トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RGM-79〕ジム(後期生産型)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ジム(後期生産型)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RGM-79
兵器区分汎用量産型モビルスーツ
所属地球連邦軍
パイロット連邦兵
製作データ
デザイナーコンセプトデザイン:富野喜幸
デザイン:大河原邦男
初出作品機動戦士ガンダム
参考文献GUNDAM WAR
MIAデータシート
ガンダムコレクションNEO
GUNDAM FACT FILE
Gジェネレーションポータブル ほか

 スペック

項目内容
全高18.5m
全高18.0m[1]
頭頂高18.0m
本体重量41.2t
全備重量58.8t
自重48.2t[2]
総重量102.3t[3]
ジェネレータ出力1250kw
馬力29500hp[4]
動力システム熱核反応炉[5]
エンジン出力22000[6]
主推進システム化学燃料ロケット/201.5t x2/持続時間29.1[7]
スラスタ推力24000kg x2,1870kg x4
センサ有効半径6000m
180度旋回時間1.6sec
180度姿勢変更1.6s[8]
陸上走行速度102km/h
地上走行速度192km/h[9]
装甲材質チタン合金

 武装

60mm 頭部バルカン

 近接武装として非常に有効である頭部バルカン砲などは,頭部エクステリアの小型化によってガンダムよりも装弾数が増量されている。

ビーム・サーベル

 RGM-79が装備するビームサーベルは,基本的にRX-78のものと同じ性能を持つが,オプションとして試験運用されていたジャベリンタイプのものはほとんど供給されていない。

ビーム・スプレーガン<A・E-Br・G-Sc-L>

 RX-78のビームライフルに比べて射程は短いものの,近距離では十分な効果を発揮する。ただし,MS-14以降の機体の装甲には耐ビーム処理が施されているものも多く,近接戦闘を余儀なくされるケースも多かったと言われている。

ビーム・ライフル

 ガンダムに供給されたビームライフルは,当時の戦艦級の破壊力を持つ。当然,ジムもこの兵装の装備を前提としていたが,生産性が低かったため,実際に供給された機体は決して多くはない。また,主に生産性の向上を目的とした新規設計のビームライフルも数種開発されたとも言われている。

ハイパーバズーカ<H-Baz-87-A・E/Ver.009>

 RGM-79が使用したバズーカの多くは,RX-78に装備されているものの同等品である。380mmの各種弾頭を専用作薬で射出することができる。

シールド<RX・M-Sh-VT/S-008>

 連邦製のMS標準装備される防御装備。堅牢さよりも衝撃吸収/拡散を目的としている。防御姿勢のフレキシビリティをさらに向上させるため,マウントラッチやスライドハンドルなどが改善されている。

 概要

 RGM-79《ジム》は,地球連邦軍が開発・配備した汎用量産型モビルスーツである。
 一般的に,RX-78《ガンダム》の簡易量産型がジムであると言われることが多いが,実際のところは,様々な基礎研究の上に成り立った機体であり,RX-78のデータ「も」その開発に大きな影響を与えている,といった方が正確であろう。
 ジムの開発が成功すると,連邦軍は生産可能な施設全てで大量生産を開始,瞬く間に公国軍のモビルスーツ部隊に匹敵する(実際には,それを上回る規模であった)部隊編成を完了するに至った。
 これにより,連邦軍による反攻作戦の下地は整ったと言え,持てる戦力を投入することでオデッサ,北米と地球上の公国軍の主要施設を奪還することに成功した。

 その点でも,ジムは(諸々の評価は存在するにしても)連邦軍勝利の立役者といっても過言では無く,以後の連邦軍モビルスーツの基礎的位置づけを確立したと言えるだろう。

ジムの生産拠点と各種バリエーション

 ジムは,主な生産拠点がジャブロー,ルナツー,アジアベースの3箇所があり,それぞれに最低限の仕様が提示されたのみで,確保可能な部材の利用を認めていたことから,それぞれの生産拠点ごとの特徴がある。そのため,型式番号が同一だからといっても形状や性能が同じとは限らないものとなっている。

 極めて初期の運用評価こそ高品位の部材を用いて試験運用が行われたものの,本格運用を行うに際して,極限まで部品構成を簡略化したことから,いわゆる初期型と呼ばれる機体には,様々な弊害が発生している。
 先行して評価試験に用いられたG型(RGM-79[G])やE型(RGM-79[E])は,一部部材をRX-78(RX-79)と共用するなど,性能的にも高いレベルを確保した機体であった。(なお,これらのG,Eは,通常機の枝番とは異なる扱いを受けている。なお,これらの機体を先行量産型という場合もあれば,俗に初期型とされる機体を先行量産型と分類する場合もある。)
 しかし,ジャブローで本格量産用に設計された機体は,これらの先行量産機よりもさらに設計上で簡略化されている。具体的なポイントを取り上げていくと,まず頭部の形状を単純化し,メインカメラを生産効率の高い物に変更している。また,脚部はE型の脚部をさらに簡略化した物を採用している。(G型の脚部は汎用性に乏しいため却下されたようである。)ランドセルは,ビーム・サーベルを1基とし,コストダウンをはかっている。
 さらに,最も高額化が懸念されるビーム・ライフルは採用を見送られ,量産しやすいビーム・スプレーガンを標準装備している。(配備地区によってはマシンガンを主兵装にしている機体もあった。)
 ビーム・スプレーガンは,RX-78型で採用されたビームライフルのようにエナジーCAPを採用していないために威力は小さいが,その反面簡単に生産できる上に弾数の制限も小さくしかも連射が可能と期待通りの性能を発揮しており,公国軍のモビルスーツに対する大きなアドバンテージのひとつとなった。(なお,誤解されやすいのだが,RGM-79がビーム・ライフルを装備していないのは,コスト面の問題であり,よく言われるようなジェネレータ出力の問題ではない,ジオン軍のジャブロー侵攻時にはビーム・ライフルを装備している機体も確認されている。)

