トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-121-3C〕ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ・ラー]の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔RX-121-3C〕ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]]]
!!!ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ・ラー]
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,RX-121-3C
,兵器区分,-
,兵器区分,
,所属,ティターンズ
,パイロット,-
,パイロット,
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,藤岡建機
,初出作品,[[ADVANCE OF Ζ〜ティターンズの旗のもとに]]
,参考文献,-

,参考文献,
!!スペック
,項目,内容
,全高,UN
,頭頂高,UN
,本体重量,UN
,全備重量,UN
,ジェネレータ出力,UN
,スラスタ推力,UN

,全高,Unknown
,頭頂高,Unknown
,本体重量,Unknown
,全備重量,Unknown
,ジェネレータ出力,Unknown
,スラスタ推力,Unknown
!!武装

!!概要
[ヘイズル]に「TR-6」で得られたノウハウをフィード・バックした最終強化形態。
[ヘイズル]の上半身が「TR-6ガブスレイ形態」に換装されており,これによって[ヘイズル]に使用されていたジム・クウェルのパーツがほぼなくなる。
[ヘイズル・アウスラ]のプリムローズと[ウーンドウォート]の上半身が同一規格であるため可能な換装形態。
 RX-121-3C《ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]》は,[ヘイズル]に「TR-6」で得られたノウハウをフィード・バックしたTR-1の最終強化形態とも言うべき形態である。
 TR-6システムのコアとしても運用可能な形に再設計されており,機体自体もほぼ新造機といってもいいほどの大改装が施されている。
 特に上半身は,[ウーンドウォート]高速戦闘形態(ハイゼンスレイ供砲離僉璽弔そのまま用いられるため,頭部から胸部,肩まわりの形状が[ヘイズル]とは大きく異なることとなった。これは,[ヘイズル・アウスラ]のプリムローズと[ウーンドウォート]の上半身が同一規格であるため可能な換装形態である。
 これにより[ヘイズル]に残っていたジム・クゥエルのパーツは,ほぼ全て新造された強化パーツへとすげ替えられることになり,脚部等限定されたものとなった。

 これにより,TR-1としては,TR-6[ハイゼンスレイ]と共に各形態中最高に近い性能を誇るものとなった。

 本形態は,ハイゼンスレイにフルドド兇2機装着した形態で,TR-1[ヘイズル・ラー]第二形態に相当する。この装備では,TR-1がフルドドを用いていたのに対して,フルドド兇鰺僂い襪燭瓩法ぁ屮魯ぅ璽鵐好譽ぁΕ蕁辞供廚箸睇週される場合もある。
 実際には,従来とは異なり,ハイゼンスレイ・ラーと呼ばれる形態が存在しないため,単に「ハイゼンスレイ・ラー」と表記される場合が多い。
!!引用
!電撃HobbyMagazine 2008/01
TR-1[ハイゼンスレイ]に[フルドド]を2機装着した[ヘイズル・ラー]第二形態に相当する戦闘形態。TR-1シリーズの最終進化形ともいえる戦闘スタイルである。

!電撃HobbyMagazine -?/-?
[ハイゼンスレイ]に[フルドド]のパーツを2機分装着した[ヘイズル]における[ヘイズル・ラー]第二形態に相当する戦闘形態。[ヘイズル]の最終進化形といえる[ハイゼンスレイ]にさらなる強化を施した状態であり,TR-1シリーズ中でも抜群の戦闘力を誇る。さまざまな戦闘形態がテストされたTR-1シリーズであったが,最終的に運用目的が特化した特殊任務でない限りは,このラー形態がもっとも柔軟で多様な任務に対応できるバランスの良い戦闘形態であることが実証されている。

 TR-1[ハイゼンスレイ]に[フルドド]を2機装着した[ヘイズル・ラー]第二形態に相当する戦闘形態。TR-1シリーズの最終進化形ともいえる戦闘スタイルである。
!!備考

!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・R}}
{{category モビルスーツ・AOZ}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。