トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ ログイン

〔RGE-C350〕シャルドール改

お願い

  ■検索等で初めて来訪した方は,注意書き等を必ずご覧になってください。
  ■Wiki項目への直接リンクは避けるようお願いします。→<必読>  頻繁に項目変更が行われる関係上,直リンクはエラーのもととなります。
  ■あまりにマナーの悪い人がいましたので,一部項目にアクセス禁止処理を行いました。
  ■極めて短時間で集中的アクセスを行ってるIPについては,終息の目処が立たなかったためアクセス禁止処理を施しました。解除申請は本家掲示板にて。

ユーザーファイル入口

シャルドール改

  • [MS]

 データ

機体データ
型式番号RGE-C350
兵器区分地球連邦軍制式採用モビルスーツ
所属地球連邦軍
パイロット連邦兵
製作データ
デザイナー海老川兼武
初出作品機動戦士ガンダムAGE
参考文献

 スペック

項目内容
全高18.2m
頭頂高Unknown
本体重量Unknown
全備重量Unknown
重量44.2t
ジェネレータ出力Unknown
スラスタ推力Unknown

 武装

ドッズガン

ビーム・サーベル

ビーム・バルカン

シールド

 概要

 RGE-C350《シャルドール改》は,マッドーナ工房がモビルスーツレース用として開発したオリジナルのモビルスーツであるCMS-B/67《シャルドール》をベースに開発された軍用モビルスーツである。
 シャルドールは,コウモリ戦役期に地球連邦軍から離れ独自の活動を行ったディーヴァ部隊に協力し,その高い性能からUC(後にヴェイガンという組織名が明らかとなる)のモビルスーツに対して対抗できることが明らかとなったことから,既に能力的に対ヴェイガンモビルスーツとしては能力不足であったRGE-B790《ジェノアス》の代替機として採用が決定したものである。

 ジェノアスそのものの改良は進められていたが,銀の杯条約締結以後,戦闘用モビルスーツそのものの発展が阻害されており,かつてのモビルスーツ開発技術を持つ「MS鍛冶」の存在は,対ヴェイガンを考慮する上で極めて大きなウェイトを持つ物であった。特に,MS鍛冶のひとりであるムクレド・マッドーナの工房で開発されたシャルドールは,攻撃能力こそ持っていなかったが,高い機動性と汎用性を持ち,AGEビルダーによって開発されたドッズ・ライフルを装備することで,充分ヴェイガン機に対抗することのできる存在であったことから,連邦軍の採用が決定した。その後「軍用機」としての改修を受け,正式に連邦軍配備機としてRGEのナンバーが与えられている。

 改修が進められていたジェノアスタイプの配備型であるRGE-B890《ジェノアス供嫺瑛諭ぅンダムAGE-1の量産機として予定されている次世代型量産モビルスーツ(後のRGE-1100《アデル》)の配備までのつなぎとしての意味合いが強い機体となっている。

 シャルドール改は,ベースとなった機体が民間の汎用機であるため,対ヴェイガンに際して民間から徴用されたパイロットなどにとっては親しんだ操作系であるため,好んで用いられている。

 引用


 備考


 関連項目

 編集者


[MS/MA・R]
[モビルスーツ・ガンダムAGE]


最終更新時間:2016年04月14日 20時33分26秒

 ノート

本項目に追加情報を記載する
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。

脚注