トップ 一覧 Farm 検索 ヘルプ ログイン

〔PVN.4/3〕ワッパの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
>>[[ユーザーファイル入口|USER/〔PVN.4/3〕ワッパ]]
!!!ワッパ
*[MS]
//{{layout cols,width:100%
//----------
{{layout cols,width:40%
!!データ
,機体データ{COLS:2|LEFT},,BOX ART
,型式番号,PVN.4/3,http://gudamer.sakura.ne.jp/wiki/images/225.jpg{ROWS:9}
,機体データ{COLS:2|LEFT}
,型式番号,PVN.4/3
,兵器区分,ジオン公国軍 機動浮遊機
,所属,ジオン公国軍
,パイロット,[[クワラン]]曹長{{br}}他
,製作データ{COLS:2|BGCOLOR:88aaff|BOLD}
,デザイナー,大河原邦男{{br}}草琢仁(HARD GRAPH)
,デザイナー,大河原邦男{{br}}草琢仁(HARD GRAPH版)
,初出作品,[[機動戦士ガンダム]]
,参考文献,[[U.C. HARD GRAPH]]{{br}}GUNDAM FACT FILE
,参考文献,[[U.C. HARD GRAPH]]{{br}}GUNDAM FACT FILE ほか
,初出,#14
}}
//----------
{{layout cols,width:40%
!!画像

!BOX ART
(img:225.jpg)
*[[掲載画像に関する注意書き]]
}}
//----------
//}}
{{ilayout clear}}
!!スペック
,項目,内容
,全高,2.7m
,全長,5.5m 
,全幅,2.1m 
,ファン直径,1.1m 
,頭頂高,/
,本体重量,UN
,全備重量,UN
,ジェネレータ出力,/
,スラスタ推力,/
,スラスタ総推力,/
,装甲材質,UN

,頭頂高,-
,本体重量,Unknown
,全備重量,Unknown
,ジェネレータ出力,Unknown
,スラスタ推力,Unknown
!シート 
主に操作は左手で行う。 
背シートは金属製で軽量化のための肉抜き穴がある。 
シートそのものは合皮製。 
 主に操作は左手で行う。 
 背シートは金属製で軽量化のための肉抜き穴がある。 
 シートそのものは合皮製。
!接地脚 
筒状の伸縮脚。
 筒状の伸縮脚。
!!武装
!マズラMG74/S
!!概要
!第908機動偵察中隊 第2小隊1番機(クワラン曹長機)
ナンバープレート:EO-137908
EOは,地球制圧軍(THE EARTH OCCUPATION FORCE)所属機。
 PVN.4/3《ワッパ》は,ジオン公国軍が一年戦争当時に開発・運用を行ったパーソナル・ホバー・バイクである。
 前後2基のファンを用いて浮遊するもので,主に偵察や連絡任務に用いられていた。

!第908機動偵察中隊 第1小隊3番機
ナンバープレート:AA-115963
編成初期のミディアムブルータイプで,ナンバーが突撃機動軍(THE ARMORED ASSAULT FORCE)所属のままになっている。
 ワッパのファンは,内燃機関によって駆動するものではなく,車体に設置されたパワーパックから供給される電力による電動モーターで駆動しており,サイズに比して出力が極めて高いものとなっている。
 また,前後それぞれを個別にコントロールすることも可能で,熟練者になると,まさに手足のように運用することが可能となる。
 逆に,基本操作を含む操縦のほとんどが自動化されているため,未経験者でも数時間の訓練で乗りこなすことが可能となるほど,簡易な機器であるとも言え,実に完成度の高い機器であった。

!!引用
!U.C. HARD GRAPH Vol.1 インストラクション 
ワッパの名で知られるパーソナル・ホバー・バイクはジオン公国軍が開発し,一年戦争中,主に偵察や連絡任務に広く使用されていた。パワー・ソースは内燃機関ではなく,よりコントローラブルな電動モーターによるダイレクト駆動方式を採用。前後のファンそれぞれに接続された2基のモーター出力を個別に制御することで,高い運動性を実現した。このワッパ専用に開発されたモーターは,サイズに比して非常に出力が高く,短時間であればかなりの高度(とはいっても高度十数メートル程度)まで上昇することが可能だった。電源はパワーパック4基が機体底部にレイアウトされている。ワッパはその操縦のほとんどが自動化されており,未経験者でも数時間の訓練で乗りこなすことが出来た。武装はブーム懸架式機関銃にマズラMG74/Sを標準装備。また,シンプルな構造の機体は改造が容易であり,様々な装備を施したバリエーションが存在している。 
戦後,地球連邦軍は接収した機体を民間に放出。少なくない数のワッパが市場に出回り,優れた操縦性と運動性,整備の簡便さで高い評価を獲得した。やがてモータースポーツにも用いられるようになり,多くの愛好者を生んだ。こうした流れに着目した各企業は同種の機体を開発し販売を開始。瞬く間にホバー・バイク市場が形成されていった。以後"ワッパ"は決まった機種を意味するのではなく,ホバー・バイクの代名詞となったことは広く知られている。
 一年戦争当時運用された一般的な装備としては,ブーム懸架式機関銃にマズラMG74/Sを装備したものがほとんどだが,一部は改造を施され,様々な装備を備えたバリエーションも存在したと言われる。

