トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RMS-141〕ゼク・アイン(第2種兵装)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ゼク・アイン(第2種兵装)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RMS-141
兵器区分(装備換装型)汎用量産モビルスーツ
所属ニューディサイズ
パイロットニューディサイズ兵
製作データ
デザイナーカトキハジメ
初出作品GUNDAM SENTINEL
参考文献MG別冊GUNDAM SENTINELほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高19.20m
本体重量37.63t
全備重量72.55t
ジェネレータ出力2100kw
スラスタ推力15000kg x2,14500kg x4
センサ有効半径15000m
装甲材質ガンダリウム合金コンポジット
装甲材質ガンダリウム合金[1]
黒歴史コード03-4400630

 武装

ビーム・スマートガン

ビーム・サーベル


 概要

 RMS-141《ゼク・アイン》は,かつてジオン公国軍が極秘に進めていた次世代型モビルスーツ開発計画「ペズン計画」の舞台となり,一年戦争後地球連邦軍に接収された小惑星基地ペズンで開発された量産型モビルスーツである。
 その名称からXシリーズと呼ばれた機体シリーズの最初のモデルであり,次世代の汎用モビルスーツをコンセプトとして開発が行われている。このため,本体は極めてシンプルなものとなり,大量のオプションを装備して戦うことを前提としている。Xシリーズそのものは,かつて公国軍が実施していた「MS-X」プロジェクトにおける開発計画をベースとしたもので,ゼク・アインの基本コンセプトも既に当時その雛形となるプランは存在していた。連邦軍はこれを接収後,当時,急速に進化したいわゆる第2世代と呼ばれるモビルスーツとしてこれを完成させることを目的としたのである。

 機体は,あらゆる戦闘に対応できるよう,軽装備から重装備まで多種多様なオプションの携行・装着および運用を可能とするため,従来のモビルスーツに比して強力なジェネレータを搭載,出力に余裕を持たせている。
 また,多様な装備を装着するためのラッチを各所に設置,これら装備の重量と,これを運用する際に発生する各種モーメントに対応するため,ムーバブル・フレームは太く・堅牢かつ単純な構造が採用されている。
 機体設計そのものに革新的な機能や性能は無いが,信頼性の高い,いわゆる枯れた技術を組み合わせ高い次元でまとめ上げたの機体だということができるのである。
 最大の特徴である各種装備の運用のために各所に設置された各種ラッチは,肩アーマーの多目的ラッチとマウントシステムには大型オプションが装備可能であり,肩の側面部に露出したムーバブル・フレームにも必要に応じてシールドをはじめとした様々な装備が装着可能である。また,設置したシールドにもマウントラッチが存在し,さらに各種装備の追加が可能となっている。脚部にもプロペラントタンクをはじめとした追加装備が可能である。
 総合的にみて,基本設計は非常にオードソックスな機体だが,バランスのとれた信頼性の高い性能を持った機体であり,パイロットたちには高く評価されている。

 ゼク・アインの第2種兵装は,長距離射撃戦装備として用意されたもので,主兵装はビーム・スマートガンへと変更されている。極長距離の射撃精度を高めるために,肩部ラッチに大型のレドームを追加し,索敵能力を強化しているのが特徴である。

 引用

GジェネレーションDS

 長距離射撃戦用装備「脅鑛質」に換装したゼク・アイン。ビーム・スマートガンを主武装とし,左肩に装着したディスク・レドームによって,高い狙撃能力を発揮する。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・SENTINEL]


最終更新時間:2014年09月13日 00時46分59秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]1/144 HGUC インストラクション