トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-77-2〕ガンキャノン(後期型)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガンキャノン(後期型)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RX-75
兵器区分プロトタイプ砲撃戦用モビルスーツ
所属地球連邦軍
パイロットカイ・シデン
製作データ
デザイナー模型作例(製作:MONGOO-rider)
初出作品MSメカニクス機V作戦〜
参考文献電撃HobbyMagazine 2000/05

 スペック

項目内容
全高18.1m
頭頂高17.5m
本体重量Unknown
乾燥重量51.0t
全備重量70.0t
ジェネレータ出力1380kw
スラスタ総推力51800kg
センサー有効半径6000m
180度転回時間2.0s
装甲材質ルナ・チタニウム合金(ガンダリウム合金)
開発地球連邦軍ジャブロー工廠

※数値データは,実機を想定したもの。

開発経緯

開発経緯
0078.03試作MS開発を目的とした「RX計画」,極秘裏に発動
0078.03RTX-44完成
0079.01.03一年戦争勃発
0079.04.01MS開発による総合的な戦力増強計画「V作戦」発動,MS開発が最優先事項となる
0079.06RX-77-1完成
0079.07エネルギーCAP技術によりMSが携行可能な小型ビーム兵器の開発に成功
0079.07RX-77-2(RX-77-1にエネルギーCAP技術をフィードバックしたもの)完成
0079.08RXシリーズ,サイド7において最終テスト開始
0079.09.18サイド7の1バンチをジオン軍が強襲
0079.12.01ジャブローにて,WB部隊に後期型が2機配備[1]
0079.12.31RX-77-2,ア・バオア・クー攻防戦にて大破

 武装

キャノン砲

ビーム・ライフル

 概要

 砲撃戦用MSとして開発された「RX-77-2ガンキャノン」は,近接戦闘用MSの支援機として大きな成功をおさめた。しかし,開発当時の宇宙空間における姿勢制御技術が不完全だったため,両肩のキャノン砲発射時の強烈なインパクトを完全に打ち消すことができず,初期型においては宇宙空間での運用は困難であった。そのため,「RX-77-2」の好機生産型では宇宙空間への適正化を主眼に改良が施されることになった。機体各所には多数の姿勢制御バーニアが設けられ,キャノン砲発射時の問題も各部を噴射することで解決したのである。この後期生産型は少数ながらも実戦配備も行われ,「星一号作戦」でRGM-79ジムの支援機としても活躍している。

 引用


 備考

 電撃HobbyMagazine 2000年5月号の特集ページ「MSメカニクス機V作戦〜」の作例。
 特集自体が,戦争博物館での立体展示(レプリカ)を紹介するという体裁で行われているものの,解説そのものは,実機について行われている。
 この特集は,同一機であっても各シリーズラインナップごとのディテールなどの違いを,実機仕様の違いと解釈して解釈したもので,それぞれ独自の解釈が行われており,機体解説などにも特徴が見られる。
 設定的には,劇中の機体そのものであるが,特集の扱いを考慮し,模型作例枠としている。
 本機は,1/144HGUCシリーズのキットを利用した作例で,機体各部にバーニアを追加している。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・DHM誌]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年06月16日 23時11分31秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]同じ特集内であるが,前期型の記述と矛盾している