

 本機は,踊る死神,リド・ウォルフ専用として用意された量産型ガンキャノンで,特徴的なパーソナルカラーが施されている。
!!引用
!夢のマロン社 一年戦争モビルスーツカタログ
 ガンキャノンを改装し,量産型にした機体だ。
 キャノン砲を2門装備する砲撃タイプである。
 108のマーキングはホワイトベースのカイ・シデンが搭乗した機体である。
!!備考
 RX-77Dは,その名称,スペック,評価等,媒体によって違いが多く,安定しない機体のひとつである。
 例えば,初出では「量産型ガンキャノン」との名称であったが,近年は「ガンキャノン量産型」の表記が多い。(どちらでも同じではあるが,英訳表記は異なってくる。)
 また,スペックは資料にばらつきが多いため,近年の資料で統一されている部分を中心に表記している。

 評価については,基本的に「生産に適した改良が施され」たものの基本スペックは「ガンキャノンと同等の性能を獲得した」という扱いになっている。
 例えば,装甲材をルナ・チタニウムからチタン・セラミック複合材に変更したことでコストダウンと生産性を図っているとされるが,この件について当時の装甲材の概念からすれば,ルナ・チタニウムよりも防御力は低いはずであるが,逆襲のシャアでジェガンの装甲材がガンダリウムに匹敵する強度を獲得したとされたためか,「装甲も強化された{{fn ギレンの野望アクシズの脅威V等}}」といった評価を行っている資料も存在する。
 このため,本文は比較的近年の安定した文書のひとつである,HGUCのインストラクションをベースに作成している。(ただし,ジムキャノンの性能面{{fn HGUCではジムキャノンが性能を発揮できなかったとしているが,他の資料と相反する部分であるため,この点は採用していない。}}など,一部は他の資料と整合性を取る形にしている。また,機体名は源典である「量産型ガンキャノン」を採用している。)
!カイ・シデン機について
 この機体は,機動戦士SDガンダムMark.4に収録された「夢のマロン社宇宙の旅」劇中に登場した機体で,ビデオ版に特典として収録された「夢のマロン社 一年戦争モビルスーツカタログ」において,カイ・シデン機として解説が行われたものである。
 そのデザインは,量産型ガンキャノンそのもので,元々0080劇中の機体が,機動戦士ガンダム劇中の機体のアップデートとして描かれたという事情と,商品展開上の問題からバリエーションとして変更されたという経緯のゴタゴタが感じられるものとなっている。
 なお,厳密には,「ガンキャノン量産型(カイ・シデン機)」という形で説明されている。
!!関連項目
*[[〔RX-77D〕量産型ガンキャノン]]
!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・R}}
{{category モビルスーツ・夢のマロン社}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。