トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RX・VSh-023F/S-04712〕シールド

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

シールド

  • [武器]

 データ

製作データ
デザイナー河森正治
初出作品機動戦士ガンダム0083
参考文献1/100MG ガンダム試作1号機ゼフィランサス インストラクション
1/100MG ガンダム試作1号機フルバーニアン インストラクション

 スペック

項目内容
制式番号RX・VSh-023F/S-04712
兵器区分シールド
所属地球連邦軍
運用MSRX-78GP01 ガンダム試作1号機
推奨ジェネレータ出力-
口径-
総弾数-
出力-

 概要

 本シールドは,RX-78GP01《ガンダム試作1号機》用に開発された専用装備である。
 ガンダム開発計画において開発が進められたガンダム試作1号機は,次世代の主力モビルスーツ(ガンダム)を開発する計画であり,試作1号機は最もプレーンな機体を開発するというプランであった。
 従って,本装備も標準的なモビルスーツが運用する装備として,最もプレーンなシールドであろうとしたものである。

 一年戦争末期から登場し始めた機能性を重視したタイプのシールドで,標準化が進められつつあったEパックの予備を裏面に装着可能で,一年戦争当時のシールドとは異なり,基本的に前腕部のラッチに装着した状態を標準とするようになっている。
 また,携行や移送時のスペース面の問題や,特に宇宙での運用時にシールドを振り回すことが慣性モーメントに影響するであろうとして伸縮機能が付与されている。
 結果的にガンダム開発計画そのものが記録上から抹消されてしまったため,歴史の表舞台からは消えてしまったのだが,同タイプのシールドとしてRX-178《ガンダムMk-供佞留人僂靴拭RX・M-Sh-VT/S-001」などが登場している。

 引用

1/100MG ガンダム試作1号機フルバーニアン インストラクション

 GP01Fbのシールドは,内側の塗装面にアンチビームコーティングが施されており,2〜3度ならビーム砲の直撃も防御することができるという。また,携行や移送などの場合の配慮として,全長を短縮できるよう設計されており,未使用時の慣性モーメントを軽減できるらしい。

 備考


 関連項目


 編集者


[武器]
[武器・UC]


最終更新時間:2014年12月13日 19時47分46秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注