トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RX-098〕プロトタイプリック・ディアス

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

プロトタイプリック・ディアス / ガンマガンダム

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RX-098
兵器区分攻撃用試作型モビルスーツ
所属エゥーゴ
パイロット不明
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品M-MSV
参考文献GUNDAM WAR
MS大全集 ほか

 スペック

項目内容
頭頂高19.0m
本体重量40.5t
全備重量59.7t
ジェネレータ出力1790kw
スラスタ推力78500kg
センサ有効半径11500m
装甲材質ガンダリウム合金
黒歴史コード04-1993373

 武装

クレイバズーカ

ビームピストル

ハイパービームサーベル

 概要

 RMS-099《リック・ディアス》は,エゥーゴが配備した攻撃型重モビルスーツである。
 その外観から推察可能なように,かつてのジオン公国系技術陣によって開発された機体で,開発を請け負ったアナハイム・エレクトロニクス社では,極秘裏にエゥーゴへの支援を打ちだし,実際にティターンズとの戦端が開くと,リック・ディアスの生産はグリプス戦役終盤まで続けられており,エゥーゴのベテランパイロットやエース級パイロットに優先的に支給されている。

 エゥーゴは,30バンチ事件の後,ティターンズとの武力衝突を想定して,様々な準備を始めている。モビルスーツの開発もその一環であり,ティターンズの量産配備と同等以上の性能を持つ機体の開発は急務となった。
 リック・ディアス最大の特徴が,ガンダリウム系合金の改良型であるガンダリウムγを初めて用いた機体であるという点である。このガンダリウムγは,アクシズで開発され,クワトロ大尉の手によってアナハイムにもたらされた。アナハイムは,ガンダリウムγの製法などを得る見返りにエゥーゴへのモビルスーツ供与を決定したと言われるほどであり,いかにこの装甲材が画期的であったかが分かるだろう。

 複数の試作案が併走する中,完成したリック・ディアスは,RX-78《ガンダム》を始めとする連邦軍系高性能モビルスーツの長所を公国軍系モビルスーツ,MS-09R《リック・ドム》の系譜上にある機体で,一説に依れば,MS-09S《ドワス》がベースであり,根幹部分にはアナハイムが関与しながらも抹消されてしまったRX-78GP02A《ガンダム試作2号機》で得られた技術が活かされているとも言われる。

 開発時には,エゥーゴの指導者であったブレックス准将により,「ガンマガンダム」のコードネームが与えられ,まずプロトタイプの試作が行われた。

 本機,RX-098《プロトタイプリック・ディアス》[1]は,この際にリック・ディアスの試作機として開発された機体である。

 この試作機の時点で,ほぼ機体構成は完了しており,機体各所が整理されていない事を除けば,後の量産機と変わらない機体として完成していたのである。また,ほぼ同時期に,型式が不明ながら「リック・ディアス改」と呼ばれる機体[2]が建造されており,こちらを使用してクワトロ大尉が様々な試験を行っているとされている。(この試験中に,ティターンズが建造したガンダムMk-兇離廛蹈肇織ぅ廚噺鮴錣靴浸から,後にグリーンノアへ情報収集へ向かう事になった物と思われる。)

 プロトタイプリック・ディアスの試験結果は良好で,直ちに量産に移る事となった。まず,量産仕様の機体が設計され,若干数生産される事となった。この際に,各種装甲の整理やアビオニクスの選定,武装のチョイス,搭載スペースの確保等々,様々なブラッシュアップが行われ,極めて少数がロールアウトする事となった。この量産試作機(あるいは先行量産型)は,エゥーゴの実働部隊の指揮を執る事となったクワトロ大尉に与えられ,実用運用とともにデータ収集が行われる事となった。また,バルカンファランクスのカバーや膝部アーマーなど,さらなる整理が行われた機体が,(初期)生産型として生産され,一年戦争の生き残りなどベテランパイロットにまず配備された。(この機体が,初期の黒色の塗装が行われていた機体である[3]。)

 引用

MS大全集

 エゥーゴの技術者がガンダリウム合金を使用して開発した試作MS。当初はガンマガンダムというコードネームを持っていた。

 備考

 MSA-098と表記している資料も存在するが,元々の発表時の型式は,RX-098である。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・M-MSV]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年08月16日 21時04分54秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]なお,「プロトタイプリックディアス」というのが今日の名称であるが,これは明らかに後付けの名称である。実質的には「ガンマガンダム」という名称で試験されていたと考えられ,一部の資料では,同機に「ガンマガンダム」の名を併記している場合もある。また,プロトタイプの型式番号の「RX-098」も明らかに後付けであり,これはエゥーゴが連邦内でのイニシアチブを獲得してから付けられた物だと思われる。
  • [2]この機体は,「(プロトタイプ)リックディアス改」としたほうがいいことは間違いない。時期的に,リックディアスの量産前の機体であり,あくまでテスト機の域を出ていない。名称も後付け的なイメージがあるので,おそらくテスト時には別なコードで呼称されていたのだろう。また,実機は損壊し失われている事から,プロトタイプリック・ディアスと異なり,エゥーゴの連邦掌握後も型式番号を与えられなかった物と思われる。
  • [3]このクワトロ機と初期生産型2機がU.C.0087/02/25〜26頃にアーガマに配備され,この3機によるガンダムMk-橋奪事件が起こるのである。この一連の抗争で,クワトロ機が損壊,失われるのだが,この時点ではリック・ディアスに伴う情報はティターンズに流出させることはまずく,大破したクワトロ機は,その部品のほとんどがアーガマに回収されている。おそらく,装甲材だけではなく,機体アビオニクスも流出させるわけにはいかなかったのだろう。実は,同様の事例がジャブローの風作戦後にもあり,このときはリック・ディアスは,カラバに供与し,百式は必ず持って帰る,ということが条件となっていた。