トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-77〕ガンキャノン(EVOLVE../15版)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガンキャノン

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RX-77
兵器区分中距離支援型試作モビルスーツ
所属地球連邦軍
パイロットカイ・シデン(推定)
ハヤト・コバヤシ(推定)
製作データ
デザイナーヒラメ,KTG,OSD[1]
初出作品GUNDAM EVOLVE../15
参考文献GUNDAM EVOLVE../Α ライナーノーツ

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高17.5m
本体重量51.0t
全備重量70.0t
ジェネレータ出力1380kw
スラスタ総推力51800kg
センサー有効半径6000m
装甲材質ルナ・チタニウム合金

※スペックは機動戦士ガンダム劇中機のもの[2]

 武装

ビームライフル

キャノン砲

 概要

 RX-77《ガンキャノン》地球連邦軍のMS開発運用計画「V作戦」によって開発された連邦軍初の二足歩行型のMSである。
 主任務を中距離支援に限定して開発されているため,RX-78よりも強力なビームライフルと両肩の240mmキャノンによってRX-78を後方から支援する。そのため,ビームライフルは,精密照準の可能な精度のたかいXBR-L型が採用され,両肩の240mmキャノン砲は,多種多様な弾頭を発射可能なものとなっていた。
 RX-78が前線での白兵戦まで視野に入れた設計であったのに対して,本機は中間距離での支援砲撃がメインであり,格闘戦はほぼ行わないことが想定されていたため,シールドが撤廃されている。これは,本機が中間距離における流れ弾による被弾が最大の破損原因になると考えられたためで,運動性の低下が想定されてはいたが,装甲を強化することで機体のこれを防ごうと考えられたためである。

 本機は,初期試作型としてRX-77-1が建造された後に先行型仕様がRX-77-2として生産されている。
 当初計画では,サイド7で実機2機,予備機1機(これはパーツ状態での搬入)が実働試験を行い,その後,77タイプは各々2機ずつがペガサス級に配備される予定だった。
 しかし,ザクの急襲によって2機が失われ,RX-77型は4機(あるいは5機[3])を残すのみとなった。
 当時の資料ではこのうち実戦参加したRX-77-2型は3機のみだったとされていたが,その後の各種資料の発見によって,この数を上回るRX-77-2型が確認されている。これは,ホワイトベースに配備された機体の戦果が評価に値するものであったため,初期の余剰パーツを連邦軍本部南米ジャブローで組み立てられ,少数が実戦配備されたものである。
 また,同時に簡易設計の量産型がD型として生産されており,後継としてプランニングされた重装型(RX-77-3)やガンキャノン供RX-77-4)などの存在を含め,比較的成功した機体といえるだろう。

 引用

ライナーノーツ

 ガンダムと共に開発された地球連邦軍の中距離支援型試作モビルスーツ。「../15」では,ガンダムのパッケージングに合わせたデザインアレンジが施されている。

 備考

 OVAとしてGUNDAM EVOLVE../Αに収録された「GUNDAM EVOLVE../15」に登場した機体。
 物語は,機動戦士ガンダム本編「ニュータイプ シャリア・ブル」をモチーフとした短編であるが,劇中に登場する機体は,全て新たにデザインが起こされている。
 連邦側(ホワイトベース)の機体は,直線を中心とした平面が複雑に交差する面構成となっており,ジオン側のブラウ・ブロの有機的デザインとは大きな違いとなっている。
 なお,デザインは様々なグラフィック系デザイナーなどが参加しており,ほとんどが明かされていない。(一部資料で,イニシャルトークという形で語られている。)

 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・EVOLVE]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年10月16日 05時04分30秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]備考参照
  • [2]データはMS大全集2015のもの