トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RMS-009G〕セプテム改(高機動タイプ)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

セプテム改

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RMS-009G
兵器区分汎用量産型重モビルスーツ
所属バルチャー
パイロットバルチャー
製作データ
デザイナー石垣純哉
初出作品機動新世紀ガンダムX
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高16.5m
本体重量9.0t
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown
装甲材質チタン・セラミック複合材

 武装

100mmマシンガン

ジャイアントバズ

 概要

 RMS-009《セプテム》は,宇宙革命軍が第7次宇宙戦争当時に配備した量産型モビルスーツである。
 RMS-006《ジェニス》をベースに開発された機体で,特に装甲と機動性の向上に重点が置かれている。
 このため,区分的には重モビルスーツに分類されるが,強化されたスラスターの効果は大きく,機動性の低下は見られない機体となっている。
 こうした性能から,第7次宇宙戦争の終戦後も革命軍に於いては一線を退くことなく運用されており,叛乱分子の掃討や勃発した第8次宇宙戦争においても運用されている。

 本機,RMS-009G《セプテム改》は,セプテムの陸戦仕様機である。
 元々が,宇宙戦専用の機体であったが,陸戦用として改良された機体が地球上で数多く投入されている。陸戦用として開発された機体は,ほぼ全てが第7次宇宙戦争終戦後に地上に残されており,これらを入手したバルチャーが様々な形で利用することとなった。
 そのため,バルチャーによる所有率も高く,機体の出自の割にメジャーな機体となっている。

 引用

公式サイト

 宇宙革命軍のモビルスーツRMS-009セプテムを改造した機体。3話では高機動タイプに改造したものをバルチャーが使用,5話ではジャミルたちに協力したローザ隊が使った。所属を問わず広く使われる量産型。

 備考

 本文中に記した通り,各種バリエーションが登場している。
 本Wikiでは,公式サイトに記されたメジャーな機体を項目化している。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・X]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2017年02月21日 21時39分14秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注