トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RGM-122C〕ジャベリンキャノン(4連装キャノンタイプ)

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

ジャベリンキャノン(4連装キャノンタイプ)

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RGM-122C
兵器区分空間戦闘用量産型モビルスーツ砲撃戦仕様
所属地球連邦軍
パイロット連邦兵
製作データ
デザイナー大河原邦男
初出作品V-MSV
参考文献NEW MSV ハンドブック2 ほか

 スペック

項目内容
全高Unknown
頭頂高14.5m
本体重量8.1t
全備重量16.5t
ジェネレータ出力3980kw
スラスタ推力23830kg x2,21600kg x1
スラスタ総推力69260kg
アポジモーター数18
装甲材質ガンダリウム合金セラミック複合材
推力重量比4.20

※スペックは,一般的な仕様のジャベリンのもの。

 武装

頭部バルカン砲

ビームサーベル

ビームシールド

ビームライフル

ビームキャノン

 概要

 RGM-122《ジャベリン》は,地球連邦軍が開発・配備した空間戦闘用量産型モビルスーツである。この時代の地球連邦軍は,その拠点を月面へと移しており,主たる戦場を宇宙と定めていた。このため,ジャベリンは連邦軍の主力機として各艦隊に配備されている。
 ジャベリンは,RGM-119《ジェムズガン》をベースに開発された機体であり,基本的には同一のフレームを用いて建造されている。そもそも地球連邦軍の量産型モビルスーツは,汎用型を前提としたものであり,戦場を限定した局地戦対応機はこうした汎用機のカスタマイズによる建造の形をとることが多かったい。
 しかし,U.C.0100年代に開発が進んだ小型モビルスーツの開発において連邦軍は後手に回っており,初号機となったRGM-109《ヘビーガン》は,およそ20年前に開発されたRGM-89《ジェガン》を無理矢理小型化したに過ぎない機体,とまで酷評されたのである。
 結果として,コスモバビロニア建国戦争においてその実力を発揮するまでに至らなかったヘビーガンであるが,連邦軍は既に改良プランを進めており,同戦争の直前には既に先行量産機がロールアウトしていたのである。
 ジェムズガンは,少なくともヘビーガンの性能を維持したまま簡易生産・簡易メンテナンスできるようにすることを目的として開発されたのだが,バランス重視型の設計がたたり,いわゆる突出した性能のない機体(当たり障りのない機体)となってしまっていた。
 そこで,連邦軍はジェムズガンと共通のフレームを持つ宇宙戦専用の機体を新たに開発し,ジェムズガンは地上戦専用の機体として運用することとしたのである。(比較的安定期であった当時,わずか3年で量産機の追加開発を行うという状況は,開発コストの高騰を招いたが,結果的に性能と運用コスト面においてはこの選択は正しく,ジェムズガンおよびジャベリンの2機種は,少なくとも30年以上運用される安定した機体となった。)

 本機は,ジャベリンの特徴ともいうべきショットランサーを取り外し,代わりに砲撃戦仕様のビームキャノンを搭載した仕様である。
 ある意味,ジャベリンという機体の特性を殺した機体ではあるが,空間戦闘用モビルスーツにおいて支援砲撃を行う機体の重要性もまた高いものがあり,ある種渇望された機体ということもできる。(なお,この点でいえば,U.C.0080年代前半まで存在していた,砲撃戦仕様のRGCタイプモビルスーツの復活ともいえる機体である。)
 しかしながら,強力な火砲を搭載していながら,エネルギー供給の問題が残り,十分に活躍したとは言い難い機体となってしまっている。
 本機は対艦戦を専門とする特務部隊「ティルコット隊」に配備された機体で,搭載されるビームキャノンは,4連装の速射性の高いものとなっている。
 機体のカラーリングは濃い青で,同隊の部隊カラーとなっている。

 引用

New MSV ハンドブック2

 量産後期に小数生産されたタイプ。背部のジャベリンユニットをビーム砲に換装してあり,エネルギーはランドセルより供給する。
 しかし,そもそもジャベリンは汎用タイプであり,砲撃に使う分のエネルギーは積んでいないため,攻撃できる回数に限りがあり,充分に性能を出せなかった。
 ちなみに,暗黙の内にリガ・ミリティアに参画したザグレン隊に配備されたものは赤に,ティルコット隊に配備されたものは濃い青に塗装されている。

 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・V-MSV]
[加筆募集・MS]


最終更新時間:2016年05月28日 15時10分36秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注