トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-178〕ガンダムMk-供2号機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガンダムMk- (クワトロ・バジーナ使用機/2号機)

  • [MS]

データ

機体データ
型式番号RX-178
兵器区分汎用試作型MS
所属ティターンズ→エゥーゴ
パイロットカクリコン・カクーラー(ティターンズ時)
クワトロ・バジーナ
ジャック・ベアード
アスナ・エルマリート
製作データ
デザイナーベースラフ:永野護
ベースデザイン:大河原邦男,永野護,藤田一己
クリーンナップ:藤田一己
初出作品機動戦士Ζガンダム(ティターンズカラー初出)
GUNDAM EVOLVE 2
機動戦士ガンダムEcole du Ciel
参考文献MS大全集2003
GUNDAM WAR
プラモデルインストラクション
GUNDAM EVOLVE
機動戦士ガンダムEcole du Ciel

スペック

項目内容
全高19.6m
頭頂高18.5m
本体重量33.4t
全備重量54.1t
ジェネレータ出力1930kW
スラスタ推力20300 kg x 4
スラスタ総推力81200Kg
姿勢制御用バーニア10基
センサ有効半径11300m
装甲材質チタン合金/セラミック複合材

※データは,通常スペックワークとして表記される3号機のもの



 武装

ビームライフル

 エネルギーバックを使用しているため,本体からのエネルギー供給は行われていない。"武器"として独立した機能を持つ装備であり,モード変更なども,MSのマニピュレーターによって操作する。1パックのエネルギー消費は,射撃の回数やビームの威力によって変動する。

ビームサーベル

 バーニアスラスターユニットと一体化している専用武装で,装着されている状態でエネルギーを充填することができる。また,本体に小型のジェネレータを内蔵しており,他の機体と比較して最大出力で長時間の使用が可能となっている。

ハイパーバズーカ

 実体弾を射出する装備。マガジンはカートリッジ式となっており,Mk-兇竜格に併せて複数のマガジンを携行できるようになっている。炸薬の威力はRX-78のものとほぼ同程度だが,近接戦闘においては砲身を打突に転用することも可能。

バルカンポッド

 RX-78の頭部に内蔵されていたバルカン砲は,RX-178ではオプションとして外付けされている。弾体はカートレスなので排莢は不要。銃口は左側に2門あり,弾体は右側のマガジン(バランサーを兼ねている)から供給される。

シールド

 表面にアンチビームコーティングが施され,全長を短縮できるよう設計されている。
 打突兵器としても使用可能で,ビームライフル用の予備のエネルギーパックを2基装着できるなど,単なる楯と言うより機能面でも優れた物になっている。

 概要

 RX-178ガンダムMk-兇蓮ぅ謄ターンズがフラッグシップMSとして開発した機体である。その基本的な設計指針を一年戦争の名機「RX-78ガンダム」に置き,これに宇宙世紀0085年代の新技術を投入した形で再設計された機体で,その名が示すとおり「ガンダム」の正当な後継機である。(開発主任は,フランクリン・ビダン大尉。)
 開発には,連邦系技術のみを用いたとも言われ,当時の開発指針から言えば主流から外れた機体であるといえるだろう。だが,それ故に独自の発展をなした機体であるともいえ,実際,本機が導入した「ムーバブル・フレーム」は,モビルスーツの根幹をなす技術として,後のMS開発に大きな影響を与える物となった。
 その一方で,公国軍系技術導入によって解決した問題を独自技術の開発によって解決する必要などが生じ,結果的にトータルとしての完成度は低いという判断が下され,開発は中止となってしまっている。
 Mk-兇不遇だったのは,他の量産型MSが既に工業製品として一定のレベルに達していたのに対して,Mk-兇呂△まで実験機レベルの機体であったということなのだろう。つまり,不幸にも「工業製品としてのレベル」までもがかつてのRX-78と同じレベルの機体だったのである。

 この機体はその後エゥーゴによって奪取され,エゥーゴの機体として運用されることとなる。エゥーゴでは「次世代MSのベースとしての可能性」をガンダムMk-兇妨いだし,実機の運用とともに,各種性能試験などを行うこととなったのである。
 3号機が鹵獲運用機として強襲機動巡洋艦アーガマに配備され,1号機は様々なデータ収集のためと,3号機の急場を凌ぐための予備パーツとして分解された。
 本機,2号機は当初分解される予定だったが,アーガマのMSが一時的に損失した状態であったことから,クワトロ・バジーナ大尉が運用し,模擬戦闘などに用いられたことがアーガマのメインメカニックであったアストナージ・メドッソ技術官の残した記録フィルムから明らかになった。(このフィルムは,第2次ネオ・ジオン戦争において,ラー・カイラムが被弾した際に戦死したアストナージの遺品から発見されている[1]。)
 この際に,本体は3号機同様のホワイトカラーに塗装されていながら,両肩部のみティターンズカラーが残っている状態となった。

 その後2号機は,アーガマのアンマン到着後,アナハイム・エレクトロニクスに引き渡され,アナハイムスタッフによる検証が行われている。この際にテストパイロットとして本機に搭乗したのが,アスナ・エルマリート,ジャック・ベアードらである。
 なお,2号機に関しては,通説では各種検証試験終了後に分解されたとされるが,一説ではコロニーレーザーを巡る戦いでコロニーレーザーによってガンダムMk-兇消失した[2]ため,その代替機として第1次ネオ・ジオン戦争時にアーガマに再配備された可能性も存在する。

 なお,開発経緯等の詳細については,3号機の項を参照のこと。

 引用


 備考

 ガンダムMk-兇,当初3機フィルム上に登場したことはΖガンダム劇中からも明らかであるが,この3機の顛末に関しては,詳細はフィルム上で確認するのは難しい。
 というのも,劇中5話での分解シーンでは,3号機の塗装変更,1機は完全分解,1機は腕部取り外し状態で登場し,第6話でも腕部が外れた状態の機体はそのまま登場しているのである。第6話「地球圏ヘ」以降,第8話「月の裏側」でアンマンに到着するまでの間,サイド1へも足を伸ばしていることから,この期間でカミーユが搭乗した腕のない2号機は再び運用状態に復元された(=腕部を再度取り付けられた)と考えられる。

 GUNDAM EVOLVE2および,../12は,アンマンでの百式受領直前と直後を描いた作品であるため,これらを考慮すると,ガンダムMk-2号機は,「軍属となったカミーユがガンダムMk-供3号機)のパイロットとなったことから,乗機を失ったクワトロのために急遽用意された機体」であると考慮するのが妥当だろう。
 また,肩のカラー違いは,ティターンズカラー時は,暗色に白のナンバリングであり把握しやすかったものが,白色を基調としたカラーリングに変更となり,視認しにくくなったことからの視認用の区別と考えられる。

 このように考慮すると,エコール・デュ・シエルで登場した機体が,2号機であるという前提で立証しやすくなり,かつ,劇場版ΖガンダムでMk-兇失われた状況であるが,仮に新訳ガンダムΖΖが制作され,そこにMk-兇登場したとしてもつじつまは合わせられる。
 なお,これらの材料から,概要を再編集する可能性も否定できない。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・Z]
[モビルスーツ・EVOLVE]


最終更新時間:2016年06月13日 21時45分00秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]…という,設定となっているのが,GUNDAM EVOLVE2とGUNDAM EVOLVE../12なのだ。
  • [2]劇場版では,ガンダムMk-兇魯灰蹈法璽譟璽供爾砲茲辰鴇端困靴討い襦