トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-75〕ガンタンク(デザートカラー)の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔RX-75〕ガンタンク]]
!!!ガンタンク・デザートカラー
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,RX-75
,兵器区分,試作長距離支援モビルスーツ
,所属,地球連邦軍
,パイロット,連邦兵
,パイロット,-
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,コンセプトワーク:安彦良和{{br}}デザイン:大河原邦男{{br}}カラーアレンジ:不明
,デザイナー,コンセプトワーク:安彦良和{{br}}デザイン:大河原邦男
,初出作品,TECH ROID ガンタンク
,参考文献,
!!スペック
,項目,内容
,全高,15.6m
,頭頂高,15.0m
,本体重量,56.0t
,全備重量,80.0t
,ジェネレータ出力,878kw
,スラスタ推力,88000kg
,センサ有効半径,6000m
,装甲材質,ルナチタニウム合金
※スペックは通常型のガンタンクのもの。
!!武装
!40mm 4連装ボッブミサイルランチャー(40mm 4連ガンランチャー)
 この機体は,開発途上で対MS戦闘への対応が求められたため,近接戦闘時の対応策として,別の兵器の固定兵装として開発されていた武装を腕部に組み込んでいる。給弾機構も腕部に内装されているため,肘関節の可動範囲が狭く,マニピュレーターとしてはほとんど機能しない。
!120mm低反動キャノン
 信頼性の高い既存の技術を盛り込んだ長射程の実体弾を高精度で射出する。この武装はビームライフルの開発が実践投入に間に合わなかった場合の善後策として採用されたものだったが,誘導兵器が使用できない状況下において,特に地上戦では威力を発揮した。
//!180 mm キャノン砲 x2 (30発)
!!概要
 RX-75《ガンタンク》は,地球連邦軍が開発したモビルスーツで,V作戦において最も初期に製造された試作機である。実際の機体は,連邦軍が次世代のAFVとして開発していた車両を素体として設計されている。
 ガンタンクは,地球連邦軍のモビルスーツ開発において,極めて重要な役割を果たした機体である。モビルスーツという全く新たなカテゴリの兵器に対して,地球連邦軍(もしくは,連邦軍に各種兵装を提供する企業)は,これを開発するためのノウハウを持っていなかった。
 このため,様々な新機構・新技術を導入する必要があり,これらを一気に搭載した機体を開発した場合,不具合があってもその要員の特定に時間がかかる可能性があった。このため,元々「対モビルスーツ戦闘車両」として計画が進められていたRTX-44をベースに「モビルスーツとしての機構を採り入れていった機体」として開発が進められたものである。
 また,ガンタンクには当初から「長距離支援」という役割が与えられており,このため特に脚部の開発については重要視されておらず,この部分の開発はRX-77とRX-78に割り振られたものである。
 RX-75《ガンタンク》は,一年戦争において地球連邦軍が実働したモビルスーツ開発計画「V作戦」において,最も初期に開発された試作モビルスーツである。
 本機の開発については,モビルスーツという全く未知の機動兵器の開発に於いて,様々な技術蓄積を行うにあたり,既存兵器の延長線上に位置づけられる機体として開発が進められたものである。
 一説に依れば,V作戦では当初からMBT型のモビルスーツと二足歩行型モビルスーツを開発する意図があったともいわれるが,厳密に言えばこれは誤りであり,同時進行で複数のプランが実施されたものの,実際にはそれぞれがフィードバックされており,ガンタンクが先行したことで,二足歩行機に関しても技術的目処が立ったといったほうが正しいのである。(ただし,本機のベースとなったのは次世代型AFV機であるが,二足歩行機のベースとなったのは,RRf-05《ザニー》と実験機であるRXM-1であるという明確な違いはある。)

 本機は,ホワイトベースに配備された機体と同仕様の機体であるが,運用状況が異なるもので,砂漠戦に用いられたとされる機体である。
 このため,そのカラーリングは砂漠戦に適したものとなっている。
 ガンタンクの開発ベースとなったのは,61式に継ぐ形で開発が進められていた次世代型MBTのプランである。モビルスーツの開発とその実戦投入が噂されるようになると,対モビルスーツ用重戦車として再プランニングされ,RTX-44として制式に認可され,さらにコア・ブロックおよびモビルスーツ技術の導入によって全面的に再設計が行われ,その原型となった。
 その後,数回の改装を経てRX-75として制式採用されると,当初は先行量産型として4機が建造されている。1号機はジャブローに残され,さらなる研究に用いられることとなった(なお,1号機は原型機の改装と思われ,コア・ブロックは搭載されていない)が,2〜4号機はサイド7へと輸送され,実用評価試験に回されることとなったが,公国軍部隊の強襲によって3号機を除く2機は損失している。
 残存した3号機は,ホワイトベースに搭載され,実戦運用されているが,ジャブローへと到達するまでに幾度かの改装を受けている。その中でも最大の変更点は,コア・ブロックの機能を廃止し,頭部コクピットから全ての操作が可能な形への変更であろう。

 最終的に7機が建造されたRX-75であるが,その後,機構の単純化と生産設備の流用の形で若干数が量産配備されている。(この機体を俗に量産型ガンタンクというが,型式の上ではRX-75と同じであり,事実上,仕様替えとしての位置づけであった。)
 一方で,本格的な量産を目指したプランとして,本体をMBT寄りにリファインしたRMV-1《ガンタンク供佞盞造されている。こちらは比較的良好な性能と評価を得ており,「RMVシリーズ」として若干数が生産されているが,これは生産のための時間が足りなかったためであえり,仮に一年戦争が長期化した場合,拠点防衛・遠距離支援用車輌として,RMVシリーズは更に増産されていた可能性は高いと言われている。
!!引用

!!備考
 ラジコンガンタンクのオリジナルカラーのひとつ。
 バンダイから発売されたラジコンガンタンクのオリジナルカラー。
 大河原氏によるカラーデザイン稿が存在する。
!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
*だっちん
----
{{category MS/MA・R}}
{{category モビルスーツ・玩具}}
{{category モビルスーツ・その他}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。