トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-178-X0〕プロトタイプ・ガンダムMk-

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

プロトタイプ・ガンダムMk-
ガンダムMk-胸邵0号機
ガンダムMk-競廛蹈肇織ぅ0号機
ガンダム試作0号機

  • [MS]

データ

機体データ
型式番号RX-178-X0
兵器区分汎用試作型モビルスーツ
所属ティターンズ
パイロットゼロ・ムラサメ
製作データ
デザイナー不明
初出作品機動戦士ガンダム〜ギレンの野望 ジオンの系譜
参考文献GUNDAM WAR ほか



 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

試作ビームサーベル x 2

試作ビームライフル x 1

 概要

 RX-178-X0《プロトタイプ・ガンダムMk-供佞蓮ぅ謄ターンズがフラッグシップモビルスーツとして開発を進めたRX-178《ガンダムMk-供佞離廛蹈肇織ぅ廚冒蠹する機体である。
 とはいうものの,開発当初はそのような趣はなく,一年戦争において驚異的な戦果を挙げたRX-78《ガンダム》の純然たる後継機として開発が進められたに過ぎない機体である。

 開発に至っては,コストを度外視し,極限までその性能を追求している点が最大の特徴となっている。このため,当時としては怪物的とまでいえるスペックを有しており,既に第2世代機の標準的な性能すら凌駕していたと言われる。(ただし,ガンダムMk-兇任睫簑蟷襪気譴討い秦甲材質の問題は改善できていなかったようである。)
 特に,特にガンダム開発計画によって開発された新技術は(歴史上から抹殺され,アナハイムですら利用できないようになったが)積極的に取り入れられており,ティターンズという組織故の機体であったともいうことができる。

 武装は,専用のビームライフルとビームサーベルのみだが,ライフルは威力重視の設計のためマゼラン級戦艦の主砲に匹敵する出力を誇る。だが,このライフルは出力の反面安定せず,命中精度の低いものになってしまっている。そのため,実際のRX-178ではライフルに出力セレクタが設置されるようになったのである。

 こうしたずば抜けた性能は,当時の考えられる最高技術を投入しているためということができるが,その反面,ある意味でパイロットの安全を完全に無視している。特に,操作性は劣悪であり,ティターンズのパイロットですら扱うことが不可能だったとも言われている。そのため,本機のパイロットとして,ムラサメ研究所の強化人間,ゼロ・ムラサメが当てられているのである。
 なお,蛇足ながら,度外視されたコスト面であるが,一説によると,本機1機でペガサス級強襲揚陸艇が数隻建造できたと言われるほどだったという。

 引用

GUNDAM WAR ギレンの野望編 ティターンズ U-76

 RX-178の試作段階で,ゼロ・ムラサメの機体として作られたプロトタイプ。驚異的な攻撃力と運動性能を誇る。ただし,機体の存在自体を虚言とする説もあり,その真偽は定かではない。

 備考

機体名について

 設定上と各種作品での登場時の名称が複数存在するややこしい機体である。
 確認できるだけでも,「プロトタイプ・ガンダムMk-供廖ぁ屮ンダムMk-胸邵0号機」,「ガンダムMk-競廛蹈肇織ぅ0号機」,「ガンダム試作0号機」,「ガンダムMk-胸邵郤存概 廚藩諭垢雰舛蚤減澆靴討い襦
 項目名は,現在最も目にしやすい「プロトタイプ・ガンダムMk-供廚播佻燭靴討い襪,索引ではこれらから検索可能とする予定である。

機体考察(ギムG)

 「ガンダムMk-供廚フラッグシップMSとしてある程度喧伝される態勢にあったにも関わらず(反地球連邦政府連邦組織「エゥーゴ」が早期に「ガンダムMk-供廚両霾鵑鯆呂鵑任い燭里發海琉戮任△襦法同機に関しては確度の高い情報がほとんどなく、存在そのものが疑問視される事も少なくない。
 むしろ、GPシリーズ同様“封印”されたかのような印象すら受ける。

 その理由としては二つが推測される。
 一つは、A.E.の[ガーベラ]との関連だ。
 0号機は開発経緯から推察するに、「ジム・クウェル」をベースに[ガーベラ]を参考にして開発された機体である(それは専用シールドの形状や脹脛部スラスターにも見て取れる)。
 しかし地球至上主義を掲げる「ティターンズ」の方針として、新「ガンダム」の完成は純粋に地球連邦軍の技術で達成されなければならなかった。
 ジオン公国軍系の技術導入があったA.E.のGPシリーズとの関連があってはならなかったのである。
 この事がどの時点で露見し問題化したのか、詳しい経緯は知りようもないが、A.E.との関連を断つ為に、段階としての0号機は切り捨てられたと見る事はできよう。

 もう一つは、0号機は操縦性が劣悪で、エリートたる「ティターンズ」自身にも扱えない機体だったためだ。そのような機体を産み出してしまった事は、「ティターンズ」にとっても地球連邦軍にとっても汚点となるものであり、外部に漏れるのを防ぐべく0号機は早期に封印される事になったと考えられる。
 図らずも0号機は、GPシリーズと同じ命運を辿る事となってしまったという訳だ。

 もちろん次期フラッグシップ・ガンダム開発計画「Mk-競廛蹈献Дト」は更に強硬に推し進められる事となり、0号機を大幅にデチューンする形でRX-178が開発される事となった。
 また、火力・機動力に偏向していた0号機の反省から、運動性の向上、つまりムーバブル・フレームの完成度に焦点が移ったようである。
 「ガンダムMk-供廚“失敗作”“旧型機”呼ばわりされるのは、このムーバブル・フレームの完成度が所期の目標に達していなかった点が一要因となっている。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・ギレンの野望]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年04月05日 20時29分45秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注