トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-178〕ガンダムMk-供淵謄ターンズ仕様)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガンダムMk- [ティターンズ仕様]

  • [MS]

データ

機体データ
型式番号RX-178
兵器区分汎用試作型MS
所属ティターンズ
パイロットカクリコン・カクーラー(2号機)
エマ・シーン(1号機)
ジェリド・メサ(3号機)
製作データ
デザイナーベースラフ:永野護
ベースデザイン:大河原邦男,永野護,藤田一己
クリーンナップ:藤田一己
初出作品機動戦士Zガンダム
参考文献MS大全集2003
GUNDAM WAR
1/100 インストラクション
1/100 インストラクション
1/100 MG インストラクション
MIAデータシート
Gジェネレーションポータブル

スペック

項目内容
全高19.6m
全高18.6m(※1)
全高18.5m(※2)
頭頂高18.5m
本体重量33.4t
全備重量54.1t
ジェネレータ出力1930kW
質量比1.44
スラスタ推力20300 kg x 4
スラスタ総推力81200Kg
移動用ロケット推力2030kg(※1,※2)
姿勢制御用バーニア10基
センサ有効半径11300m
装甲材質チタン合金/セラミック複合材
黒歴史コード05-8373034

※1:1/144 ガンダムMk-競ぅ鵐好肇薀ション
※2:1/100 ガンダムMk-競ぅ鵐好肇薀ション / EMIAデータシート



 各部解説

頭部

 RX-178の頭部構造は,原型機であるRX-78の構造を踏襲している。また,各光学端末も基本的にはRX-78とほぼ同じ同等品で,年次更新で機能向上したものである。しかし,機体構造の変化,特にムーバブル・フレームの採用によって,これを統合管理するシステムが必要となっており,コクピット周りのメインコンピュータを補佐するコンピュータが配置されているのが特徴となっている。この結果,頭部構造にスペース的余裕がなくなっており,従来搭載されていた60mmバルカン砲はオプション装備として搭載を見送られたが,結果的にバランスの取れた構造体となった。
 このコ・プロセッサーは,ムーバブル・フレームの稼働に対応した設計となっているが,頭部の各種センサ類の統合も補佐しており,360度モニターへの情報伝達機能も有している。と同時に,メインコンピュータからフィードバックされる各種情報をもとにムーバブル・フレームからはフローテイングして装着されている装甲のコンディションモニターや火器管制なども行っている。この機能は,結果的にバルカンポッドの制御などにも都合が良く,このコンセプトは後のバーザムなどの量産機にも採用されている。

コクピット

 RX-178のコクピットは,後に連邦製MSのほとんどに標準装備されるコクピットと同等の構造,機能を持っている。また,360°全天周囲モニターシステムとリニアシートを内蔵した脱出ポッドとしても機能する。
 RX-178のコクピットは,一年戦争末期に提案された球形コクピットのコンセプトを継承し,リニアシートなどの搭載によって,更なる機能強化と"居住性の改善"が施されている。実際には,ハイザックのコクピットの改良型だが,以後の機体の標準装備となる規格品のコクピットブロックと基本的な機能はほとんど同じである。非常時には爆裂ボルトを作動させ,コクピットブロックそのものを脱出ポッドとして射出することも可能。また,規格に適合するノーマルスーツを着用していれば,シートベルトは必要ない。

バックパック

 RX-178のバックパックは,構造のほぼすべてがバーニアスラスターを稼働させるためのユニットとなっている。このため,この機体の機動性を支える不可決の装備であるともいえる。背面との接合部は構造的に換装も不可能ではないが,規格化されたものではなかったため,実際にそのような装備が開発されることはなかった。(ただし,その後のRGM-86Rへの改装型の採用などに際し,基本的には換装なども視野に入ったものに変更されたとみて間違いでは無いだろう。実際,FXA-05Dとの接合は,バックパックのハードポイントを介して行われるが,これは,純粋にアナハイム・エレクトロニクスによる開発であるため,バックパックそのものが換装された可能性も否定できないのである。)

腰部

 RX-178の腰部は構造的に武装やオプションなどのハンガーとしても機能している。これは,MSも人体も,腰部が全身の質量分布の中心点であり,可動の際にもっともその位置が安定しているためである。関発当初よりMSが腰部に装備を携えるのは,拳銃のホルスターなどと同様の発想によるものであるということができるだろう。

脚部

 RX-178の脚部は,全身と連動するバランスのフィードバックや空間戦闘における機動性の確保には不可欠な部位であり,この機体の"人体を模した"運動性能の根本を支える非常に重要なポイントである。

