トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RGM-89A2〕ジェガンA2型(ゼネラル・レビル配備機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ジェガンA2型(ゼネラル・レビル配備機)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RGM-89A2
兵器区分汎用量産型モビルスーツ
所属地球連邦軍
パイロット地球連邦軍兵
製作データ
デザイナーカトキハジメ
初出作品機動戦士ガンダムUC
参考文献

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高19.0m
本体重量24.2t
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

ビーム・ライフル

ビーム・サーベル

シールド

ミサイル

バルカンポッド

 概要

 RGM-89A2《ジェガンA2型》は,地球連邦軍が配備した汎用量産型モビルスーツである。
 従来,連邦軍の量産型モビルスーツは連邦軍の各研究所(開発拠点)で開発が行われ,これを大量生産し,配備するという砲身であったが,本機は開発から生産までアナハイム・エレクトロニクス社が行っており,初のアウトソーシングによる量産型モビルスーツとなった。(なお,グリプス戦役期以降,こうした外部の軍需企業による生産機は連邦軍に納入されてはいたが,大規模な量産機が発注されたのは,これが初めてである。)

 ジェガンは,一年戦争当時開発されたRGM-79《ジム》の系譜に連なる機体で,生産性,汎用性,コストそして信頼性,いずれもバランスのとれた,いわゆる「連邦らしい」機体に仕上がっている。(が,それ故に特徴のない機体でもある。)
 こうした「特徴の無いのが特徴」とも言うべき機体は,連邦軍の大量配備機の大きなコンセプトのひとつであり,本機も(諸々の改装は続けられていたが)長期にわたって連邦軍の主力として位置づけられる機体となった。

 なお,蛇足ながらグリプス戦役期のRMS-179《ジム供佞RGM-86R《ジム掘佞箸い辰慎‖里蓮い△までもジム系列の改装機であり,ある意味,初の代替わりがジェガンということができる。その意味でいえば,ジム系モビルスーツも約20年(実際には,その後約10年の軍での運用例も見られる)現役であったと言え,連邦軍の量産型モビルスーツが長期運用を前提とした比較的寿命を延ばしやすい設計であったということができるだろう。

 引用

ガンダムUC公式サイト

 ゼネラル・レビルに配備されたジェガンは,初期タイプをベースに総合的な性能向上を目的としたA2型と呼ばれており,推進機関の強化をメインとする大幅な改修が行われている。防御兵装も専用の大型シールドが与えられた。

 備考

型式番号について

 本機の型式番号から,逆襲のシャアに登場した初期の機体が,RGM-89Aと割り振られた可能性が高いことがわかるが,この点は確定した資料が登場してから振り分けることとする。

機体名について

 機体名の表記から考えれば,「ジェガンA2型」は,一般的なグリーン系の機体だと考えられるが,現時点で同型の機体の描写はないため,項目は作成されていない。
 無印の機体が確認された時点で項目は作成する。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・ユニコーン]


最終更新時間:2015年11月01日 08時47分55秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注