トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔RGM-79D〕ジム寒冷地仕様の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔RGM-79D〕ジム寒冷地仕様]]
!!!ジム寒冷地仕様
*[MS]
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,RGM-79D
,兵器区分,局地戦用量産型MS
,兵器区分,局地戦用量産型モビルスーツ
,所属,地球連邦軍
,パイロット,連邦兵
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,出渕裕
,初出作品,機動戦士ガンダム0080〜ポケットの中の戦争
,参考文献,-

,参考文献,1/144HGUC インストラクション{{br}}GUNDAM WAR ほか
!!スペック
,項目,内容
,全高,UN
,全高,Unknown
,頭頂高,18.0m
,本体重量,44.7 t
,本体重量,44.75t(#1)
,全備重量,58.7 t
,ジェネレータ出力,1250 kw
,スラスタ推力,15000 kgx 4 
,本体重量,44.7t{{br}}44.75t{{fn HGUCインスト}}
,全備重量,58.7t
,ジェネレータ出力,1250kw
,スラスタ推力,15000kg x4
,アポジモーター数,5
,センサ有効半径,5790 m
,180度旋回時間,1.6 sec
,陸上走行速度,116 km/h
,装甲材質,チタン合金セラミック複合材
,装甲材質,チタン・セラミック複合材(#1)
,センサ有効半径,5790m
,180度旋回時間,1.6sec
,陸上走行速度,116km/h
,装甲材質,チタン合金セラミック複合材{{br}}チタン・セラミック複合材{{fn HGUCインスト}}
,黒歴史コード,02-7929056
#1:HGUC

!アンテナ
長波から極超短波までをカバーする高性能の送受信システムの端末として十分な出力および感度を持つほか,局地の電波環境に応じた通信が可能。

 長波から極超短波までをカバーする高性能の送受信システムの端末として十分な出力および感度を持つほか,局地の電波環境に応じた通信が可能。
!ランドセル
稼動の信頼性を向上させるため,ランドセルには先行量産型の設計をベースに再設計されたものが装備されている。

 稼動の信頼性を向上させるため,ランドセルには先行量産型の設計をベースに再設計されたものが装備されている。
!機体構造
低温下での地上戦を前提とした設計が行われており,機体凍結を防止するためのノンドレン機構(湯気が凝結して水になるのを防止する機能)などのさまざまな防寒処理が施されている。

 低温下での地上戦を前提とした設計が行われており,機体凍結を防止するためのノンドレン機構(湯気が凝結して水になるのを防止する機能)などのさまざまな防寒処理が施されている。
!関節
各部関節に砂漠用機に準じた防塵処理に加え,特に重要な部分には付着した氷雪を溶融,昇華するためのノンドレン機構が採用されている。
悪天候下での運用を想定していた本機は,通信機能が大幅に強化されている。右側頭部に追加されたロッド・アンテナに,その改良点を見ることができる。

 各部関節に砂漠用機に準じた防塵処理に加え,特に重要な部分には付着した氷雪を溶融,昇華するためのノンドレン機構が採用されている。
 悪天候下での運用を想定していた本機は,通信機能が大幅に強化されている。右側頭部に追加されたロッド・アンテナに,その改良点を見ることができる。
!!武装
!60mm バルカン x 2
60mm口径の実体弾を射出する。銃口部分には結露,凍結センサーとヒーターが装備されている。

!60mmバルカン
 60mm口径の実体弾を射出する。
 銃口部分には結露,凍結センサーとヒーターが装備されている。
!ビーム・サーベル
後期生産型のジムが装備するビーム・サーベルは,多くの機体において基本装備数が1本であることからも判るように,量産効果などもあって稼動に関する信頼性はかなり改善されている。

!90mm マシンガン(プルパップ・マシンガン)
フォアグリップ兼用のマガジン及び,グレネードランチャー射出機能を持つ寒冷地仕様のMS用マシンガン。

 後期生産型のジムが装備するビーム・サーベルは,多くの機体において基本装備数が1本であることからも判るように,量産効果などもあって稼動に関する信頼性はかなり改善されている。
!90mmマシンガン(プルパップ・マシンガン)
 フォアグリップ兼用のマガジン及び,グレネードランチャー射出機能を持つ寒冷地仕様のMS用マシンガン。
!シールド
堅牢さよりも衝撃吸収/拡散を目的とする防御装備。運用時のフレキシビリティをさらに向上させるため,マウントラッチやスライドハンドルなどが改善されている。