 初期型ジムは,当初の連邦軍の目論見通りに戦果をあげていったが,パイロットからはパワー不足等が指摘され,星1号作戦時には後期型に切り替えられていった。
 ジムの後期型は,その主たる改良点はジェネレーターの出力アップだとされている。ジムは設計上,量産効果のみを重視して生産されたため,運用がすすむにつれて様々な改良要求が提示された。特にエースと呼ばれるパイロットの要求には考慮すべき点が多かったため,それらの要求に対してはRGM-79をカスタム化する事によってクリアし,そのフィードバックによって一般型にも改良が施されていったのである。
 いわゆる後期型ジムには2つのタイプ,すなわち,ジムコマンドスペースタイプのバックパックを装備した物,バックパックが強化された物があり,それぞれの生産拠点と配備状況によって生産されている機体が異なっていたとされる。
 結果的には,後者のタイプが最も成績(対費用効果等)がよく,のちのC型ジム,ジム兇悗犯展していくこととなる。

 一年戦争後も,ジム系と呼ばれる機体群の開発は続けられていたが,いわゆる近代化と呼ばれる措置がほとんどであった。機体の根本的設計を変更した「ジム系」となったのが,RGM-89《ジェガン》であることから言えば,ジムのベースとなった「ガンダムの基礎設計」が如何に優れていたか,ということを示していると言えるだろう。

 引用


 備考

生産ロットごとの違いについて

 劇中での微妙な差異や装備の違いなどで,ジムには生産ロットごとの違いがあることが定説化している。例えば,ジャブロー攻防戦で登場したジムがビーム・ライフルを装備(但し,撃破されたシーンではビーム・スプレーガンとなっている)しているなどが該当するが,これがデザインの差異に派生せず,ロットの違いによる物という形で派生したのが,ガンダムという作品の特徴でもある。
 これは,MS-06Cと06Fにも言えることではある。ただし,そうした思惑と異なった「デザインの違い」に派生してしまったバリエーションも存在する。例えば,08小隊やポケ戦がそうした例に該当する。これらは,結果としてバリエーション機として処理された(陸戦型ジム→RGM-79[G],宇宙用先行量産型→RGM-79[E],ジムコマンド→RGM-79G等)が,MS-IGLOO後期生産型として登場した機体は,型式的には無印で有りながらも,後のC型と同様の形状であったため,GUNDAM SENTINEL0079と同じようなデザインラインでありながら,解釈は旧来の後期生産型というやっかいな代物となった。
 こうしたことから,ややこしくなったためか,0083における設定が若干変更され,RGM-79Cの戦中配備機という扱いに現在では変更されているようである。
 こうした派生の関係もあって,実にややこしいことになっているが,本Wikiでは,とりあえずありとあらゆるパターンを考慮するという考え方のため,従来の初期生産型,後期生産型共に形状の大きな差異はない,という解釈で扱っている。

記述ミスについて

 マスターグレードRGM-79ジムのインストラクションでは,大きな記述ミスが存在する。「A・E-Br・XBR-87-D」というRX-78タイプのビーム・ライフルの型式と,「VCU-505EX-V・B/Ver.021」というビーム・サーベルを示しているとしか考えられない型式である。
 これらは,本来RX-178ガンダムMk-兇料備品の型式で,前者がMk-桐僖咫璽燹Ε薀ぅ侫襦じ綣圓バルカンポッドの型式である。
 これは,直前に発売されたマスターグレード版ガンダムMk-兇離ぅ鵐好肇薀ションの記述に引っ張られており,校正のミスだと考えられる。
 しかし,困ったことに,前者はMobile Suit in Actionの派生商品として販売された「U.C.ARMS GALLERY」においても用いられており,誤った記述が広まってしまった事例の一つといえる。

 関連項目


 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・1st]
[モビルスーツ・MS-IGLOO]


最終更新時間:2015年12月19日 17時09分57秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注

  • [1]GUNDAM CENTURY
  • [2]GUNDAM CENTURY
  • [3]GUNDAM CENTURY
  • [4]GUNDAM CENTURY
  • [5]GUNDAM CENTURY
  • [6]GUNDAM CENTURY
  • [7]GUNDAM CENTURY
  • [8]GUNDAM CENTURY
  • [9]GUNDAM CENTURY