トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RMS-099B〕シュツルム・ディアス(グレミー派運用機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

シュツルム・ディアス(グレミー派運用機)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RMS-099B
MSA-099B
兵器区分汎用攻撃型重モビルスーツ
所属ネオ・ジオン軍(グレミー派)
パイロットネオ・ジオン兵
製作データ
デザイナー永野護
作画用フィニッシュ:明貴美加
初出作品機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威
参考文献機動戦士ガンダムギレンの野望アクシズの脅威 コンプリートガイド

 スペック

項目内容
全高28.0m
頭頂高18.0m
本体重量32.5t
全備重量61.3t
ジェネレータ出力1920kw
スラスタ推力34200kg x2,18300kg x2
スラスタ総推力105000kg
センサ有効半径11500m
装甲材質ガンダリウム合金
製造アナハイム・エレクトロニクス
乗員1名

※スペックは,一般的なシュツルム・ディアスのもの。

グライ・バインダー

 最大出力4.2MWのビーム・カノンとベクタードすらスター,プロペラントタンクからなる。AMBACユニットとしても機能する。
 ただし,近接戦闘の際にはデッドウェイトとなる場合が多い。

 武装

クレイバズーカ(7+1発)

 エゥーゴのモビルスーツ用バズーカ,100式などもこれを使用する。
 本来クレイ・バズーカとは,敵機の撃破よりも内部破壊による稼働不良,すなわち"足手まとい"とする粘着榴弾などを射出する武装である。
 エゥーゴの初期の戦術では,積極的に敵機を鹵獲する方針が採られていたためもあり,その種の弾頭が多用されていたため,この武装もそう呼ばれているが,実際には他の弾頭も運用可能である。

ビームピストル(2.2 MW)

 リック・ディアスの専用武器で,エネルギーチャージ式。背部のラックに2丁装備されている。
 装備したままの状態でも使用可能で,射角もある程度制御可能。ビーム・ピストルは,ビームをパルス状に射出できるため,エネルギーロスが少なく,射線から自機の位置を検出されにくいという特徴も持っている。

ビーム・サーベル(0.4 MW)

 この機体のために開発された新開発のデバイスが採用されたものだが,性能そのものは既存のものとほとんど変わらない。
 ただし,ビーム発振ユニットの歩留まりが安定していたため,後に百式などにも同等品が採用されている。

55mm バルカンファランクス

 頭部に設置されている装備。

トリモチランチャー

 手首部に装備されている多目的ランチャーに設置されている。

ビーム・カノン(4.2MW)

 概要

 RMS-099《リック・ディアス》は,エゥーゴが配備した攻撃型重モビルスーツである。
 その外観から推察可能なように,かつてのジオン公国系技術陣によって開発された機体で,開発を請け負ったアナハイム・エレクトロニクス社では,極秘裏にエゥーゴへの支援を打ちだし,実際にティターンズとの戦端が開くと,リック・ディアスの生産はグリプス戦役終盤まで続けられており,エゥーゴのベテランパイロットやエース級パイロットに優先的に支給されている。

 本機,RMS-099B《シュツルム・ディアス》は,アナハイム社によって開発されたリック・ディアスの強化型である。通常型のリック・ディアスとは,背部のバインダー,リアスカート,ニーアーマーなどが換装されており,どちらかと言えば汎用型としての色合いの濃いリック・ディアスを一撃離脱戦に特化した強襲仕様へと生まれ変わらせたものだと言えるだろう。(その最高速度はベース機の1.5倍とも2.5倍とも言われている。)

 元々,シュツルム・ディアスは,エゥーゴの開発プランにあったもので,本来はクワトロ・バジーナ大尉の専用機として計画されたものである。このクワトロ機としてプランニングされた初期プランは,一説によると「RMS-099SR[1]」とも「RMS-099RS[2]」とも言われる細部の異なったプランであったが,グリーン・ノアにおけるクワトロ機の損失によって,彼のリック・ディアスが失われ,次にあてがわれた機体がMSN-00100《百式》であったため配備計画そのものが滞ることとなった。
 さらに,エゥーゴの指導者であったブレックス・フォーラ准将が暗殺されたことで,エゥーゴ上層部とアナハイム社との間のパイプが事実上失われたことと,ブレックス准将の後継者に指名されたクワトロ大尉も行方不明となってしまったことから,一般機(通常型の指揮官機含む)の配備計画すら宙ぶらりんの状態となってしまったのである。(なお,当初プランでは,リック・ディアス隊の中から選ばれたエースパイロットチーム用に配備するというものであった。)

