トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-77-3〕ガンキャノン重装型(ジャブロー運用機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガンキャノン重装型

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RX-77-3
兵器区分中距離支援モビルスーツ
砲撃戦用試作型モビルスーツ
所属地球連邦軍
パイロット不明
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品機動戦士Ζガンダム
参考文献GUNDAM WAR ほか

 スペック

項目内容
全高18.1m
頭頂高17.5m
本体重量58.6t
全備重量79.1t
ジェネレータ出力1380kw
スラスタ推力Unknown
スラスタ総推力62200kg
センサ有効半径6000m
陸上走行速度69km/h
装甲材質ガンダリウム合金(ルナチタニウム)

※スペックは,MSVにおけるスペック

 武装

240mmキャノン砲


ビーム・ライフル

 RGM-79R《ジム供佞汎鰻燭離咫璽燹Ε薀ぅ侫襪魃人僂垢襦

60mm頭部バルカン


ファイアナッツ


 概要

 RX-77-3《ガンキャノン重装型》は,一年戦争当時,地球連邦軍が開発した砲撃戦用モビルスーツである。
 連邦軍の起死回生の一手として進められた「V作戦」において開発されたRXモビルスーツでは,中距離支援機としてRX-77《ガンキャノン》が開発されており,実際に運用されたことで,中距離支援用モビルスーツの実用性が評価され,RX-78《ガンダム》同様に,各部の簡易化による量産が行われることとなっている。この量産機がRGC-80《ジムキャノン》であるが,一方で,ガンキャノンそのものの改良も進められることとなった。
 ジムキャノンは支援機としての位置づけであり,基本的にはRGM-79《ジム》との連携運用が前提となる機体であるが,連邦軍ではガンキャノンのみによる砲撃戦用モビルスーツによる単独部隊を模索したのである。
 実際,当初予備部品と思われる部材で建造されたRX-77-2タイプの同型機が複数実戦に投入され,比較的良好な戦果を挙げていることから,砲撃戦用モビルスーツの有用性については疑う余地のない状況であった。そこで,77タイプそのものの量産タイプとしてのRX-77D《量産型ガンキャノン》の開発への模索が行われており,これと同時に77タイプの強化型のプランニングも進められたのである。

 ガンキャノン重装型は,77-2型に搭載された240mmキャノン砲をより強化し,さらに各種武装を強化している。しかしながら,改良された240mmキャノン砲も射撃時のその反動による重量バランスの問題点は解消するには至らなかった。
 このため,より反動の小さいビーム・キャノンを搭載する方向性へと計画案が修正され,ビーム・キャノンの試作が行われている。
 試作されたビーム・キャノンは,砲門の数こそ減らされているが,その攻撃力は向上している。また,バランス問題も改善しており,さらに多数の砲弾を搭載する必要がなくなったことによる軽量化がなしえるなど,多くの利点が確認された。これにより,77型の改良プランとしては,ビーム・キャノン搭載が事実上決定し,ビーム・キャノン搭載型にさらなる改良を施すことで,RX-77-4《ガンキャノン供佞誕生することとなった。

 この機体は,ビーム・キャノン搭載型の重装型がガンキャノン兇悗伐装された後に,ジャブローに残されていた通常兵装装備の機体である。一説によると,コクピットブロックが従来のものではなく,リニア・シートと全周モニターに換装されているとされ,わずかながらではあるが,近代化改装が施されたということができる。
 本機は,グリプス戦役期にジャブローへと残されていた旧型の機体であり,ジャブローへのエゥーゴの侵攻に際して,対応を行った機体の一つである。だが,ティターンズによるジャブローの爆破によって失われた。

 引用

GUNDAM WAR 覇王の紋章 ティターンズ U-138

 連邦軍の砲撃用MS。ガンキャノンの再設計機で,コアブロック・システムを廃止した他,両肩のキャノンを実弾からビームに変更している。少数が生産され,ジャブローに配備されていた。

 備考

 本来,ガンキャノン重装型は,ガンキャノンの強化型としての位置づけの機体であり,基本的な仕様としては大きく変化していない。これが結果的にバランスの悪さの解消に繋がらなかったことから,ビーム・キャノンの標準搭載に舵を切ったのである。
 このため,搭載されたのが後のRX-77-4型と同型のビーム・キャノンなのである。このビーム・キャノンは,RX-77-4の標準装備ではあるが,これは結果的にそうなったのであって,実際には77-3型のビーム・キャノン搭載機が77-4型に改装されているのである。

 また,このビーム・キャノン搭載という記述が勘違いされ,240mmキャノン装備の機体に,ビーム・キャノンが装備されているかのような記述が目立っており,注意が必要である。
 これは,RX-77-3のビーム・キャノン搭載状態の画稿が,「Ζガンダムを10倍楽しむ本」など,限られた資料にしか存在しないため,これを見たことの無いひとが,240mmをビーム砲と勘違いしたことから起こっていると思われる。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・Z]


最終更新時間:2015年01月17日 17時30分56秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注