トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RGM-89〕ジェガン

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ジェガン

  • [MS]

データ

機体データ
型式番号RGM-89
兵器区分汎用量産型モビルスーツ
所属地球連邦軍
パイロット連邦兵
製作データ
デザイナー鈴木雅久[1]
フィニッシュ:出渕裕,佐山善則
初出作品機動戦士ガンダム〜逆襲のシャア
参考文献GUNDAM WAR
ガンダムコレクション
1/144 インストラクション
GジェネレーションF
Gジェネレーションポータブル ほか



 スペック

項目内容
全高20.4m
頭頂高19.0m
本体重量21.3t
全備重量47.3t
ジェネレータ出力1870kw
スラスタ推力12700kg x1,9200kg x2,8800kg x2
スラスター総推力48700kg
アポジモーター数19基
推力重量比1.30
センサ有効半径14200m
装甲材質チタン合金セラミック複合材
黒歴史コード03-0858162

バックパック

 大推力のメインスラスターと4基のサブスラスターからなる高機動推進ユニット。
 グリプス戦役時の"高機動型"とされる機体に匹敵する加速性と機動性を発揮する。ベースユニットは大容量のプロペラントタンクと後方警戒センサーなどからなり,作戦展開時には基部ごと交換して即座に出撃することもできる。

 武装

専用ビームライフル

 取り回しを優先した短銃身を採用しており,射程距離は短いものの,近距離〜近接戦闘において威力を発揮する。速射性に優れており,混戦時には銃身上部のセンサーとの併用で確実に敵機を排除することができる。

専用ビームサーベル

 右腰のラックに装備する。
 二種類のビーム刃を形成できるデバイスを装備する標準型のビームサーベル。出力と生成デバイスを選択することで斬撃に適した扁平なビームと貫通力に優れる細身のビームを形成する。ラックにはアクセラレーター装備のキャパシターシステムが内蔵されており,より急速なエネルギー充填が可能。

バルカンポッド

 RX-178に採用された60mmバルカンポッドシステムの発展型。
 半固定型でマガジン部は右側面部から頭部内にある。弾体はカートリッジレス型で排菜の必要はない。威力は弱いが,牽制効果が高く,至近距離ならば,敵モビルスーツのカメラやセンサー,それに関節部を破壊することができる。ドッグファイトに有効。

グレネイドラック

 接近戦用手投げ式グレネイド弾。
 左腰のラックに弾体を3発装備する。信管は時限式と金属反応式を並用する複合型である。時限式は信管を起動させてから数秒後(時間は自由に設定可)に爆発する。
 金属反応式は敵(主にモビルスーツ)のボディを探知して,至近距離で爆発する。


専用シールド

 標準的な防御装備。
 耐ビーム能力よりも,弾いたり逸らすための構造と材質を採用している。
 マウント部は可動式で,回転および縦方向にスライドする。シールドには2連装小型ミサイルランチャー2基が装備されている。ミサイルの先端には複合センサーを有し,ミノフスキー粒子下でもあまり介渉されずに誘導できる。とはいうものの推進剤の容量が少なく射程が短く,グレネイド弾と同様に接近戦用と見たほうがよい。

小型ミサイル(シールド)


 概要

 RGM-89《ジェガン》は,地球連邦軍が配備した汎用量産型モビルスーツである。
 従来,連邦軍の量産型モビルスーツは連邦軍の各研究所(開発拠点)で開発が行われ,これを大量生産し,配備するという砲身であったが,本機は開発から生産までアナハイム・エレクトロニクス社が行っており,初のアウトソーシングによる量産型モビルスーツとなった。(なお,グリプス戦役期以降,こうした外部の軍需企業による生産機は連邦軍に納入されてはいたが,大規模な量産機が発注されたのは,これが初めてである。)

 ジェガンは,一年戦争当時開発されたRGM-79《ジム》の系譜に連なる機体で,生産性,汎用性,コストそして信頼性,いずれもバランスのとれた,いわゆる「連邦らしい」機体に仕上がっている。(が,それ故に特徴のない機体でもある。)
 こうした「特徴の無いのが特徴」とも言うべき機体は,連邦軍の大量配備機の大きなコンセプトのひとつであり,本機も(諸々の改装は続けられていたが)長期にわたって連邦軍の主力として位置づけられる機体となった。

 なお,蛇足ながらグリプス戦役期のRMS-179《ジム供佞RGM-86R《ジム掘佞箸い辰慎‖里蓮い△までもジム系列の改装機であり,ある意味,初の代替わりがジェガンということができる。その意味でいえば,ジム系モビルスーツも約20年(実際には,その後約10年の軍での運用例も見られる)現役であったと言え,連邦軍の量産型モビルスーツが長期運用を前提とした比較的寿命を延ばしやすい設計であったということができるだろう。

機体コンセプト

 ジェガンは,アナハイム・エレクトロニクス社が設計を行った機体ではあるが,その機体コンセプトはまさにジムと同様のものである。基礎設計には柔軟性を持たせ,耐用年数の延長と高度な汎用性を求められており,これこそが一年戦争当時,連邦軍がジムに求めた要素のいわば終着点ということができる。

 無論,単なるジム系の延長では無く,ジェガンの開発にあたっては,これまで開発が続けられてきた一般兵向けの量産型モビルスーツの各種コンセプトが見直された上で投入されており,グリプス戦役期にアナハイム・エレクトロニクス社が開発したMSA-003《ネモ》などのデータも反映されている。また,ネモの設計には公国軍系のノウハウも採り入れられているため,ジェガンという機体は,まさに連邦軍系(RGM系)モビルスーツと公国軍系モビルスーツの技術融合によって誕生した機体だということができるだろう。