!機動戦士ガンダムMSイグルー2重力戦線 DVD #1 ライナーノーツ
前後に大型のファンを配置することで,低空での飛行を可能としたホバーバイク。軽快な運動性能をいかし,石膏や偵察,特殊工作任務に活躍した。
 一年戦争後,地球連邦軍は接収した機体を非武装化の上で民間に放出しており,かなりの数のワッパが市場に出回ることとなった。この結果,優れた操縦性と運動性,整備性が高い評価を受け,やがてモータースポーツにも用いられるようにもなった。
 こうした流れに着目した各企業は同種の機体を開発し販売を開始。瞬く間にホバー・バイク市場が形成されていった。以後"ワッパ"は決まった機種を意味するのではなく,ホバー・バイクの代名詞となったのである。
!第908機動偵察中隊 第2小隊1番機(クワラン曹長機)
 ナンバープレート:EO-137908
 EOは,地球制圧軍(THE EARTH OCCUPATION FORCE)所属機。

!アニメック8号 ガンダム事典
ジオン軍の戦闘パーソナルジェット。前後計2基のローターで上昇,飛行する。一人乗りで,上部に小口径機銃が付いており,飛行しながら攻撃をかける。機動性に富み,森の中を飛びぬけることもできる。

 一年戦争の記録の中に残るワッパによる作戦の実施者のひとりであるクワラン曹長の機体である。
!第908機動偵察中隊 第1小隊3番機
 ナンバープレート:AA-115963
 編成初期のミディアムブルータイプで,ナンバーが突撃機動軍(THE ARMORED ASSAULT FORCE)所属のままになっている。
!!引用
!GUNDAM WAR DS前線のフォトグラフ ジオン公国 U-296
ジオン軍の軽機動兵器。ローターによる垂直離着陸能力を持ち,地球での偵察や哨戒任務等に使用される。クワラン曹長の発案により,時限爆弾によるガンダムの破壊工作を実行した。

!GUNDAM FACT FILE
民間の移動手段として定着したワッパの原型は,一年戦争期に公国軍が開発した同名の軍用パーソナル・ホバー・バイクに求めることができる。地球侵攻による占領地域の拡大で戦線維持が困難となった公国軍が,哨戒能力の強化を目的に開発した機体がワッパ(PVN.4/3の型式番号が与えられていたとも言われる)だった。環境を選ばず,わずかな訓練で容易に機動性を発揮させることができた本機は,偵察部隊の末端を担って地上の戦線を支えた。ちなみに公国軍ではワッパで編成された小隊とMSを擁する小隊を組み合わせて機動偵察中隊を構成し,ワッパが発見した敵勢力をMSで叩くという戦術によって占領地域の維持を図ったと言われている。そののち,この機体が連邦軍に接収されて民間へと流出し,パーソナル・ビークルとして一般に普及していったのである。
----------
武装は懸架式の機関銃1基(型式はマズラMG74/S)のみだった。
----------
公国軍の地上部隊に多数が配備され,勢力圏内の哨戒任務からゲリラ戦術などにも幅広く用いられた。

 ジオン軍の軽機動兵器。ローターによる垂直離着陸能力を持ち,地球での偵察や哨戒任務等に使用される。クワラン曹長の発案により,時限爆弾によるガンダムの破壊工作を実行した。
!!備考

 PVN.4/3の装備バリエーションおよび民生機については,とりあえずは分割していない。
 ただし,各企業が開発した純民生機は,型式不明の「ワッパ」としてひとまとめの項目を作成している。
!!関連項目

*[[〔型式不明〕ワッパ]]
!!編集者
*あさぎり
----
{{category MS/MA・P}}
{{category モビルスーツ・1st}}
{{category モビルスーツ・MS-IGLOO2}}
{{category 加筆募集・MS}}
----
{{lastmodified}}
!!ノート
■[[本項目に追加情報を記載する|BBS2]]
※追記できる情報(他愛のないものでかまいません)がある場合,上記リンクから記述専用ページに移動し,情報投入をお願いします。