トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-124〕ガンダムTR-6[ウーンドウォート](制式採用機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ガンダムTR-6[ウーンドウォート](制式採用機)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RX-124
兵器区分
所属ティターンズ
パイロットエリアルド・ハンター
製作データ
デザイナー藤岡建機
初出作品ADVANCE OF Ζ〜ティターンズの旗のもとに
参考文献

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

ビーム・ライフル

ビーム・サーベル

ブーストポッドバルカン

バルカンポッド

 RX-178で使用された装備の改良型。
 頭部に設置されている。

コンポジット・シールド・ブースター

 TR-1で運用されたシールド・ブースターから発展した複合装備のひとつ。
 ロング・ビーム・ライフル(バレル部がヒート・ブレードとなっている)とシールド,ブースターを兼用した装備で,他にもウインチユニット,Iフィールド発生器などの機能を有する。
 装着するパーツを変更することで他の機能を持たせることも可能で,このユニットそのものもTR-6システムの機能の一環ということができる。

 概要

 RX-124《ガンダムTR-6[ウーンドウォート]》は,RX-121《ガンダムTR-1[ヘイズル]》より試験運用がなされてきたTR(TRIAL)シリーズの集大成となる機体である。
 元々,TRシリーズは,このTR-6という「兵器体系」を実現する為にそれぞれの機能に分化した形でトライアルが行われていた物で,TR-6というコードそのものが,事実上「兵器体系」の構成を示している。(なお,「ウーンドウォーント」とは,基本的にコアユニットであるモビルスーツの名称であり,それを構成する様々な機材・パーツは,従来から開発されてきたパーツ群の発展系となる。)

 基本コンセプトは「可変による全領域戦闘」であり,グリプス戦役当時の可変モビルスーツ(T.M.S.)に求められていた要素を極めてまっとうに反映した機体である。
 TR-6が,従来の可変機と異なる部分は,その高い拡張性であり,既存のモビルスーツとは比較にならない拡張性は,これまで試験されてきたTRシリーズのデータが反映された結果とも言うことできる。
 なお先述した通り,TR-6とは基本的な兵器体系を示すが,その兵器体系のコアとなるのが,本機「ウーンドウォート」である。ウーンドウォートは,ほぼ全てのオプション,強化パーツの換装によって,空間戦闘から大気圏内戦闘まで運用することが可能である。
 なお,蛇足ながら,既存のTRシリーズ機もウーンドウォートの完成に前後してアップデートが行われており,RX-121-2《ガンダムTR-1[ヘイズル・アウスラ]》,ORX-005《ギャプランTR-5[フライルー]》をコアとしたTR-6システムも構築可能となっている。
 こうした構成から言えば,TR-6は,「全ての領域で最強を目指した」機体だということもできる。

ウーンドウォート素体

 ウーンドウォートは,TR-6バリエーション全てのコアとなる素体ガンダムである。
 これまでTRシリーズとしてテストされてきた機体は,既存の機体をベースにその機能拡張を行うことで開発された機体であったが,ウーンドウォートは一から設計された完全な新規開発機である。
 分類的にはT.M.S.となるが,グリプス戦役末期に登場したムーバブル・フレーム・システムによる可変機とは異なり,従来型のドラム・フレームを中心とした可変機であり,機構そのもので言えば,古く枯れた技術を用いているということもできる機体である。

 外観的には(当時としては)極めて小型の機体であり,当時数多く存在した「人型を外した」デザインの機体でもある。特に脚部形状は異質とも言えるほどアンバランスで,メインジェネレーターを搭載した両大腿部は,肥大化した形状であるのに対して,脛部と足首部は極めてシンプルな形状となっている。これは,TR-6システムのコアとして機能させる素体として,シェイプした結果であり,本機が軽装甲・高機動を主眼に置いているためである。

 ウーンドウォートは,腰部ドラムフレームを中心に各部を折りたたみ,バックアーマーのブーストポッドを機首とした宇宙戦闘機型のモビルアーマー形態に変形可能である。この形態でも高い機動性能を持っており,単独での大気圏突入も可能である。(しかしながら,本来の運用は各種強化パーツを装着した状態を前提としていることは言うまでも無い。)