開発経緯

 ジェガンの開発が承認されたU.C.0089年は,モビルスーツ開発においては,ある意味特殊な時期であるということができる。
 一年戦争当時は,ジオン公国が開発し実戦配備したモビルスーツという新たなカテゴリの兵器がその存在意義を見せ,戦術に組み込まれ,兵器として定着していく流れそのものであった。
 一方,U.C.0087年から続くグリプス戦役,第1次ネオ・ジオン戦争は,旧世紀でいうところの第2次世界大戦末から冷戦期にかけての兵器(航空機)開発と同様で,新しいカテゴリの兵器がどのような発展を遂げていくかの試行錯誤の時期であったということができる。特にこの時期は,一年戦争当時の様な大規模な戦闘はほとんどなく,一部の技量の高いパイロットによるほとんど一騎打ちのような状況が頻出しており,戦術的にみてナンセンスな状況であった。
 このため,モビルスーツの開発においても一点突破型の用途や機能を突出させた機体が数多く開発され,「モビルスーツの恐竜的進化」とまで揶揄されたのである。
 第1次ネオ・ジオン戦争は,こうした機体のオンパレードとまでいうべき状況であり,連邦軍が掲げるコンセプトとは全く逆の状況であったのである。この結果,モビルスーツの開発コストに跳ね返っており,当時開発された機体の多くがその開発コストを吸収しきれずに旧式化し,時代の徒花でしか無くなってしまっていたのである。

 こうした状況下で,連邦軍の多くの部隊で一年戦争以来の各種装備の更新を必要としており,政府高官からもその必要性は提案されていた。しかし,表向きは各種戦乱や反連邦活動が沈静化したことと,度重なる戦乱によって疲弊した連邦軍と連邦政府の財政的事情から,ジェガンの開発・量産はなかなかゴーサインがでなかったのである。

 これに対して,公国軍系残党や様々な反地球連邦組織による反連邦活動の情勢を知る議員らは地道な交渉を続け,さらにアナハイム社による自社持ち出しによるトライアルの結果などを提示されたことで,ようやく量産化にこぎ着けたのである。
 先述した通り,ジェガンの基本設計にはその機体寿命を延ばすための方策が様々な形で導入されている。これは運用期間を延長することで減価償却期間を延ばし,さらに新造機の建造数を減らすことで予算配分の分散が可能となった。
 また,汎用性を高めつつもメンテナンスの簡便性を図ったことで,整備費用と部材の開発費用の削減もなされることとなった。この結果,局地戦対応機も一部の部材の変更で対応可能な状況となり,トータルコストの削減はかなりのものとなったのである。

 こうしてジェガンの開発は承認されたものの,その反面配備に時間が掛かることとなった。このため,U.C.0093年の第2次ネオ・ジオン戦争の際には,一部部隊への配備にとどまっていたといわれ,配備が本格化するU.C.0090年代後半には,さらに改良の進んだD型をはじめとする機体の配備が進められていた。

ジェガン系列

 ジェガン系とされる機体は,U.C.0089年の初号機ロールアウト以降,数多くの派生型が登場しており,一般的に配備される標準機と特殊用途向けのバリエーション機がそれぞれ数多く誕生している。
 当初,量産配備されたRGM-89は,いわば極めて初期の先行量産機と位置づけられる機体で,後にこれらをA型と見なし,改良機が登場することとなる。

 このA型の量産配備中も改良が続けられ,マイナーチェンジ版のA2型の配備の後,極めて汎用性の高いD型が配備されることとなった。
 A型系列とD型系列は各所で量産されながら徐々に改良され,U.C.0100年代に入るとJ型と呼ばれる機体に集約されていく。この機体は,ジェガンそのもの基本性能の強化も行われており,部材の変更によりバリエーション機も用意できる点ではD型の正統進化ともいえるだろう。
 その後も改良が続けられており,U.C.0109年に量産機としての後継機であるRGM-109《ヘビーガン》が誕生しているにもかかわらず,その更新に時間が掛かったこともあって極めて長期運用される機体となった。特に,U.C.0123年のコスモ・バビロニア建国戦争においては,ヘビーガンやF-71《G・キャノン》と同じ程度かそれ以上のジェガンタイプが実戦に投入されており,その健在ぶりを見せている[2]。一説には,U.C.0133年のジュピターエンパイア戦争時も稼働していたともいわれ,その稼働期間は50年弱にも至るともされている。

 引用

MS大全集

 RGM-89という型式番号が示すようにこの機体は連邦軍の量産機GMシリーズの発展型である。これまでGMシリーズは連邦軍基地で開発生産されてきたが,この機体はアナハイム社製である。そしてGMだけでなくMSA-003ネモの設計コンセプトが導入されている。ロンド・ベル隊の主力機として量産されている。

 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・CCA]


最終更新時間:2014年12月14日 17時48分20秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]鈴木雅久氏の同人誌によると,出所不明のクリンナップされた正面パース画稿(TV用/Zの頃のモノか,と台詞)にリアパースなどを追加して,書き起こしたものとのこと。これをクリンナップしたものが一般的に見られる設定画である。
  • [2]劇中ではやられ役ではあるが,実質的にはそれなりの戦果もあったはずである。