 堅牢さよりも衝撃吸収/拡散を目的とする防御装備。
 運用時のフレキシビリティをさらに向上させるため,マウントラッチやスライドハンドルなどが改善されている。
!!概要
RGM-79Dは,後期型をベースに北極圏や南極圏に配備された機体で,寒冷地向けのチューニングがほどこされている。
機体自体はそれほど特徴があるわけではないのだが,本機がそれなりにメジャーであるのは,一年戦争後の機体生存率が高かったため(ほとんど戦闘に参加しなかったので,当然といえば当然だが)戦後に機体を目にすることが多かったことと,本機がRGM-79Rの設計ベースになっているからである。
 RGM-79D《ジム寒冷地仕様》は,地球連邦軍の局地戦用モビルスーツである。
 いわゆる後期型に分類される機体であるが,比較的初期に配備が進められた機体であり,ある種,後期型の雛形と言った側面も持った機体である。

なお,一般的な兵装はマシンガンではあったが,本機のジェネレータは十分ビーム兵器を駆動できたようである。
 その名が示すように寒冷地型は,北極圏や南極圏に配備された機体で,寒冷地向けのチューニングが施されている。機体自体はそれほど特徴があるわけではないのだが,本機がそれなりにメジャーであるのは,一年戦争後の機体生存率が高かったため(ほとんど戦闘に参加しなかったので,当然といえば当然だが)戦後に機体を目にすることが多かったことと,本機が後年配備が勧められたRGM-79R《ジム供佞竜‖了斗佑離戞璽垢砲覆辰辛分もあるということである。

 寒冷地仕様へのチューンとして,既存の車輌や航空機などの運用ノウハウに基づき,着氷や氷結対策,各部の凍結防止や防寒処理などが施されているが,モビルスーツという巨大な兵器の運用実績は無く,それらのデータ収集の意味合いも持たされていたと考えられる。
 なお,この機体は,一年戦争当時に配備された地上戦仕様機の中では破格の通信能力を持っている。これは,寒冷地(特に極地方)においては荒天が数日に渡って続くことも多い為,通信能力そのものが,戦術はもとより部隊の生存性にも関わるためであり,これが各種データの回収においても役立っていたことは疑うまでも無い。
 配備先で著名なのは連邦軍北極基地であり,同機の数少ない実戦記録ともなっている。他にも同型機は,ロシアのバイコヌール宇宙基地へ後退した公国軍の掃討戦などにも投入されている。
!!引用
!GUNDAM WAR 永久の絆 地球連邦軍U-77
大戦末期のジムのバリエーションの一つ。肩部にダクトが増設されている。北極基地でアレックス警護の為,大量に配備されていたが,サイクロプス隊の襲撃を受け甚大な被害を出した。

!爆笑戦士SDガンダム1巻
ビームサーベルとマシンガンを装備。頭部には,バルカン砲を持つ。南極で活躍した。
※南極!? 作中では,北極が正解。

!MS大全集
この機体は,RGM-79ジムの生産体制が後期に入ってから設計されたもので,技術的にはRGM-179ジム(グリプス仕様)とMSA-003ネモに分派される直前の機体である。性能的には,通常のRGM-79ジムと大きな差はなく,寒冷地に対応したパーツの換装を行った程度で,武装をビームスプレーガンからマシンガンに変えているのが主な特徴である。

!機動戦士ガンダム戦記 限定版同梱 OFFICIAL GUIDE BOOK
一年戦争末期,RGM-79に各種マイナーチェンジを施した後期生産型ジムをベースに,寒冷地仕様としてチューンナップした機体。
寒冷地に対応し,関節部の凍結防止策がとられている他,先行量産型に比べて基本性能自体もバランスよく向上している。

!1/144 HGUC インストラクション
「ジム寒冷地仕様」は,一年戦争時に量産された"ジム"のうち,いわゆる後期生産型に属する機体である。なかでも寒冷地仕様機は比較的初期の段階で当該地域に配備された。これは,連邦軍におけるMS開発の途上において,亜寒帯以北(以南)の寒冷な環境での稼動データが存在しなかったためであったとされる。寒冷地仕様へのチューンとして,既存の車輌や航空機などの運用ノウハウに基づき,着氷や氷結対策,各部の凍結防止や防寒処理などが施されている。メインスラスターの推力は標準的なものだが,ランドセル全体としては余裕のある設計が施され,いわゆる待機状態におけるエネルギー消費効率も改善されており,この構造は戦後の79C型などに採用されている。さらにこの機体は,一年戦争当時に配備された地上戦仕様機の中では破格の通信能力を持つ。なぜなら,寒冷地(特に極地方)においては荒天が数日に渡って続くことも多い為,通信能力そのものが,戦術はもとより部隊の生存性にも関わるからだ。配備先で著名なのは連邦軍北極基地であり,同機の数少ない実戦記録ともなっている。他にも同型機は,ロシアのバイコヌール宇宙基地へ後退した公国軍の掃討戦などにも投入されている。

