トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RGM-79HC〕ジム・ガードカスタム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ジム・ガードカスタム

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RGM-79HC
兵器区分連邦軍量産型モビルスーツ・カスタムタイプ
所属地球連邦軍
パイロット連邦兵
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品機動戦士ガンダム 戦場の絆
参考文献ガンダムエースほか

 スペック

項目内容
全高18.0m
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量90.0t
ジェネレータ出力1390kw
スラスタ推力Unknown
装甲材質チタン系合金

 武装

ビーム・サーベル

ビーム・ダガー


E-2ビーム・スプレーガン


頭部バルカン砲


ガーディアン・シールド

 ガーディアン・シールドは合金4種の5層構造で,これに耐ビーム・コーティングを施している。一説には,艦砲すら受け流したとも言われる。

 概要

 地球連邦軍が開発した汎用量産型モビルスーツRGM-79ジムは,大量生産に適した機体として高い生産性を優先された結果,俗にRX-78の量産タイプと言われながらも単機の性能としては中庸な機体となってしまっていた。このため,ロールアウト直後から,モビルスーツに対する適性の高いパイロットからは,様々な改修要望が噴出することとなった。

 連邦軍は,こうした俗にエースと呼ばれるパイロットの要望に対して,RGM-79のカスタマイズによって対応を行っており,特に著名な仕様としてあげられるのが,フランシス・バックマイヤー中尉の要求によりカスタムアップされた「ジム・スナイパーカスタム」である。
 いわゆる「スナイパーカスタム」は,同仕様の機体が50機前後建造され,高い評価を得た仕様であり,ここから複数の仕様が枝分かれして誕生している。
 当初,この中には「スナイパーカスタム・インターセプトタイプ」,「スナイパーカスタム・ガードタイプ」と呼ばれていたバリエーション機(と思われていた機体)が,存在していたとされたが,当時の調査では明らかにされず,長らく謎のままであった。(このため,インターセプトタイプ,ガードタイプとされていた機体も実際には,スナイパーカスタムの亜種という状況でしか無かった。)
 しかし,後年の調査で「ガードカスタム」と呼ばれる全く異なった改修が施されていた機体の存在が明らかとなった。

 ガードカスタムは,主に「ガーディアン・シールド」と呼ばれる耐ビーム・コーティング等が施された大型のシールドを装備した性能向上機である。
 一年戦争後,数多くの機体が残存しているにも関わらず,情報公開がU.C.0089までずれ込んでおり,このことから本機の情報秘匿性が高いことが推察される。(なお,この時の情報公開もF.S.S.によるあくまでも限定的なものである。)
 これは,本機の配備先がかなり限定された状況になっていたためで,多くの機体は艦艇や陸上艦艇に遠距離からの攻撃に対する防御手段のひとつとして配備されており,いわば人の盾として運用されていたという状況にもよると考えられる。(実際,敵の攻撃に対して,自らの身を投げ出す形で立ちはだかるための機体である。パイロットの精神的疲労はかなりのものであっただろう。)

 なお,本機の情報が正式に公開されたのは,一年戦争勃発30周年(U.C.0109)の際である。この際に,様々な一年戦争関連情報が公開されているが,そのひとつとして公開されている[1]

 引用

ガンダムエース /-- 連載1周年記念特集

 防衛任務を主眼に性能向上機をチューンアップした機体。専用の巨大な盾,ガーディアン・シールドを携行する。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・ハーモニー・オブ・ガンダム]
[モビルスーツ・MSV-R]


最終更新時間:2014年08月30日 11時17分09秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]一年戦争関連の情報開示が積極的に進んだのは,実は,U.C.0100年のジオン共和国の自治権返上に際してである。設定上は,M-MSVに該当する機体は全てのこのタイミングで公開されており,MSVのU.C.0084頃,MSV-RのU.C.0089頃というタイミングと比較して,かなり遅い。また,MSV-RはあくまでもF.S.S.の報告書であり,一般公開そのものは後年にずれ込んでいてもおかしくは無く,この点でGAME's MSVでの提示は,ネタにしやすい設定ではあった。