トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RGM-79SP〕ジム・スナイパー供淵謄ターンズ仕様)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ジム・スナイパー供淵謄ターンズ仕様)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RGM-79SP
兵器区分狙撃用モビルスーツ
所属ティターンズ
パイロットティターンズ兵
製作データ
デザイナー瀧川虚至[1]
初出作品アナハイム・ラボラトリー・ログ
参考文献

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高18.0m
本体重量45.0t
全備重量61.0tt
ジェネレータ出力1390kw
スラスタ推力Unknown
スラスタ総推力102000kg
センサー有効半径11500m
装甲材質チタン系合金

 武装

L-9ビーム・ライフル

ビーム・サーベル

シールド

 概要

 RGM-79SP《ジム・スナイパー供佞蓮っ狼縅∨軍が一年戦争当時に開発した狙撃戦用の機体である。
 型式やその機体名から考慮すると,戦後に改めて整理された際のものである可能性も高く,様々な資料間での矛盾も多く見られる機体である。

 一般的にSP型は,RGM-79SC《ジム・スナイパーカスタム》の成功を持って,高性能型ジム(俗にジム・コマンド系列と呼ばれる)の狙撃型として開発された,という考え方が提示される場合が多いが,実際にはそのようなことは無く,あくまでの狙撃戦仕様の機体として開発されたバリエーション機に過ぎないのである。
 おそらくだが,ジム・スナイパー兇箸いΦ‖量召,こうした混乱を生んだ原因だと考えられる。実際のところ,SC型はあくまでもRGM-79《ジム》の機能強化型であり,「狙撃任務にも使用可能な機体」として誕生したものである。このため,SC型には基本となる仕様は存在するものの,実際の運用によって様々な亜種が存在している。
 一方で,SP型(スナイパー供砲蓮ち牲盞燭箸靴討陵囘咾主であり,高い基本性能を持って,他の運用が行われた場合もある,という位置づけなのである。

 同様に,SP型がコマンド系列をベースに開発された新規機種であるのに対して,SC型は,RGM-79の改装機である点は,両機種の位置づけが全く異なっていることを示している。
 すなわち,当初からバリエーションとして建造された機体としての位置づけと,いわゆる「ノーマルジム」の改造プランから派生した機体であるという位置づけの違いである。また,SP型とSC型が実戦に投入された時期もほぼ同じ時期であり,このことからもSC型の評価が開発のきっかけであった,という事では無いことが分かる。

 SP型は,コマンド系列の生産が始まってからのバリエーション機であるため,建造そのものが生産された機体のライン変更,あるいはロット変更による機体である。
 このため,コマンド系列の生産が優先されていたこともあり,一説によると実際に建造された機体は「3個小隊分(3機編成で考慮した場合9機,3+2機編成で考慮した場合でも15機)」しか存在しないとも言われている。(その割に,確認された戦線が多く,カラーパターンも多いことなど,謎の多い機体でもある。)

 本機は,戦後ティターンズにおいて運用された機体である。
 基本性能は,一年戦争当時開発されたモビルスーツの中でも突出していたスナイパー兇鯀牲眷ぬ獲僂箸靴謄謄ターンズが再配備したもので,各部を近代化改装している。

 引用


 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・アナログ]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2017年05月21日 00時59分06秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]アナハイム・ラボラトリー・ログ版