RGM-79Dジム寒冷地仕様は,OVAシリーズ「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」に登場した量産MSである。U.C.0079年12月9日。連邦軍の北極基地が公国軍の特務部隊"サイクロプス隊"に急襲された。突如として海面から出現した2機のハイゴッグは,正面から基地を狙って表現を疾走,待機状態の中型ミディア輸送機と格納庫および管制塔を強襲する。ブラウン隊のジム寒冷地仕様が防衛ラインを展開するが,たった2機のハイゴッグのスピードとパワーに翻弄され,瞬く間に撃破されてしまう。一方,海底ドックから侵入したズゴックEと3機目のハイゴッグによって,いままさに発進しようとするシャトルが発見されてしまった。警備に付いていたジム寒冷地仕様は,発射台の直下であるにも関わらず,一歩も退くことなくマシンガンを撃ち続け,シャトルを狙うハイゴッグを阻んだ。そして見事,焦れて飛び出したハイゴッグを撃破するものの,その機体は宇宙へと打ち上げられるシャトルが吐き出す轟々たる爆炎の中に姿を消すのであった……。

!ギレンの野望 アクシズの脅威V DATABASE
関節部と武装を寒冷地用に換装したジムのバリエーション機。
従来機と比べて基本性能に大きな差はないが寒冷地での運用性が大幅に向上している。

!戦場の絆ポータブル 機体解説
寒冷地仕様としてチューンナップされた,後期生産型のジム。耐久力の割にコストはやや高いが,機動力が大幅に強化されている。実弾兵器主体の武装を持つ。
(カテゴリ:格闘)

!機動戦士ガンダムMSパイロット名鑑<一年戦争編>
さまざまに派生したジムのバリエーションのひとつ。性能的には通常の事務と大差はなく,寒冷地用にパーツの一部が換装されているのみである。連邦軍北極ポートに配備。

!データコレクション 一年戦争外伝
この機体は,RGM-79ジムの生産体制が後期に入ってから設計されたもので,技術的にはRGM-179ジム兇MSA-003ネモに分派される直前の機体である。性能的には通常のジムと大差はなく,寒冷地に対応したパーツの換装を行った程度で,武装がビームスプレーガンからマシンガンに変わっているのが主な特徴である。
※原文まま

!ファクトファイル
'''極地での運用を試みたジム・バリエーション'''
旧世紀にヨーロッパを席巻したナポレオン・ボナパルトは,ロシア遠征で「ある敵」に敗れ去った。第2次世界大戦におけるドイツ軍も,ソビエトでナポレオンと同じ敵を相手取り,2度に渡って手痛い惨敗を喫した。その敵の名は「冬将軍」──ロシア地域における冬の厳寒であった。自然現象の前には,人の力などあまりに貧弱だったという動かし難い証拠と言えよう。しかし,人間は戦うことに貧欲な生き物であり,その自然すら克服しようとする。それは,MSという究極の汎用兵器を手に入れた宇宙世紀において,さらに加速されることとなる。RGM-79D寒冷地仕様ジムというSMは,自然に対する人の飽くなき戦いへの姿勢が生み出したMSと言えよう。
RGM-79Dは,厳寒の極地でのMS運用データを収集するために,RGM-79の後期生産タイプを改修した機体であった。一年戦争末期に主戦場が宇宙に移ってなお,連邦軍は未経験の戦場での兵器運用を試み続けたのである。結果的に,本機はわずかな実戦を経験しただけで一年戦争の終戦を迎えた。だが,貧欲な兵器の性能追給は,戦後も脈々と受け継がれていったのだった。

一年戦争末期に少数が生産されたRGM-79Dは,バイコヌール宇宙基地掃討戦や連邦軍北極基地などの極地に投入された。配備時期には戦線が宇宙に移行していたため,実践例は少ない。

 大戦末期のジムのバリエーションの一つ。肩部にダクトが増設されている。北極基地でアレックス警護の為,大量に配備されていたが,サイクロプス隊の襲撃を受け甚大な被害を出した。
!!備考

!!関連項目

!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・R}}
{{category モビルスーツ・0080}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。