 RX-178の脚部は,基本的にRX-78と同程度の可動ポイントを持っているが,装甲材の改善や戦闘のノウハウの蓄積によって構造自体がかなり異なっているように見受けられる。もっとも大きな差異は主に可動部分の露出度の高さだが,これは実はビーム兵器の普及に伴って採られた措置なのである。対MS戦闘においてビーム兵器を完全に無効化することは困難であり,その防御のため一年戦争時に投入されたMSは可能な限り可動部分を露出しないように設計されていたが,過剰な装甲の配置は,機体の機動性と運動性を著しく低下させる。当然,最大可動のためのクリアランスは確保されていたが,それもビーム兵器の直撃を受ければほとんど無意味な物であることが戦闘データから明らかとなった。
 そこで提案されたのが,どのみちビーム兵器の直撃を受ければ損壊してしまうなら,機体を軽量化することによって運動性と機動性を向上させ,致命的な損壊を回避する確率を向上させた方が望ましいという考え方である。
 RX-178は,まさにそのような考え方で設計されており,脚部には無駄な装備や過剰な装甲はほとんどない。RX-78は足底にもバーニアが装備されていたが,RX-178は,機体もジェネレータも十分に小形軽量化されていたため必要なかったのである。また,その構造ではフレームそのものに機動用の装備を内装することになるため,ムーバブル・フレーム実用化のテストヘッドとしての機体の性格にそぐわないと判断されたためでもある。

 武装

ハイパーバズーカ

 ガンダムMk-桐僂乏発された実体弾を射出する装備。マガジンはカートリッジ式となっており、Mk-兇竜格に併せて複数のマガジンを携行できるようになっている。炸薬の威力はRX-78のものとほぼ同程度だが近接戦闘においては砲身を打突に転用することも可能。

ビームライフル

 エネルギーパックを使用しているため、本体からのエネルギー供給は行われていない。"武器"として独立した機能を持つ装備であり,モード変更などもMSのマニピュレーターによって操作する。1パックあたりのエネルギー消費は、射撃の回数やビームの威力によって変動する。

シールド

 RX-178のシールドは、表面にアンチビームコーティングが施されており、2〜3度ならビーム砲の直撃も防御することができる。また,全長を短縮できるよう設計されており、打突兵器としても使用可能で、ビーム・ライフル用の予備のエネルギーバックを2基装着できる。

バルカンポッド

 RX-78の頭部に内蔵されていたバルカン砲は,威力はともかく,少ない装弾数が問題だった。それを解消すべく,RX-178ではオプションとして外付けされている。弾体はカートレスなので排莢は不要。銃口は左側に2門あり,弾体は右側のマガジンから供給される。

 概要

 RX-178は,ティターンズが次世代のフラッグシップ機を目指して開発を進めていた機体である。
 その開発には膨大な予算がつぎ込まれていたが,ティターンズ上層部からすれば,この機体も満足のいく機体ではなかったようである。そのため,エゥーゴの本機の強奪を機に,開発は中止されている。

 本機の最大の特徴は,ジオン系の開発技術者を排除し,連邦軍独自の技術のみでの開発が行われている点である。故に,ジオン系にはない特徴的な技術,例えばムーバブルフレームなど,が取り入れられているが,相対的にジオン系MSの持つ高いアベレージには到達していなかった。そのため,メインプランナーとして本機の設計に関わった,フランクリン・ビダンは,本機について欠陥品との判断を下しているが,それはあくまで,UC0087当時の「これから」を予測した上での判断であったと思われる。
 結論から言えば,本機の技術はまだ熟成途中であったのだ。

 このため,フランクリン技師は,「次」の機体の開発に際して,本機のデータを活かすことを前提としたプランニングを行っていたとされる[1]だが,一連の。ガンダムMk-橋奪事件によってフランクリン技師は,命を落としてしまったため,彼が想定していた「ガンダムMk-兇亮 廚蓮だい妨修譴襪海箸呂覆った。
 また,ティターンズも「ガンダムMk-兇世韻良床繊廚砲茲辰董に楜,魴膣抖,箸靴動文紊粒発を中止している。(ただし,得られた技術やノウハウは,量産機にフィードバックされている。)

 だが,皮肉にも本機のもつポテンシャルを見抜き,それを活かしたのは本機を奪取したエゥーゴであった。エゥーゴは,本機を徹底的に解析し,秘められたポテンシャルをオープンにしていった。この結果,欠陥機であるはずの本機は,強力なMSがひしめくこととなる第1次ネオ・ジオン戦争期までも生き残ったのである。

 なお,1〜3号機の詳細については,各該当を参照のこと。特に本機の基本的な開発経緯,運用などについては,3号機を参照のこと。

 引用

GジェネレーションDS

 ティターンズが次期主力MSとしてRX-78ガンダムをベースに開発した機体である。主にコロニー内戦闘を想定して設計された。初めて本格的にムーバブルフレームを採用した機体で,全般的に高い性能を備えている。
 もっとも,装甲材など旧時代の技術が用いられている箇所も少なくない。
 なお,開発者はフランクリン・ビダン。
 カミーユの父親である。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・Z]
[モビルスーツ・ゼータ1/2]


最終更新時間:2013年01月22日 18時10分40秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]Ζワールドより。