トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RGM-86R〕ジム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ジム

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RGM-86R
兵器区分汎用量産型MS
所属カラバ
エゥーゴ
地球連邦軍
パイロットカラバ兵
エゥーゴ兵
連邦兵
製作データ
デザイナーベースデザイン:カトキハジメ,あさのまさひこ
クリンナップ:佐山喜則
初出作品機動戦士ガンダムZZ
参考文献GUNDAM WAR
Gジェネレーションポータブル

 スペック

項目内容
全高18.6m
頭頂高18.0m
本体重量38.6t
全備重量56.2t
ジェネレータ出力1560kw
スラスタ推力20300kg x4
スラスタ総推力81200kg
センサ有効半径10900m
装甲材質チタン合金/ガンダリウム合金
黒歴史コード02-2313652(エゥーゴ)
RPGマガジン読参データ
必要功績ポイント3(エゥーゴは4)
選択制限なし

バックパック

 ガンダムMk-兇離丱奪パックを量産化したもの。形状は多少異なるが,コストパフォーマンスはむしろ向上している。GディフェンサーなどMk-桐兮腟模オプションの装備も可能なよう設計されていたが,実装した例は無いとされている。

 武装

 ジム靴良霑は,その出自からして連邦軍の最も汎用的な機体であることから,数多くの連邦系装備を使いこなすことができる。ここに掲載されたもの以外にも,様々な装備を運用することが可能である。

ビーム・サーベル x 2

 斬撃用のエネルギー兵器。プラズマ状のビームを形成して対象を溶断する。形状はバックパック同様ガンダムMk-兇鮖温佑箸靴討い襪,ビームの発振ユニットは標準的な量産品を採用している。

ビーム・ライフル x 1

 ジム兇標準装備としていたユニットの更新兵装。生産コストや形状はほぼ同じだが,出力は50%ほど向上している。ただし,使い勝手は改善されておらず,継戦能力に課題を残したままであった。

60mm バルカン x 2


4連中型ミサイルポッド

 中型ミサイルを各4連で装備するミサイル・ポッド。最初期の標準装備であるため,便宜上「ノーマル・ミサイル・ポッド」と呼ばれる。一基あたり15×2発のマイクロ・ミサイルを装備するユニットは「オプション・ミサイル・ポッド」と呼ばれる。

15連小型ミサイルポッド


大型ミサイル x 2

 2連装の大型ミサイル・ランチャー・ユニット。ネオ・ジオンの重MSに対応した特殊な弾体形状を持ち,ミサイル自体の機動性を向上させた「大型高性能ミサイル」を装備している。左右の腰部への装着がデフォルトだが,対応するジョイントやコネクタを使用すれば別の部位に装備可能。

シールド

 主に実体弾などに対して有効な防御装備。"ガンダム"用の設計を踏襲した量産品だが,耐ビームコーティング剤の改善や軽量化など,単品としてのスペックはむしろ向上している。

 概要

 RGM-86R《ジム掘佞蓮RGM-79R《ジム供佞慮綏僂箸靴導発・配備された機体である。既に旧式化していたRGM-79Rの機体構成を全般的に見直し,新規技術を導入することで支援機としての運用に十分な性能を満たした機体として再生した機体なのである。特徴的なバックパックは,RX-178《ガンダムMk-供佞里發里里曚榮嬰品であり,各部機構にもRX-178の技術フィードバックが行われていると言われている。

 基本的な設計プランは型式番号が示す通りU.C.0086年に提示された「RGM-86 ジム祁弉茵廚任△蝓ぜ舂となったRGM-86Rタイプは,0087年頃から順次RGM-79Rから改修されていった。

 また,ジム祁弉茲砲浪修プランだけではなく新規建造プランも存在しており,そちらは「ヌーベル・ジム掘廚噺鴇里気譴襪海箸眤燭ぁ

 ジム靴亮太鎹人僂資料として確認されたのは第1次ネオ・ジオン戦争時だが,この時期には,コスト面で問題のあったネモ[1]に代わり既に主力量産機として位置づけられていたとも言われる。

RGM-79からRGM-79Rへ

 RGM-79は,一年戦争後期に誕生した機体だが,その誕生の経緯から非常に早いペースで機体の更新が相次いだ。そのため,極めて初期に登場したRGM-79(G/E)以降,同一機種とは思えないほどに機体の設計にばらつきが存在している。そして,一年世相の末期に登場したRGM-79C ジム後期型(後のジム改)に至り,ようやく安定した機体として一定の評価を得るに至っているのである。
 しかし,既に製造された機体の性能のばらつきは,MSという兵器を部隊運用する上では,様々な弊害を呼んだことは想像するに難くなく,一年戦争終結後に連邦軍の部隊再編(MSを中心とした兵器運用)を行っていく上で,RGM-79の性能の底上げは必要になっていった。こうしてRGM-79の近代化策として,RGM-79R「ジム供廛廛薀鵑立案,実行されたのである。

