トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RGM-89S〕スタークジェガン

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

スタークジェガン / ジェガン特務仕様

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RGM-89S
兵器区分汎用量産型MS特務仕様
所属地球連邦軍
パイロット連邦軍パイロット
製作データ
デザイナーカトキハジメ
初出作品機動戦士ガンダムUC
参考文献1/144HGUC スターク・ジェガン インスト

 スペック

項目内容
全高19.2m
頭頂高Unknown
本体重量28.4t
全備重量Unknown
ジェネレータ出力1870kw
スラスタ推力Unknown

 武装

バルカン・ポッド・システム

 給弾システムごとヘッドユニットに装備する近接牽制用武装。60mm実体弾を連続発射する。なお,運用試験機の胸部に増設されていたマシン・キャノンは換装式へ設計変更された際に,給弾スペースの関係上,ダミー弾発射口に改められている。

3連装ミサイル・ポッド

 両肩部に装着する長距離支援用の追加装備。ユニット自体に組み込まれたセンサーにより,高い命中精度を誇る。残弾を使い切った際はデッド・ウェイト化を避けるため,パイロットの任意で装備排除が可能。運用試験機に設定されていた本ユニットのオプション兵装である大型ミサイルは,運用方法の変更に伴い,換装式では廃止された。

ビーム・サーベル

 前腕部追加装甲に各2基ずつ装備されている近接戦闘用兵器。収納部分はユニット式になっており,グレネード・ランチャーとの選択が可能。

ビーム・ライフル

 ジェガン用のビーム・ライフルに加え,U.C.0087からジム系MSが使用していた旧式を紹介蔵したものを基本装備としている。これは携行の容易さと,高い作動安定性を求めた現場の意見から採用された。

ハイパー・バズーカ

 本機体用に専用設計された大型携行武器。弾速は遅いが,直撃時の破壊力はビーム兵器をはるかに凌ぐ。380mm通常弾のほか,散弾にも対応している。

グレネード x 3


30mm マシンガン x 2


 概要

 アナハイム・エレクトロニクスによって開発され,地球連邦軍に制式採用された汎用量産型モビルスーツ「ジェガン」は,従来連邦軍の主力を務めてきた「ジム系」モビルスーツの系譜に連なりながら,アナハイム社が蓄積したノウハウが投入された,いわば標準になるべくして標準となったモビルスーツである。

 U.C.0089年に制式採用されたジェガンは,その安定した性能から,小改造によって様々な局地戦にも対応可能な名機と評価される機体となった。
 U.C.0093年の「シャアの反乱」以後,大規模な戦乱が終息した地球圏では,軍備縮小の機運もあり,既存機種の装備変換(あるいは極めて小規模な改修)で軍内の配備機種を統一する方向性を打ち出した。
 ジェガンD型は,こうした時代情勢が生み出したジェガンのマイナーチェンジ機で,単体では単なるジェガンのマイナーバージョンに過ぎないが,各種装備の装着運用や既存の連邦軍兵装の装備を可能としたマウントの追加など,いわば「長期運用を目指した」システム化がなされた機体だということができる。

 S型と呼ばれる機体は,D型に各種装備を装着したタイプに与えられた呼称である。もともとは,初期型のジェガンを改修して設計されたプランのひとつで,RGM-89Rジム靴離灰鵐札廛箸任△辰芯控離支援用MSとしての装備を施したものである。しかし,建造コストや刻一刻と変化する戦局に対応するためには,既存機の改修を行うよりも同等の機能を追加装備で実現し,戦局に応じて装備の着脱を計った方が効率的であるとの判断で,プラン策定が進められていたD型ジェガンの装備のひとつとして実現する方向に修正された。
 もともと構想段階から脚部装甲は着脱可能なものとして設計されていたため,D型の腰部,肩部など各部に増設用マウントラッチを付け加えることで本機の構想は実現することができたのである。
 また,本体のマウントラッチは汎用マウントであるため,肩部のミサイルポッドは,RGM-89R用なども利用可能であり,非常に柔軟な運用が可能な機体となった。

 これらの装備は全て戦闘中でも脱着が可能であり,また,装備の取り外しによる機体バランスの変化に対応するために徹底的な調整が行われた結果,ジェガンその物の機体バランス調整にも好結果をもたらすこととなり,相対的にD型ジェガンの性能を高めることとなった。
 この結果,S型用装備を全て装着しない状況での戦闘行為も可能となり,ミサイルポッドやバズーカといった支援用装備を装備せずに,増加スラスター部分だけを追加して運用するようなパイロットも現れるようになった。こうした現場判断での装備ではあるが,これらは一般的に「高機動型ジェガン」と通称される。

 引用

1/100MG ユニコーンガンダム インストラクション

 ジェガンのバリエーション機の一つである。増加装甲とスラスターの追加によって相対的な性能向上が図られている他,ジム靴留人兒彖曚魄継ぎ,両肩に支援用のミサイル・ランチャー・ユニット(3連装ミサイル・ポッド)を装備している。

 備考

 CCA-MSV版のスターク・ジェガンは,ガンダムUCへの登場に際して,「プロト・スターク・ジェガン」と呼称が改められている。(ただし,装備の問題もあり,本Wikiでは,改めて「CCA-MSV版」として再定義を行っている。)
 現時点では,型式番号はRGM-89Sと従来の機体と同じであるが,エコーズ仕様やEWAC機の型式パターンを考慮すると,いわば「RGM-89DS(または,RGM-89Ds)」とでも言うべき機体である,といえるだろう。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・ユニコーン]


最終更新時間:2014年07月07日 21時14分01秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注