 グリプス戦役末期になると,エゥーゴの指揮系統は事実上崩壊し,アーガマ隊など一部部隊による対ティターンズ戦が継続しているのみという状況となっていた。一方で,エゥーゴの上層部は,実働部隊との溝を明確に見せるようになっており,アクシズ(ネオ・ジオン)との共闘を模索するなど,ティターンズの駆逐がほぼ為しえたことで,地球連邦政府とAEの意向を絶対のコンセンサスとするネゴシエイト集団へと変質,堕落してしまうこととなった。(ある意味,ティターンズ結成以前の連邦軍の腐敗状況よりも深刻な状態となってしまったのである。)
 また,連邦軍そのものの腐敗も深刻であり,上層部との乖離が,部隊の暴走を引き起こしたり,ティターンズの残党やそれに近い部隊からは,モビルスーツの横流しや民間への勝手な放出などが行われるようになってしまった。

 本機もそのような状況下で,サイド3内に潜伏していたジオン系残党に引き渡されている。なお,実際の「隠れジオン派」に本機が引き渡された経緯については,不明点も多く,「ジオン残党によって強奪された」,「アナハイム社から横流しされた」,「エゥーゴを離脱した部隊が持ち込んだ」など,様々な説があり,はっきりとはしていない。
 彼ら「隠れジオン派」は,本機を持ってネオ・ジオンへと合流を図ろうとし,エンドラ兇良隊として編入されている。
 しかし,ネェル・アーガマとの戦闘において,彼らの思想そのものを危険視したネオ・ジオン側は,彼ら「隠れジオン派」を背後から撃つことで後顧の憂いを断とうとし,歴史的に活躍することなくシュツルム・ディアス隊は姿を消している。

 本タイプは,第1次ネオ・ジオン戦争末期に,ハマーン・カーンに反旗を翻したグレミー・トトの指揮する部隊で運用された機体である。
 他の機体同様,カラーリングが変更されており,一説によるとチューンナップすら行われていたとも言われる。

 なお,シュツルム・ディアスそのものは,一定数生産されていたとされ,エゥーゴ(カラバ)側での運用事例や,単独機としてのネオ・ジオン側での運用も見られており,詳細な生産状況・運用状況については不明である。
 また,一方で同じリック・ディアスの強化型として,MSA-099-2《リック・ディアス供佞箸いΦ‖里盖録上では確認できる。面白いことに,シュツルム・ディアスが,「RMS」ナンバーでの記録が多いのに対して,リック・ディアス兇蓮MSA」ナンバーでの記録が多いのである。これは,それぞれの機体のプランニング時の発案元の違いではないかと考えられるが,この点の詳細もまだ明らかとなっていない。

 引用

ギレンの野望 アクシズの脅威V DATABASE

 シュツルム・ディアスの別塗装カスタムバージョン。
 ハマーンに反旗を翻したグレミー軍用に,再塗装・チューニングが施されている。

 備考

試作プランについて

 シュツルム・ディアスが,モデルグラフィックス誌上で永野護氏によって製作された作例がきっかけとなっていることは,Ζガンダム放映当時からガンダムΖΖの放映当時,模型誌を購読していた人であればよく知ることであると思われる。この際の設定が,ほぼそのまま劇中の機体にも適用されており,ある意味,模型誌出自の機体のひとつであると言えるだろう。
 なお,永野氏の作例では,「RMS-099RS」となっており,機体各部も実は異なったパーツが存在している。(すなわち,設定画に直される際に,各部が整理されているともいうことができる。)
 従って,模型枠でRMS-099RSは項目が作成され,取り扱っているのだが,HGUCのインストラクションで触れられている初期プラン「RMS-099SR」については,手持ちのインストの時期的な誤植であるのか,それとも完全にこのナンバーに固定されているのかがはっきりしないため,現時点では項目は作成されていない。

グレミー派運用機

 劇中では,HGUCのインストラクションの記述にも見られるようにハマーン側のモブとして存在していたシュツルム・ディアスであるが,「ギレンの野望 アクシズの脅威V」では,グレミー派の機体も登場している。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・ZZ]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年08月16日 21時01分44秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]HGUCのインストラクション
  • [2]モデルグラフィックス版