 当初の計画として,いわゆる無印「RGM-79」を後期型「RGM-79C」並みのスペックに引き上げるための改修が実施され,改修された機体には,新たに「RGM-79R ジム供廚量松里与えられ(ただし,現場での呼称は相変わらず「ジム」ではあった),新造機と一年戦争時に建造された機体の性能差を吸収する形で配備が開始された。この「極めて初期のジム供廚最初に配備されたのは,U.C.0081/03/29であり,計画立案から改修作業が終了するまで比較的短期で行われている。

 この初期型のジム兇蓮RGM-79をRGM-79C相当のスペックに改修しただけのものであり,後に一般化した「第2世代に準ずる」ジム兇箸楼曚覆覽‖里任△襦というのも,第2世代MS以降標準的に装備される様になった全天周囲モニターやリニアシートといったコクピット装備は,U.C.0084年にようやく一般に向けて公開されたものであり,量産機に装備されるだけの技術ではなかったのである。従って,初期のジム兇蓮て睇凜灰△RGM-79C相当のモジュールに変更され,各部パーツがC型相当に改修されただけの機体だったのである。
 しかし,U.C.0083年に起こったデラーズ・フリートによる動乱において,デラーズ・フリートが運用した一年戦争末期建造のジオン系MSに対してRGM-79Cが確たる戦果を挙げられなかったことは,連邦軍を再編する上で大きな問題となった。
 そこで,以降に改修するRGM-79には,開発途上だった次世代MSの技術のフィードバックを進め,さらに性能面での底上げを進めていったのである。

 確かにこの時代,RGM-79N ジム・カスタムなどスペック的にはRX-78に匹敵するRGM-79系列機が誕生していた。だが,コスト面の問題などがあり全てのRGM-79系をこの機体に準ずる仕様に変更することはできなかった。また同時に性能の引き上げによって,逆にパイロットへの要求値も高くなっていたのである。

 これを解決する為に,開発中だった新型コクピットシステムなどの導入によって,操縦の簡素化など,一般パイロットに対応した改修をメインに据えたプランに沿って誕生したのが,今日我々が思い浮かべるRGM-79R ジム兇覆里任△襦5‖隆屬蚤疹の差異はあるが,この基本形に沿った改修は,連邦軍に配備されていた機体のほとんどに適用され,U.C.0087年までには多くの機体に対して改修が適用されていたのである。

 その一方で,第2世代MS[2]の萌芽が見え始めたU.C.0085頃になると,RGM-79という機体の基本設計上の問題点も明らかになってきていた。すなわち,機体構造の旧式化による根本的な性能差に起因する問題が浮き彫りになってきたのである。

 ここにおいて再びジム系の改修プランが立案,実施されることとなった。この「ジム教格をベースとして,第2世代MS並みの機体性能を獲得する」プランは,後に「ジム祁弉茵廚箸靴届∨軍で進められることとなった。
 これに合わせて,旧来のRGM-79の設計を引きずっていたことから,あくまで79型改修機としての位置づけで,RGM-79Rという型式を与えられていたジム兇紡个靴董た径い剖瓩し弉莪討鯆鷦┐気譴燭海離廛薀鵑任蓮RGM-86という新たな型式が与えられることとなったのである。

ティターンズのジム系開発

 U.C.0084年に誕生したティターンズは,自軍の装備を独自に開発可能な環境であったため,高性能なRGM-79Q ジム・クゥエルを独自配備するなど部隊規模での戦力は連邦軍の標準的な部隊よりも大きかった。
 ティターンズでは,独自にMSを開発する権限を与えられていたため,連邦軍で進められていた,「ジム教格をベースとして,第2世代MS並みの機体性能を獲得する」プランを独自に進めるていた。このプランの試験のためにRGM-79Cを改修したRGM-79CR ジム改高機動型を建造,様々なデータ収集ののち,「RMS-179 ジム供廚鮑陵僂靴燭里任△襦

 RMS-179は,一説にはRGM-79Rをスペック的に上回る機体だとされており,これまでの「RGM-79を改修した」RGM-79Rとは異なり,RGM-79CやRGM-79N,79Qといった比較的高スペックな機体に対して,機体性能の底上げを目指した改修プランを適用していったものだと考えられる。実際,ティターンズのテストチームが拠点としていたコンペイトウに配備されていたRGM-79Cは,ジム教格を適用されたとおもしき胸部センサーなどが追加されており,こういった検証の積み重ねで生み出されたのがRMS-179であるのだろう。

