トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RMS-179〕ジム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ジム供淵謄ターンズ仕様/地球連邦軍仕様)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RMS-179
兵器区分汎用量産型モビルスーツ
所属地球連邦軍,ティターンズ
パイロット連邦兵,ティターンズ兵
製作データ
デザイナーコンセプトデザイン:近藤和久
クリンナップ:藤田一己
初出作品機動戦士Zガンダム
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル ほか

 スペック

項目内容
全高19.1m
全高18.1m[1]
頭頂高18.1m
本体重量40.5t
全備重量58.7t
質量比1.29
ジェネレータ出力1518kW
スラスタ推力15500kg x4
スラスタ総推力62000kg
姿勢制御用バーニア10
センサ有効半径8800m
装甲材質チタン合金セラミックス複合材
乗員1名
黒歴史コード02-6867186

メインカメラ

 サーチスキャン範囲270度。

 武装

60mmバルカン x2

 頭部に設置された機関砲で,対MS戦用兵装としては心許ないが,当たり所によっては敵機を破壊することも可能である。

ビーム・サーベル x1

ビーム・ライフル x1

 連邦軍のモビルスーツが標準的に装備する兵装のひとつ。
 従来のビームスプレーガンと比較すると高出力となっているが,Eパック方式を採用していない旧タイプのライフルであり,また,一年戦争当時に開発され,戦後改修された機体でも運用可能なものとなっているため,きわめて平均的なものとなっている。

 概要

 一般的にジム兇噺討个譴詼楜,蓮い修寮式ナンバーが示すように,グリーン・ノアにおいて開発された機体である[2]
 グリーン・ノアに拠点を置くティターンズでは,数多くの機体を独自開発していた。RX-178ガンダムMk-兇覆匹發修Δ靴慎‖里任△蝓ぅ謄ターンズが求める高性能なフラッグシップ機の開発は様々な形で進行していたのである。

 U.C.0085年頃のティターンズの主力機として用いられていたRGM-79Qジム・クゥエルは,戦後に開発されたジムタイプの中でも最も完成度が高いとされていたが諸問題から大量配備できなかったRGM-79Nジム・カスタムをティターンズの機体としてブラッシュアップしたものである。
 RGM-79Qは,設立当初のティターンズの部隊性格から対テロを念頭に置いたもので,当時の機体としてはきわめて高い性能を持っていた。しかし,これに満足しないティターンズでは,U.C.0081年から開始されたRGM-79の近代化改修プランを独自に評価試験し,これを「新規開発機」として設計をまとめたものがRMS-179なのである。

 RMS-179は,一説には連邦軍本隊やエゥーゴが用いていた「RGM-79のアップデート機」を遙かに上回る性能を持っていたとされ,後のRGM-86にも匹敵するものだったともされている。また,それでありながら,既存のRGM-79の生産ラインをほぼ転用できるため,コスト的にも低価格だったとも言われている。
 このため,既存機の改修を進める連邦軍にも新規機体として配備された機体は,拠点番号制で決定した型式である「RMS-179」が用いられたのである。この結果,従来の改修機であるRGM-79RとRMS-179が混在することとなった。このことは,運用面での不都合があったため,同様に配備されていた改修機も再登録が実施されたことから,徐々に「RMS-179」に統一されていくこととなったのである。

 引用

GUNDAM EVOLVE../Α ライナーノーツ(../12)

 一年戦争で地球連邦軍が開発した量産型モビルスーツ,ジムを改良した機体。性能はそれほど向上していない。ティターンズは赤,エゥーゴは緑のカラーリングで,型番も異なる。

 備考

 最低限注意して頂きたいのは,本項目の概要部分はかなりオリジナルの解釈が含まれている,ということである。

 ジム兇侶深鞍峭罎砲弔い董ぬ棲里飽磴い鮗┐靴浸駑舛楼娚阿砲發修凌瑤肋ない。
 元々,機動戦士Ζガンダム放映前に示されたジム兇虜邁荵駑舛砲蓮ぁRX-79改」という型式が示されていたのだが,放映前の各雑誌での公開では「RMS-179」となっていたのだが,その後の資料では,「RGM-79R」と「RMS-179」が混在する[3]様になっていったのである。

 この型式番号の違いについて,公式としての明確な見解はないのだが,現在では「開発経緯の違い」といったものや「陣営による違い」などの見解が述べられる場合が多い。
 実際に,いくつかの資料(例:GUNDAM EVOLVE../Αライナーノーツ)では,「陣営による型式番号の違い」を明言しており,RMS-179とRGM-79Rが陣営の違いによるもの,という解釈が成立している。また,Advance of Ζのコミック版第1巻のMS解説によると,グリプス兇RMS-179 GM兇RGM-79R GM兇茲蠅癲岼貔を画した性能を持っている」とのことであるため,本Wikiでの概要部分もこうした考え方を反映させている[4]
 なお,機動戦士ガンダムUCでは型式番号が既に廃止されている拠点番号制の「RMS-179」に統一されていることから,本項目の考え方はあながち外れていないものと思われる。

 関連項目

 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・Z]


最終更新時間:2017年05月28日 17時59分46秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]1/144スケールキットインストラクション。
  • [2]一説には,本機の型式のみ例外的なものである,という考え方もあるようだが,番号の仮押さえということならまだしも,特定の拠点番号に割り込みをかけるような番号が取得されることはまずあり得ないため,そうした例外的措置ということは考えにくい。(ジム系だから,9番目を仮押さえした,という理由ならば理解はできる。)
  • [3]現在,詳細な資料が手元にないため時期は未確認であるが,きわめて早い時期にRGM-79Rは登場している。
  • [4]蛇足ながら,公式サイトでもRMS-179は,「ジム供Ε哀螢廛浩宗廚箸気譴討い拭