トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RGM-79C〕後期型ジム

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

後期型ジム

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RGM-79C
兵器区分汎用量産型モビルスーツ
所属地球連邦軍
パイロット連邦兵
製作データ
デザイナーカトキハジメ
CGアレンジ:不明
初出作品機動戦士ガンダム MS IGLOO〜黙示録0079
参考文献

 スペック

項目内容
全高18.5m
頭頂高18.0m
本体重量41.2t
全備重量58.8t
ジェネレータ出力1250kw
スラスタ推力12500kg x4,1870kg x4
スラスタ総推力57480Kg
180度旋回時間1.6sec
装甲材質チタン合金セラミック複合材

※スペックは一般的なジム改のもの。

 武装

60mmバルカン x2

ビーム・サーベル x1

 連邦軍のMSが装備する標準的なビーム・サーベル。複数のエネルギー供給システムの規格に上位互換での対応が可能。既存の連邦製の機体であれば稼働可能な高効率高容量のコンデンサーデバイスが採用されている。

ジム・ライフル

 90mmの実体弾を射出する武装。弾体はケースレスだが,ジャミング(装弾不良)を起こしたた時のためのコッキングおよびイジェクト機構は残されている。機関部とボルトグループなどの中枢機構が高度にユニット/システム化されており,フレームやストック,マズル,マガジンなどを交換できる。MS用ドッカブルガンシステムのライフル仕様。

90mmマシンガン

 各種弾体と用途の異なるバレル長の銃器として兼用可能なメインユニットを持つドッカブルタイプのMS用銃器として開発されたガンシステムのマシンガン仕様。連邦軍の統一規格である90mm口径の各種実体弾を使用可能で,演習などにおけるペイント弾射出などにも愛用されている。マガジンの装弾数は20発。

360mm ハイパーバズーカ x 1

シールド

 主に実体弾などに対して有効な防御装備。耐ビームコーティングは施されているが,直撃は避けた方が賢明。腕部のラッチに装備して携行し,使用時にはマニピュレ一夕ーで保持して有効なアングルに持ち変える場合が多い。サーベルやオプションを装備/携行可能な改装を施されたものもある。

ビーム・スプレー・ガン

 同時期のフルスペックのビーム・ライフルに比べて射程は短いものの,一年戦争時にジムが使用していたものより出力や集束率が改善されており,中,近距離では充分な破壊力を発揮する。ただし,一年戦争以後のMSには耐ビーム処理が施されているものが多く,ロングレンジでは対MS用兵器としての効果は薄い。

ロングライフル

 各種弾体と用途の異なるバレル長の銃器として兼用可能なメインユニットを持つドッカブルタイプのMS用銃器として開発されたガンシステムのロングバレルライフル仕様。連邦軍の統一規格である90mm口径の各種実体弾を使用可能で,宇宙空間での弾道を安定させるためにバレル長が延長されている。ボックスマガジンの装弾数は120発。月面や小惑星上でのアンブッシュ,狙撃任務などのためのバイポッドを装備し,より精密な射撃が可能となっている。

 概要

 RGM-79C《ジム改(あるいは「ジムC型」)》は,一年戦争終戦後の地球連邦軍の再建計画のさなかに,建造・配備が進められた機体である。
 一年戦争当時,連邦軍の主力となったRGM-79《ジム》は,戦時中の暫定的仕様であった部分も多く,各生産施設での建造による数あわせが優先されたという事情もあって,実は同型機でありながらも規格が異なった仕様を有する機体も多かった。また,急遽決定された仕様であるため,煮詰められていない部分も多く,戦中にパイロットの要請に合わせた改装が行われることも多々あったのである。
 こうした機体仕様は,戦時中という特殊な条件下ならばまだしも終戦後の安定した時代にはそぐわないことはいうまでもない。

 本機,RGM-79C《後期型ジム》は,一年戦争末期に一部部隊に配備された機体で,後にジム改と呼ばれることになるタイプの雛形となったものである。機体の各部は,俗にオーガスタ系と言われる機体群のデータがフィードバックされており,各部モジュールやレイアウトなどは,後のRGM-79R(RMS-179)《ジム供佞悗硫疆牢にあるともいうことができる機体となった。
 このため,本機は戦時下で乱立していたRGM系MSのリファレンスとして位置づけられる機体となっておえり,基本的には「ただのジム」としての存在となる機体として,戦後の連邦軍再建における中心的位置づけとなるはずであった。

 しかしながら,C型ジムは相当数が生産されているにも関わらず,事実上の主力機たり得ていない。本来ならば,標準機として各部隊に配備が行われているはずの機体でありながら,U.C.0087年のグリプス戦役期には,ほとんどその姿を消してしまっているのである[1]
 これは,U.C.0083年に起こったデラーズ動乱において,「デラーズ・フリートの擁する一年戦争後期のモビルスーツ」にC型が相当数が撃破されてしまったことがその原因とされている。(なお,デラーズ動乱は公式記録には残っていない為,本機は後年デラーズ動乱の存在が明かされるまでは実戦経験無しという評価であった。)
 実際のところ,トリントン基地を始めとする各地でのC型の損失は,そのほとんどが戦略的・戦術的に圧倒的状況によって敗れてしまったことが原因であって,1対1あるいはそれに準じた状況下では,本機の性能は十分第2世代モビルスーツとさえも渡り合えるほどのものだったのである。デラーズ動乱では,パイロットの錬成不足と上層部の判断ミスの積み重ねが敗北を招いたと言ってよく,これが,「RGM-79Cという機体が力不足だった」という評価にすり替えられてしまったのである。

 結果として,一部で既に配備が始まっていたRGM-79R(後にRMS-179)《ジム供佞連邦軍の主力機と位置づけられることとなるのだが,極めてアンバランスな時期の機体となっており,同時期にRMS-106《ハイザック》やRMS-117《ガルバルディβ》など,旧公国軍系モビルスーツの改装型も標準機として配備が進められることとなった。つまり,C型ジムの開発における目的のひとつであったコスト面等の問題点は,なし崩し的に無視されることとなったのである。
 様々な意味で不遇だった,という評価がC型ジムに与えられる評価であろう。

 引用

MS-IGLOO 公式サイト

 連邦軍初の量産MS「RGM-79ジム」の後期生産型に若干の改修を施した機体。1年戦争後期に発生した連邦軍の技術的な問題(生産性と互換性)をフィードバックし,高性能化が企図された。

 備考


 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・MS-IGLOO]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年06月15日 20時10分01秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]メタ的にいえばこれは当然で,0083の製作がΖガンダムより後年だったということである。しかしながら,劇場版Ζガンダムでは0083関連のMSも画面に登場しているなど,こうした不整合の解消は(ある程度)図られている。