 また,ティターンズは常にMSの改良を続けており,例えばRGM-79Qも初期の機体と後期の機体ではそのスペックに差異が存在する。この初期型RGM-79Qと後期型RGM-79Qのスペックを比較すると,面白いことに標準的なRGM-79RとRGM-86Rの関係と同じようなスペックの上昇が行われているのである[3]
 つまり,既に展開されているジム教格ではなく,次世代のジム教格を導入した結果,(ベース機の優秀さもあって)連邦軍が標準的に配備している機体をも上回る機体が誕生した,ということなのである[4]

RGM-86Rの誕生

 RGM-79Rの全面的なバージョンアップとして計画されたジム祁弉茲任△襪,0087年のグリプス戦役によってこの計画は紆余曲折をたどることとなった。「ジム教格をベースとして,第2世代MS並みの機体性能を獲得する」プランは,連邦軍内部で進められたものと,ティターンズで進められたものが存在することは先に述べた。
 RGM-86Rは,このジム祁弉茲砲茲辰特太犬靴RGM-86のバリエーション機で,型式末尾のRは,一般的にはリファインタイプを示すものとして受けとられている。つまり,RGM-86プランとして進められた計画機をさらにバージョンアップした機体なのである。

 当初計画では,RGM-79Rの第2世代MS並みのパワーアップを行うことが目的であったが,カラバ/エゥーゴにおける運用のさいにRX-178からのフィードバックが行われ,支援機としてその位置づけが確定した。これは,カラバにはMSK-006という高性能な準量産型の機体があり,同様にエウーゴにはMSA-099やMSR-100Sといった高性能機が主力量産機として配備されていたという事情があり,支援機として配備するMSを開発し,戦線に厚みを持たせる必要があったからである。
 こうして誕生したRGM-86Rは,第1次ネオ・ジオン戦争以後も連邦軍のMSとして運用が続けられ,同じジム系としてエウーゴが量産したMSA-003やMSA-007よりも寿命の長い機体となったのである。
 なお,ジム靴蕨∨軍の標準的量産型MSの座を獲得することとなったのだが,U.C.0089年に誕生したRGM-89が一定の評価を得て,その標準仕様機であるRGM-89Jが配備され始めると,機種転換が進められ,姿を消すこととなった。

 引用

GUNDAM WAR 撃墜王出撃! 地球連邦軍U-28

 エゥーゴの協力を得て,カラバが開発した量産型モビルスーツ。ジム兇鬟戞璽垢法ぅンダムMk-兇料備や技術を導入し改良を行った。後に連邦軍の制式採用機となる。

 備考

 ゲーム「SDガンダムGジェネレーション」や「ギレンの野望」シリーズでは,ジム靴竜‖離丱螢─璽轡腑鵑箸靴得崚描の機体が登場し,これを「連邦軍仕様」としているものがある。
 しかしながら,逆襲のシャアを始め,実際のフィルム描写では「緑」の機体のみの登場であり,カラバがガンダムΖΖ劇中で運用した機体がそのまま連邦軍系のカラーリングとなったと考えられる。

 なお,一部考察においては,Gジェネレーション版の考え方も導入されている場合もあるので,この点についてはケースバイケースだと考えて頂きたい。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・ZZ]
[モビルスーツ・CCA]
[モビルスーツ・ジオンの幻陽]


最終更新時間:2014年10月14日 21時10分38秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]MSA-003ネモは,エゥーゴの主力MSであったが,その誕生の経緯にはややこしい問題がある。開発当初は,「エゥーゴにおけるジム恐」を目指していたと思われ,実際にジム兇慮綏儺,箸いΦ録も散見できる。だが,この機体は基本的にアナハイム・エレクトロニクス社だけでの製造である,という根本的な問題を抱えている。MSの製造が事実上アナハイムの独占状態になっていたU.C.0090年代ならばまだしも,この時代はまだ連邦軍系の工廠も機能しており,各種MSの建造・改修が実施されていたのである。このため,連邦系工廠で作業可能なジム系の機体の方がネモよりもコスト面で優れるのはいうまでもないだろう。
  • [2]ここでいう第2世代MSというものは,Ζガンダム放映時初期の分類。すなわち,ムーバブル・フレームの一部導入と,リニアシートの導入を果たした機体であり,「ガンダリウム合金」については考慮していない。
  • [3]詳細は,それぞれの機体のスペックを比較してもらいたいのだが直接的な比率が同じという訳ではない。後期型RGM-79QのスペックはRGM-86Rを凌駕している部分があり,これはRMS-179開発の過程で行われたフィードバックと考えたほうが妥当であろうということを述べたいのである。
  • [4]実は,このRMS-179こそが「RGM-86」に相当する機体であると考えられる。連邦軍が開発したRGM-86系は,実はギレンの野望やGジェネレーションにて確認出来る「赤い胸部の機体(RGM-86R)」だけなのであるが,これが強化されたRMS-179タイプのジム卦格適用後であるとすれば,解釈としてはおもしろいと考えられる。