トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RGM-86R〕ジム掘淵罐縫魁璽麋如

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ジム掘淵罐縫魁璽麋如

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RGM-86R
兵器区分汎用量産型MS
所属地球連邦軍
パイロット連邦兵
製作データ
デザイナーカトキハジメ
初出作品機動戦士ガンダムUC
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル

 スペック

項目内容
全高18.6m
頭頂高18.0m
本体重量38.6t
全備重量56.2t
ジェネレータ出力1560kw
スラスタ推力20300kg x4
スラスタ総推力81200kg
センサ有効半径10900m
装甲材質チタン合金/ガンダリウム合金

※一部スペックは「ガンダムZZ」登場機のもの

バックパック

 ガンダムMk-兇離丱奪パックを量産化したもの。形状は多少異なるが,コストパフォーマンスはむしろ向上している。GディフェンサーなどMk-桐兮腟模オプションの装備も可能なよう設計されていたが,実装した例は無いとされている。

 武装

 ジム靴良霑は,その出自からして連邦軍の最も汎用的な機体であることから,数多くの連邦系装備を使いこなすことができる。ここに掲載されたもの以外にも,様々な装備を運用することが可能である。

ビーム・サーベル x 2

 斬撃用のエネルギー兵器。プラズマ状のビームを形成して対象を溶断する。形状はバックパック同様ガンダムMk-兇鮖温佑箸靴討い襪,ビームの発振ユニットは標準的な量産品を採用している。

ビーム・ライフル x 1

 ジム兇標準装備としていたユニットの更新兵装。生産コストや形状はほぼ同じだが,出力は50%ほど向上している。ただし,使い勝手は改善されておらず,継戦能力に課題を残したままであった。

60mm バルカン x 2


4連中型ミサイルポッド

 中型ミサイルを各4連で装備するミサイル・ポッド。最初期の標準装備であるため,便宜上「ノーマル・ミサイル・ポッド」と呼ばれる。一基あたり15×2発のマイクロ・ミサイルを装備するユニットは「オプション・ミサイル・ポッド」と呼ばれる。

15連小型ミサイルポッド


大型ミサイル x 2

 2連装の大型ミサイル・ランチャー・ユニット。ネオ・ジオンの重MSに対応した特殊な弾体形状を持ち,ミサイル自体の機動性を向上させた「大型高性能ミサイル」を装備している。左右の腰部への装着がデフォルトだが,対応するジョイントやコネクタを使用すれば別の部位に装備可能。

シールド

 主に実体弾などに対して有効な防御装備。"ガンダム"用の設計を踏襲した量産品だが,耐ビームコーティング剤の改善や軽量化など,単品としてのスペックはむしろ向上している。

 概要

 RGM-86R ジム靴蓮RGM-79R ジム兇慮綏僂箸靴導発・配備された機体である。既に旧式化していたRGM-79Rの機体構成を全般的に見直し,新規技術を導入することで支援機としての運用に十分な性能を満たした機体として再生した機体なのである。特徴的なバックパックは,RX-178のもののほぼ同等品であり,各部機構にもRX-178の技術フィードバックが行われていると言われている。
 基本的な設計プランは型式番号が示す通りU.C.0086年に提示された「RGM-86 ジム祁弉茵廚任△蝓ぜ舂となったRGM-86Rタイプは,0087年頃から順次RGM-79Rから改修されていった。
 また,ジム祁弉茲砲浪修プランだけではなく新規建造プランも存在しており,そちらは「ヌーベル・ジム掘廚噺鴇里気譴襪海箸眤燭ぁ

 ジム靴亮太鎹人僂資料として確認されたのは第1次ネオ・ジオン戦争時だが,この時期には,コスト面で問題のあったネモ[1]に代わり既に主力量産機として位置づけられていたとも言われる。

 この機体は,地球上の各所に配備されていた機体である。既に機種転換の始まっていたジム靴任呂△襪,戦乱の際には前線になるとは考えにくい地球上ではまだ多数の機体が運用されていた。

 引用

ガンダムUC公式サイト

 地球連邦軍の量産型MS。肩や腰にミサイルユニットを装備可能で,支援用MSとしての運用も可能。総体的な性能低下に伴い,現在は後継機である《ジェガン》への機種転換が随時進められてはいるが,地上,宇宙軍共に多数の機体が稼動している。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・ユニコーン]


最終更新時間:2014年07月14日 21時35分43秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]MSA-003ネモは,エゥーゴの主力MSであったが,その誕生の経緯にはややこしい問題がある。開発当初は,「エゥーゴにおけるジム恐」を目指していたと思われ,実際にジム兇慮綏儺,箸いΦ録も散見できる。だが,この機体は基本的にアナハイム・エレクトロニクス社だけでの製造である,という根本的な問題を抱えている。MSの製造が事実上アナハイムの独占状態になっていたU.C.0090年代ならばまだしも,この時代はまだ連邦軍系の工廠も機能しており,各種MSの建造・改修が実施されていたのである。このため,連邦系工廠で作業可能なジム系の機体の方がネモよりもコスト面で優れるのはいうまでもないだろう。