トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RGM-86DT〕ジム袈秒論鏤斗諭紛畭絏讐修機)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ジム袈秒論鏤斗諭紛畭絏讐修機)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RGM-86DT
兵器区分局地戦仕様カスタム機
所属地球連邦軍
パイロット連邦兵
製作データ
デザイナー不明
初出作品機動戦士ガンダム0099
参考文献-

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高18.0m
本体重量Unknown
全備重量Unknown
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力20300kg x4
センサ有効半径Unknown
装甲材質チタン合金/セラミック複合材


 武装

ビームサーベル x2

ビームライフル

60mm頭部バルカン砲 x2

グレネードラック x1


 概要

 RGM-86D型は,ヨーロッパ地域で用いられたRGM-86Gジム恵肋綏燭虜叔戦対応改修型で,主にダカール周辺の連邦政府首都防衛のために配備された機体である。
 本来,D型は砂漠戦対応型として,RGM-86Gの設計をベースに新規生産された機体であったが,当時すでに86型の力不足から,主力機の89型へのシフトが始まっており,86D型を含む86型そのものの生産はわずかな期間で終了していたのである。

 エゥーゴ/カラバが運用したRGM-86R(含む,ヌーベルタイプ)は,ジムタイプの高性能型として90年代初頭まで運用が続けられたの。だが,実は第1次〜第2次ネオ・ジオン戦争で,実働部隊として実戦経験のない地球上の多くの部隊では,86型以前の79R型やMSA-003,RMS-106,RMS-108などといったグリプス戦役期の機体の運用が続けられていた。
 そのため,それらの部隊の運用機は,耐用年数的な問題と,テロ組織が運用する機体(第1次/第2次ネオ・ジオン戦争での流出機が含まれる)に対する力不足の問題から,89型の一刻も早い配備,あるいは生産が休止された86型の機体再配備を望む要望が次々と上げられたのである。
 しかし,もともと86型の機体生産数はかなり限られたものであったことに加え,当時連邦軍を悩ませていた袖付きなどのネオ・ジオン軍残党への対処のため,これらの装備の多くは宇宙を優先に配備されていたのである。

 そこで検討されたのが,新たに機体を生産するのではなく,従前の機体の近代化改修によって「RGM-86同等機」としてバージョンアップするという手段だった。
 基本的に,これらの機体を必要とする部隊は,1.「それほど前線にはなり得ない」,2.「グリプス戦役以前からの配備機が運用されていることが多い」,3.「ほぼ全ての部隊がアフリカ南部,中南米,局地などの限定的な機体運用状況である」,といった点が考慮され,陸戦用RGM-86Gに局地専用改修キットを適用したD型の設計プランがベースとなることとなった。(なお,86型には,86T型と呼ばれる陸戦対応機が存在していたが,この機体は,事実上の新規開発機であり,後期86R型と同様に一から建造することが前提であったため,コスト面,運用面等で対象から外されていた。)

 この旧式機のバージョンアップキットは,大きく3種に分けられており,RGM-79/RGM-79RからRGM-86D相当機にバージョンアップするものが,いわゆるRGM-86DTという型式で呼称されるものである。(一般的に「D」はデザートを意味し,「T」はトルーパーを意味するとされる。)
 このRGM-79/RGM-79RからRGM-86D相当機にバージョンアップする改修キットは,一部修正によって,MSA-003にも適用可能なもので,実際には統一された仕様の機体ではなく,「陸戦対応機としてのバージョンアップ機」ではあったが,設計ベースとなったD型のサブタイプ扱いとして承認されている。(もちろん,ベースとなった機体によって外観の差異は存在するのだが,全て同一機種として登録されている。)
 このDT型は,第一世代MSよりは遙かに強力な上,第2世代機とも互角かそれ以上の戦闘力を有したため,好評で主に掃討戦が中心であった地上部隊に続々と配備されていった。

 なお,残り2種の改修キットは,RMS-106/108に強化パーツを装着してRGM-86D相当の戦闘力を持たせるもの,そして,一年戦争時のジオン系の機体に装着することで機能強化をはかるものであった。
 このうち,2番目は,基本的に戦闘を目的としたものではなく,作業用のMSとして連邦軍の標準運用仕様に適合させようとしたものである。(万一の場合に,戦闘にも参加できるための機能強化,ともいえるのだが。)従って,正式な型式は存在せず,機体登録は従前の型式番号で行われている。
 また,最初の仕様は,RMS-106/108とRGM-86系列の合いの子のような中途半端な機体とはなったが,補充部品をRGM系と統一できるというメリットがあった。これらの機体には,通称として「RGM-85」という呼称が与えられた。これは,86型まで強化されなかった中途半端な機体であるという意味合いからである。(制式には,RMS-106/DT mod.86 ハイザック改/86,あるいはRMS-108/DT mod.86 マラサイ改/86と登録される。)

 蛇足ながら,この近代化改修を施された機体は他にも存在する。
 RMS-154がそれで,RMS-154は,ティターンズが開発した機体であったため,その機体評価にもかかわらず敬遠されることが多くなってしまった。
 しかし,この機体の評価は,当時ティターンズと戦火を交えていたエゥーゴ側でも高く,カラバによって入手されたデータをもとに,RGM(ジム)系との互換性を持たせた改良発展型をロールアウトしている。これが,「RGM-87/MSA-008バージム」なのである。
 この近代化改修は,実際に建造されながらも運用されずに二線級として後方送りになってしまったRMS-154にも適用が行われた。こうして誕生した機体が,主に「RGM-87」として登録されるバージムの実体なのである。


 引用


 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・Ro]


最終更新時間:2010年12月04日 06時51分16秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注