トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔RMS-117〕ガルバルディβ高機動型(キャノン砲装備)の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔RMS-117〕ガルバルディβ]]
!!!ガルバルディβ高機動型(キャノン砲装備)
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,RMS-117
,兵器区分,量産型モビルスーツ新型装備評価試験機
,所属,ティターンズ
,パイロット,マキシム・グナー
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,藤岡建機
,初出作品,ADVANCE OF Ζ〜ティターンズの旗のもとに
,参考文献,
!!スペック
,項目,内容
,全高,Unknown
,頭頂高,Unknown
,本体重量,Unknown
,全備重量,Unknown
,ジェネレータ出力,Unknown
,スラスタ推力,Unknown
,開発,ルナツーMS工廠
!ブースター・ポッド
!!武装
!ビーム・ライフル
!伸縮式シールド
!!概要
 RMS-117《ガルバルディβ》は,地球連邦軍が一年戦争後に配備した機体である。
 ベースとなったのは,一年戦争末期にジオン公国軍が次世代型モビルスーツの開発計画として極秘裏に進めていたMS-17《ガルバルディ(α)》であり,公国軍が終戦時に持ち得た最高峰のモビルスーツ技術がその下敷きにあるということができる。

 元来,ガルバルディそのものがMS-14《ゲルググ》とMS-15《ギャン》の長所を採り入れた機体として設計されており,ゲルググの持つ高い汎用性と拡張性にギャンの持つ突出した近接戦闘能力と高い操作性を加えたものと言われている。このため,機体そのものの持つ基礎スペックは一年戦争当時としては,事実上トップクラスのものであり,一年戦争後も充分現役として活用可能な機体であった。

 このため,ガルバルディを接収した連邦軍は,機体設計そのものをいじるのでは無く,リニアシートなど,小規模な改修のみにとどめている。
 最大の変更点は,重モビルスーツにカテゴライズされるガルバルディの装甲を大幅に見直した結果,装甲は薄いものの高い機動性を獲得するに至っている。
 改修作業はルナツー基地において行われている。ルナツーは一年戦争当時,地球連邦軍のモビルスーツ生産設備があり,生産能力の高い基地のひとつであった。一年戦争後は,開発拠点の一つとして認知され,主に既存のモビルスーツの強化・改修による配備を推進していた。

 このため,ガルバルディβはロールアウト後,主にルナツー艦隊に配備され,運用されていたが,グリーン・ノア事変(俗にガンダムMk-橋奪事件として歴史に残る)に際して,ルナツー艦隊の一部がティターンズへと編入されたことをきっかけにティターンズへの配備が進められるようになった。

 本機は,ティターンズにおける試験用としてアスワンに配備された機体である。
 上半身を覆うように装着されたジョイントに各種装備を装着することが可能で,姿勢制御用バインダーと可動式の可動式のブースター・ポッドを装着した高機動仕様である。
 しかし,本機のパイロットであるマキシム・グナー大尉は,機体ごとエゥーゴへと離脱してしまったため,本機のテスト項目のほとんどは,結果的にTR-1で行うこととなってしまった。
!!引用

!!備考
 連載時に,線画(いわゆる建機メモ)で描かれたバリエーションのひとつで,砲撃戦仕様として,キャノン砲を装備したもの。厳密には非公式の画稿である。
 なお,ビーム・ライフルでは無く,ザクマシンガン改を画稿では装備している。
!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・R}}
{{category モビルスーツ・AOZ}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。