 胴体部は,脱出用ポッドとして採用されたプリムローズ兇任△蝓ぢ召侶疎屬魎泙瓩TR-6構想のメインはプリムローズ兇任△襪箸い辰討皺畍世任呂覆ぁ5佞妨世┐弌ぅΑ璽鵐疋Εートそのものも,プリムローズ兇法ぞ緘梢箸冒蠹するパーツ(実際には,腕部をサブアームユニットにょって構成している)と,下半身に相当する強化ジェネレーターユニットを装着したものであると見なすことすら可能である。

 ウーンドウォートは,単体では実質的には機能しないが,基幹パーツとなるフルドド兇鬟▲瀬廛燭箸靴董ね諭垢並膩織僉璽弔鮴楝海掘け人僂垢襪海箸海修本来の目的であるとも言うことができる。
 機体そのものは,従来のティターンズ系モビルスーツの各種パーツを流用可能な形となっており,それぞれの強化パーツの装着によって,TR-1からTR-5までの機体を再現することが可能なだけではなく,さらにこれを上回る究極の形態すら存在している。
 この点では,モビルスーツの「恐竜的進化」によって様々な新型機が開発された結果,運用における不統一性が生じたティターンズのモビルスーツの統合を目指した機体とも言えるのである。
 なお,ウーンドウォートの構成技術から見ると,ドラム・フレームを基本とした可変フレーム技術で構成されており,当時の第2世代モビルスーツの要件を満たしているとは言い難いものとなっている。無論,エゥーゴ側が投入し,ティターンズでも採用されたムーバブル・フレーム技術導入による第3世代モビルスーツとも言い難い機体である。しかしながら,発思想の方向性はこれに近く,このウーンドウォーントをコアとしたTR-6構想は,言わば後の第4世代機と同じコンセプトでもあると言えるだろう。

運用

 TR-6システムは,実際に,宇宙・地上・空中問わずどの現存機よりも高いスペックを実現しており,この点はコンペイトウ開発局の上層部からの「最強のガンダムを開発せよ」という要請に対する答えとしては,十分な解答であると言うことができる。
 しかしながら,この「答え」を導き出す為には,採算など幾つかの要素を度外視したという実情もある。(なお,この点ではティターンズが他に開発を行っていた「最強を目指した」機体群と大きく変わる部分はない。異なるのは,その為に費やしたコストや時間の桁が異なっている部分である。)

 完成した機体は,極めて「最強に近い」ものとなっており,実戦投入時には牽制攻撃で多数の機体,艦艇を撃破するほどのものであった。
 しかし,ティターンズの劣勢(事実上,敗北が決定した状況)下で,こうした機体を投入することは戦線の泥沼化と,多数の死傷者を生じさせることは確定的であったため,アスワン艦長オットー・ペデルセン(及びT3部隊隊長ウェス・マーフィー)によって,実戦に投入したように見せかけて破壊するという判断が下されている。
 その後,パイロットであるエリアルド・ハンターによってエゥーゴのメールシュトローム作戦中にエゥーゴに参画していたガブリエル・ゾラの協力を得て,破壊されている。

 なお,この際のウーンドウォートは,ロールアウト直後の状況下であり,時間も無かったことから,制式採用後のいわゆるティターンズ・カラーへの塗装替えは行われていない。このティターンズ・ブルーで彩られた機体は,実際に運用されることなく幻と終わったものである。
 しかし,後に火星でこのカラーリングの機体が確認されたとも言われており,これがレジオンに譲渡されたとされている。

 引用


 備考

 正直な所,どの様に分類した方がいいのか,確定が出来ない状況である(苦笑
 余りにもバリエーションが多いのと,また,余りにもその名称の変更が多いためである。現状,いくつかの項目分けが行われているが,変更される可能性も高いことを触れておく。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・AOZ]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2015年11月25日 17時41分40秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注